FC2ブログ
 
■プロフィール

珈琲案内人りん

Author:珈琲案内人りん
珈琲豆屋の”案内人”やってます。
珈琲の味に限らず、珈琲の世界すべてが面白いので、
自分の中で、コーヒーにつながったことなど をつぶやいています。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

なんか ちがう
         やめて!

  「入ってこないで」
  と、思う。


「そんなにいろいろ、私はいらないから、もう入ってこないで・・・」


             



  みっともないほどガリガリに痩せていて 元気に見えない私は、
  お店に立っているとお客様から「大丈夫?」と言われることがよくあります。
  常連さんの決まり言葉は、「最近どう?元気?」だったりするのです。


先日、こんなことがありました。


             


私はいつも、1人の部屋に帰宅すると音無しの生活です。
テレビもつけません。ラジオもつけません。
休みの日も、です。
音も映像もない空間で、いつも過ごしています。

新聞は大好きで、いつもじっくり読みます。
でも、自分では新聞をとっていません。
実家に帰った時、実家で読み終わった古い新聞をまとめて持ち帰り、
それをじっくりと『読み物』として、読むのです。
だから、いつも一か月以上前のものを読んでいます。

今現在、話題が何なのか、そんなに知りたいと思わないのです。
それよりも、今 自分が生きている中で、ちょっと気になったこと、についてだけ、
いろいろじっくり考えて、調べたり探したりするのです。
たくさんのことを ちょっとづつちょっとづつ へ~、ほ~、と知って、
「うん、で?次は?」と、次に移っていけないのです。


そんなふうに生きて 満足している私ですが、
何よりも、病的に見える(実際 長年患っている持病はあるのですが)ので 心配されます。


この前、いつも来店なさると長く滞在する 常連のお客様がいらっしゃいました。
とても魅力的で親切な、素敵な方です。
いつも私に、病的な性質を快方に向ける何かの情報を 提供して下さいます。
その時も、おっしゃいました。
 「ねえ、りんちゃんにお勧めしたいものがあるんだけど。」

私的なことで今疲れ切っている私は、ちょっと心に余裕がないので
「あ、ありがとう!…でも、ちょっといま、キツいんだー」
と、つとめて明るく言いました。
それでも、まだおっしゃるのです。
「え~・・・でも、とってもいいんだけど・・・それに、2ヶ月先なんだけど・・・」


  ・・・苦しくなりました。苦しい。今、それを言われること自体が辛い。
  心にも頭にも 何も、入れる場所が、ない。
  辛いんです。


私はたぶん、すごく困った顔で…ごめんなさい、を繰り返してしまいました。


・・・ああ・・・ダメだなあ・・・
せっかく親切に勧めて下さったのに・・・


             


   今の時代は、自分で考えなくても、そして自分が何も求めていない時でも、
   勝手に情報が入ってくる時代です。
   勧誘の電話がかかり、携帯にもPCにも日々溢れんばかりの案内が入ってくる。
   探す前から『あなたにおすすめの情報』が現れる。
   全然求めている”ツボ”が違っているのに、あれもこれも。
   それらの中から検索していくことで、簡単に何でも知ることができる。
   それでふーんと満足して、
   もっともっと、ってなるんだろう。


私はそれが全然面白いと思わない。
私はそれに、満たされないのです。
別に今、そんなの、知らせてくれなくていい。
知りたいときには、自分で探し求めていきたいのです
必要なときに、「どうやったら、どこに行ったら分かるかな」と、
そこから考えて、
まず 自分の欲しい情報をしっかり固めてから それを調べる方法をまた考えて、
訪ねたり本を探したりして、自分が求めるものに行き着きたいのです

   考えることはとても労力を必要とするけれど、
   それをひとつひとつこなしていくことで 得られるものは、
   タイミングも内容も とてもとても満足するものであり、
   ・・・自分で求めて探すと、その先ずっと自分の宝物になって、
   それが、私にとって”分かったこと”なのです。

私はそうやって、落ち着いて生きていきたい。
そう、落ち着いて、自分を生きていきたいのです。



             



ペーパードリップでコーヒーを淹れる時の失敗の一つとして、
”コーヒー豆がお湯に溺れてアップアップして、ドリッパーから下のサーバーに落ちていかない”
という現象があります。
それは、お湯を注ぐタイミングと その量が適切でないこと が原因です。
まだしっかり蒸らされていないのに 急いでお湯を注いだり、
その注ぐ量が多過ぎたり。
ドリッパーの中でいつまでも落ちずにいる液体は、必要以上に豆を浸らせることになり、
そこで、出したくない不味い成分まで沁みだしてしまう。

アップアップ…溺れるよォ…やめて…
次々 入れないで・・・ というコーヒーの声が、
私には聞こえます。




みなさんには、聴こえませんか?
・・・コーヒーの、声が。・・・




関連記事


テーマ:つぶやき - ジャンル:日記

りんのひとりごと | 23:40:00 | トラックバック(0) | コメント(3)
コメント
わたしも、なにか親切にすすめられたら
苦しくなります。

もう、断われなくて聴きながら
曖昧に、話をききながら胸が苦しい。
そんなことだけで人間関係がイヤになるわたし。

だから私は、ひとに、なにかをすすめないし、情報の提供をしません。
自分の話としては、いろいろ語りますが。
人に否定もしないけれど
否定してきたり、反論したりするひとがいるのが、それだけで
しんどいです。
尼さんになれば楽なのかなあ。



2019-04-07 日 10:03:34 | URL | 森須もりん [編集]
もりんさん
もりんさん、いつもコメントありがとうございます。
ね。断れないのよね、なかなか。
なぜだろう。すっ と断れたら楽に生きられるのに。
性格ですねえ・・・。

私も真剣に尼さんの人生を考えたこともあります(笑)
それはそれで 大変だと思うのですが。
2019-04-10 水 23:07:07 | URL | 珈琲案内人 りん [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2019-04-14 日 19:54:00 | | [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する