FC2ブログ
 
■プロフィール

珈琲案内人りん

Author:珈琲案内人りん
珈琲豆屋の”案内人”やってます。
珈琲の味に限らず、珈琲の世界すべてが面白いので、
自分の中で、コーヒーにつながったことなど をつぶやいています。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

はっ…!としました。
昨日のこと。

すごくすごく嬉しいことがあった。

焙煎珈房NONAKAというお店を始めてから、今までで一番嬉しい日だった。



コーヒーなんていう ただの飲み物に、そんなにこだわらなくたって。
別に、スーパーに売ってるインスタントでいいじゃん
そんなに違い分からないし。」



         珈琲って、きっと、そんなものだろう。
    
         喫茶店やパン屋ならともかく、“お気に入り!(^^)!”の基準が難しい。
      
         わざわざ豆を、しかもお気に入りの店を決めて、

         なくなったらまたそこに買いに行く。
 
         ・・・正直、そんな人、少ないんですよね。



でも、ちゃんと居て下さるんです。
なくなると必ず来て下さる、焙煎珈房NONAKAの珈琲に、
何かを感じてくれる人。



昨日の嬉しいお客様は、その人でした。



         酸味がある・ないって、どうして違いがあるんでしょうかね




―そんな話から始まりました。




         技術的なことは今は考えないとしたら、


         同じ豆でも、焙煎する人によって、味は違うんです。

         その豆が最もいい味を出せる“煎り加減”は、どのくらいか。


         〇〇店で焙煎している人は、マンデリンをすごく深煎りにする、

         焙煎珈房NONAKAのnonさんは、マンデリンを少し浅めの中深煎りにする、

         というように。




…というような説明をしていたら、

その人が、言ったんです。



      「あ、nonさんの味の決め方が、私の好みと合ってるんだと思います!

       この味がベストだ、と思う感覚が、私に合ってるんですね。

       だって、それぞれ味は違うけど、どれを飲んでも、美味しいと感じるんですもん。」





ああ…この言葉を、ずっと、待っていたんだった…と、思った。

こういうお客さんを、作りたかったんだ、私。




美味しいんですよ、他の店と違うんですよ、なんてことじゃない。


「nonさんの焙煎による味の決め方が、自分に合っている」 ために、珈琲の美味しさに目覚める

 合っている味を、飲みたい。

 nonさんが焙煎した珈琲を、飲みたい。





           自分の感覚に合うものに出会った瞬間の、という衝撃。

           合っているんだ、と気づいた時の、嬉しさ。

           すごい親友ができたような、心強い嬉しさ。


ああ・・・
このお客さんのような人を、いっぱいつくりたいんだ。


ありがとう、Jさん。

出会ってくれて、ありがとう。
関連記事


りんのひとりごと | 20:55:42 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する