FC2ブログ
 
■プロフィール

珈琲案内人りん

Author:珈琲案内人りん
珈琲豆屋の”案内人”やってます。
珈琲の味に限らず、珈琲の世界すべてが面白いので、
自分の中で、コーヒーにつながったことなど をつぶやいています。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

ロイヤルブラック~痛みと苦み、時々、
           「”コーヒー”という言葉から連想する言葉を、
                         思いつく限り あげていってください」
と言うと、
最初の方に、”苦い” という言葉が出てくることが多い。
 そうです、コーヒーは、苦味があります。

最近 若者の間で、ビール離れが進んでいるとのこと。
  苦いから なんだとか。

  ・・・ビールから苦みをとったら、
    さわいでるだけのTV番組、みたいなものじゃん
 


珈琲の”苦み”の中には、いろんな要素が隠れているんですよ。 

ちょっと甘いような感じも、鼻に抜ける深い香りも、キレも、重みも、
苦味の中にあるからこそ、ほんのちょっとだけ感じられる、その心地良さ。

それって、麻薬みたいなもの・・・
他のものでは味わうことのできない、”痛い気持ちよさ”なのだと思う。

     このロイヤルブラックってブレンドは、最初、アイスコーヒー用に作りました。
     しっかり焙煎して、黒光り。
       royalbla.jpg

HOTで飲むなら、さらっと淹れるといいですね。
ちょっと、 異世界にトリップ できる感じ の味になる(笑)。


そして、これでアイスを作ると!
苦いだけじゃないアイスコーヒーができます。



アイスコーヒーというのは、「冷たくて、氷で薄まらないくらい、とにかく苦いヤツがいい」と思ってる人、
  OH! NO
   損してます!!

苦味の中にある 他の味の要素がなかったら、コーヒーの意味、ないでしょ?!


       皆さん、が美味しいとか、マズいとか、言いますよね。
       美味しい水を求めて、わざわざ汲みに行ったり 購入したりしてるじゃないですか!



このロイヤルブラックは、うちの店の中で、
最も『爪隠し』の珈琲です。



この、黒に近い豆の色は、深い森の色


森の中に入ったら、 しーんとして静かで、 
・・・でも、何かの音が聴こえるでしょ?

気や草の呼吸音なのか、きれいな空気の音なのか、

はっきり分かりやすい音 や 雑音 の中で生きていると、
聴こえているのに聴こえない音がたくさんある。



・・・静かな森の中に入った時、その聴こえなかった音の、
透明で崇高な価値 に気付きます。

  
  ツ メ カ ク シ 。


この、「しーん」が、”痛い気持ちよさ”で、
”麻薬”になるんです。


                                焙煎珈房NONAKA

関連記事


テーマ:コーヒー - ジャンル:グルメ

ブレンドコーヒー | 21:38:20 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
こんばんは、

私はコーヒー党ではなかったのでした。

紅茶は日本にないのを取ってもらったりしたこともあったぐらい。ブレンドも。
中国茶も、すごい種類あって、中華街や、友人におしえてもらって、、
古い中国の木のものとか、工芸茶にも、
でも、まぁ。煎茶党なのでしょうね。

処が、東京で、コーヒーを、
専門店で飲むことを覚えてしまいました。
時折ふら~と。

コーヒーが抜群に美味しく、
入れる方のプロ根性を拝見して、心シャキン。
この頃は、憩いの場所で、飲んだらすぐに帰るお客ですが、

人にとっての憩いの場所の意義を勉強してます。

私の茶の湯も、そうなればいいのにと、、
駆け出しで、稼げないから、それで食べてないからプロでないでしょ。
悩むところですね。

いつか、お互い御手合わせ¿?楽しみのブログです。
お返事ありがとうございました。
2014-06-18 水 22:51:31 | URL | hippopon [編集]
Re: タイトルなし
hippoponさん
>
> そうなんですか、お茶をなさっているのですね!
> プロでもプロでなくても、その道を愛する気持ちがあるならば、
> お茶だってコーヒーだって紅茶だって同じだと思いませんか。
>
> 私なんか、実は、コーヒーもあまり飲まないんですよ。
> 何の資格もありません。知識もありません。
> でも、珈琲というものが愛おしく、あまりに楽しく、
> 我が子のように思ってしまうのです。
>
> hippoponさんの、ものごとの見かたや捉えどころにひかれます。
> …それは、茶の道を心得ていらっしゃるからなんですね!
>
> お茶、珈琲、つながる伝わる。
> 嬉しいです、コメントありがとうございます。
2014-06-20 金 20:21:27 | URL | 珈琲案内人りん [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad