FC2ブログ
 
■プロフィール

珈琲案内人りん

Author:珈琲案内人りん
珈琲豆屋の”案内人”やってます。
珈琲の味に限らず、珈琲の世界すべてが面白いので、
自分の中で、コーヒーにつながったことなど をつぶやいています。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

真っ白な画用紙に
いろいろな絵本
『絵本の読み聞かせ講座』に、行きました。
入門&初心。一回きり申込みの講習。
ずっと気になっていた、『絵本の読み聞かせ』。
でも、やったこともない、絵本が好きでたくさん読んでいるわけでもない、
子どももいない、ボランティアをしているでもない、
人に読んで聞かせたことなど、一度たりともない。
・・・でも、気になっていたのです。
聴いている人たちは、どんな印象をもち、どんな反応をするんだろう、って。


ともあれ、ドキドキで参加してきました。
(もう、申し込んだ日から、ずっと緊張。)


参加したのは、4人でした。
みんな、女性。
先生は、全然気取りのない、シンプルな、すっきりした先生でした。

講習会という固い空気をほぐすために、
先生は何冊か、実際に絵本を読んできかせて下さいました。
参加した4人それぞれも、1冊ずつ、読みました。

もう私は、講習の最初から終わりまで”発見と”驚き”の連続。
なんせ 子供の頃~もう憶えていないころ~から 物心ついて今まで、
本当に一度も、誰かが読んでいるのを聞いたことはなかったのですから。

   絵を観るのも大変、
   おはなしを聴くのも大変。
   ・・・いや、いや、だって、大変なんです。
   難しいんです、読んでもらうって。
   こんな難しいことを、ちいさな子たちは いっぱいできるのです。
    「もーいっかい!」 なんて・・・うそだろ・・・💦



持ち方や開き方、立ち方のポイント、
読み方のポイント。
簡単なように思っていたけど、実際に相手に向かってやってみると
いや、これじゃダメだわ、これってなんか、違和感あるよなあ、
そんなことがたくさんあります。
難しい難しい。読む方も難しいぞ。

・・・でも、こちらの難しさの方が 理解できる難しさなんです。
これは、技術読んできかせる側は、技術
技術なんだから、難しいのも分かります。


・・・・そして、それから、・・・・。


”聴く側の難しさ”、っていうのは。


   ・・・大人になっちゃったから、難しくなったんだ。

頭で考えようとしてしまうのです。

  絵を見て、「えっ、なんだろう」「あそこにあれがあって そこに クマがいて」「森の中に咲いているのは赤い花」
  ・・・って、必死で目で追う、言語化しようとする。
  お話をきいて、「このクマは トニップ という名前なんだな」「2歳になったんだな」「電車に乗ろうとしているんだな」
  「行く先は国内じゃない、・・・架空の国か・・・」
  って、整理する。
  それぞれに 忙しいんです、ふたつ同時進行で、大変なんです 難しいんです。


子どもから大人に成長していく過程で 情報・知識が身についてしまって、
感じるより先に考えるようになってしまって、、
純粋にすっと架空の世界に入っていくこと
が できなくなったんだな。



                   


再認識しました。
子どもは未来が大きいんだ。
過去よりも、未知の世界が、大きいんだ。
”知らない”って、すごいこと。
すごいこと。
なんだ。



  真っ白な画用紙の世界。
  どんな影響を・・・受けるのだろう。
  その人に読んでもらった、たった1冊の絵本から。


子どもたちよ。
これからの人生を歩む、子どもたちよ。

いろんなことを いっぱい肌で感じて、
泣いて 笑って 怒って、
豊かな人生を歩んでいってね。

子どもたちにとって、素敵な未来でありますように。




関連記事


テーマ:つぶやき - ジャンル:ブログ

りんのひとりごと | 23:40:00 | トラックバック(0) | コメント(3)
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2019-06-19 水 07:30:38 | | [編集]
鍵コメさん
ありがとうございます。
いつも、本当にありがとう。
子どもの感性、大人になっても持ち続けられたら…
ああ。おっしゃるとおり、いい経験でした。素敵でしたよ。
2019-06-21 金 23:08:57 | URL | 珈琲案内人 りん [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2019-07-10 水 07:42:29 | | [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する