FC2ブログ
 
■プロフィール

珈琲案内人りん

Author:珈琲案内人りん
珈琲豆屋の”案内人”やってます。
珈琲の味に限らず、珈琲の世界すべてが面白いので、
自分の中で、コーヒーにつながったことなど をつぶやいています。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

すごく、見えた。
焙煎珈房NONAKAでは、豆を100gでもお買い上げの方には、
無理にとは言わないんですが、無料で試飲をおすすめしています。

試飲してから 今日買うものを選んでもいいし、
「今日はこれにしたけど、あの珈琲はどんな味だろう、気になるな…」というものがあれば、
それを飲んでもらってもいい。


  家では淹れないから、豆はいらない。けど、この珈琲飲んでみたい。

そういう方には、ちょっと有料で、「試飲のみ」もできます。

ただし、カウンターのみで、椅子はありません。
(ご年配の方などに、奥から簡単な椅子をお出しすることはありますが。)


          

うちの店の、となりのとなりに、
素敵なお菓子屋さんLa vie sucre”さんがあります。
手作りで、しっかりした生地で、自然の味を大事にしているお菓子たち。
オーナーさんは女性です。
考え方がしっかりしていて、お話していて気持ちのいい人


よく休憩時間に、従業員の女の子を1人連れて、珈琲を飲みに来て下さいます。
   
   これ飲んだっけ?
   これ美味しかったんよ、でも、あれまだ飲んでないね。

って、「試飲のみサービス」を楽しんでる。



クリスマス。
決して作り置きしないsucreさん、忙しそうでした。

そんな中、ひとときのコーヒーブレイク~!!」と言って、
この数日も飲みに来てくれました。



私は、ほとんど、店の奥の部屋で休憩時間を過ごします。
扉を閉めて、nonさんにお店を任せて、休みます。
その間は、音だけが聴こえる時間です。



私はその時間が大好きです。



先日sucreさんが飲みに来て下さった時、私は休憩中でした。
パタパタパタ…と足音がして、「寒~!!」という2人の声。
    「今日、何飲む?」
    「ホッと、しゃきっとしたいよね」

そこでnonさんは、ペルーを淹れたようでした。


それから声は小さくなり、
カウンターの地球儀を見ながらの会話などが交わされていました。
    「あの国まで何時間くらいかな」
    「ハワイで何時間くらいやけん、何時間くらいじゃないん?」







              「あぁ…美味しいね。
              「…美味しいね。





どきっ としました。

声を聴いて、お2人の顔が見えた気がしました。
声って、なんて豊かな表情を持っているんだろう。


…それは、目の前で言って下さる「美味しいね。」よりも、
はるかにしっかり伝わってくる「美味しいね。」だったんだ。



声は嘘をつかない。
顔よりも言葉よりも、本当の心を映し出す気がする。
きれいな感情も、汚い感情も。

声には、心が表れる。


sucreさん。
最高の「美味しいね」。を、ありがとう。


          


sucreさんが帰った後、荷物の集荷のお兄さんが来ました。
年末、忙しそうです。
nonさんが、 「大変やろう、そうやろなぁ」 と、ぽつっと話しかけてる。
nonさんは、若い子をすごくかわいがる人。


カサカサ…と伝票を切る音がして、
お兄さんが帰ろうとしました。



    「お、ありがとぉぅっ」




  かすれ気味の、小さな、でもあたたかいnonさんの声が、
  nonさんがみんなから慕われる理由を、教えてくれました。



                     









関連記事


りんのひとりごと | 21:34:19 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する