■プロフィール

珈琲案内人りん

Author:珈琲案内人りん
珈琲豆屋の”案内人”やってます。
珈琲の味に限らず、珈琲の世界すべてが面白いので、
自分の中で、コーヒーにつながったことなど をつぶやいています。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

グァテマラ~絵文字が似合わないコーヒー。
グァテ。…いやぁ、いい豆です。

シブいです。

人間で言うと、本当に一言、「シブい人」です。


りんは個人的に、グァテマラはトラジャと似ていると思うのですが・・・、

そう言うと、「どこが」っておっしゃる専門家の方もいらっしゃるでしょうけど、


でも、

りんは似てると思うんだもん


グァテマラにも、トラジャにも、

同じ種類の「自信」 を感じるんです。


自信をしっかり持った豆です。

トラジャも自信がある豆だと思いますが、どこが違うかと言うと

グァテは。

自信があることを雰囲気に出さない

というところ。かっくいー!!!


guate.jpg
    グァテマラ・ウエウエテナンゴ


酸味コクが、素晴らしく豊かに含まれた豆。

酸っぱいと言われようが、渋いと言われようが、
グァテの性質の中のどれも!

省かれることは許されない。



この しっかりした自信の酸味があるからこそ、

苦味中心の珈琲とは違った コク が生まれるんだろう。

「酸味が流行だから ちょっと酸味加えとこ(^O^)」みたいな金メッキの酸味じゃなく、

    金メッキの輩を静観しながら、
                     自分のまま。


   かっくいー!!!




挽いた時には、何とも言えない豊かな香りを放ちます。

さわやかなレモンのようないい香り、

 ・・・ではなくて、

バラのような 豊かないい香り。

  (「レモン」がいい人は、モカ・シダモを試してね。)


 思い込みの過剰な自信でなく、こんな自信を持てるようになれたら。

 って、思わせてくれる珈琲なんて、どこに居る?!





           苦味と酸味のカッコいいハーモニー。
     グァテマラを一言で表すなら、JAZZなコーヒー
             

              つづく。


他の珈琲との比較は焙煎珈房NONAKAのHPへ。
関連記事


テーマ:コーヒー - ジャンル:グルメ

ストレートコーヒー | 21:59:53 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad