FC2ブログ
 
■プロフィール

珈琲案内人りん

Author:珈琲案内人りん
珈琲豆屋の”案内人”やってます。
珈琲の味に限らず、珈琲の世界すべてが面白いので、
自分の中で、コーヒーにつながったことなど をつぶやいています。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

『嵐の前の』グァテマラ・サンタバーバラ
「グァテマラが好き」

と言われると、ぬぬっ!となります。
”グァテマラ”というコーヒーは、一般に強いコーヒーで、
いろんな種類を飲んでみて飲んでみて辿り着く、という位置にいる珈琲だと思うので。


サンタバーバラ」って、人の名前みたいでしょ、
これは、農園の名前です。
グァテマラ南部の、アンティグア地区にある農園です。

つまり、グァテマラ アンティグア地区 サンタバーバラ農園 でつくられたコーヒー、ってこと。

    babara2.jpg


火山に囲まれて存在する この農園。
火山灰の上に、枯れた植物や動物の死骸などの有機物が積み重なってできた土壌。
その土は、保水も排水もちょうどいいのだそうです。
コーヒー栽培には最適なんですね。


さぞ、濃い味を想像されるでしょう。
しかし、飲んでみると、
NONAKAで常時販売しているグァテマラよりも、強く感じないのです!

飲みやすい、と、みなさんおっしゃるのです、
そうです…もしかすると、「軽い」印象を受けるかもしれません。
じっくりと深い酸味が、なぜか消えているのです、
いえ!


 実は、ちょうど”隠れて”いるのです


そこは、焙煎との兼ね合い。
nonさんの、瞬時の判断です。

  向こうからやって来た酸味と、あちらから来た苦みが ちょうど出会って、
   ふっ!と立ち止まる境のところ!


で、焙煎を仕上げているのです。

だから、
深いのに軽く感じる、でも飲んだ後にコクの満足感が残るのです。

図にすると、こんな感じです↓
                      



しかしこれは、”nonakaブレンド”の『飲みやすさ』とは、明らかに異なります。
どう違うんだろう?


   nonakaブレンドは、穏やかに落ち着いた飲みやすさです。
   このサンタバーバラの飲みやすさは、実は、
   
      『嵐の前の静けさ』


      ちょっとあぶない感じ。
      えっ?なに?なんでここで風が止まる
   ・・・という感じの 飲みやすさ です。



グァテマラだもの。
どこかの村の長老 みたいな貫録のある豆だもの。
飲みやすいかもしれないけれど、単純じゃないです。


                  


ところで、


私も最近 混乱したのですが、
アメリカ カリフォルニア州にも、サンタバーバラ市 というのがあります。

が、

あのサンタバーバラじゃなくて、
中米グァテマラのアンティグア地区にある、サンタバーバラですよ。


  さて。
  コーヒー台風の目。
  体験してみましょうか。



                    焙煎珈房NONAKA



関連記事


テーマ:コーヒー - ジャンル:グルメ

ストレートコーヒー | 21:40:01 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
私の好みはガテマラです。
結局それになるのです。
大当たり、、でした。
2014-11-08 土 23:23:48 | URL | hippopon [編集]
hippoponさん
ぬぬっ!hippoponさん!
グァテマラでしたか。hippoponさんは。
なんだか嬉しいです。

「好きなもの」とか、その「”好き”の意味合い」などには、
なぜか、人が表れるように思います。
hippoponさんのページを読んでいると、グァテマラを感じます。

ありがとうございます、hippoponさん。
2014-11-09 日 20:29:55 | URL | 珈琲案内人りん [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad