FC2ブログ
 
■プロフィール

珈琲案内人りん

Author:珈琲案内人りん
珈琲豆屋の”案内人”やってます。
珈琲の味に限らず、珈琲の世界すべてが面白いので、
自分の中で、コーヒーにつながったことなど をつぶやいています。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

小さな楽しみ、鮎
8月13,14,15日。
定休日にかけて、お盆休み。でした。

”鮎”というお菓子を作りました。
少し前にどら焼きを作った時、「あ、”鮎”も作れる!」と思って、
この頃に作ろうと決めていました。

       鮎菓子

    どら焼きのような皮…でもどら焼きより少ししっとりくにっとしている皮に、
    求肥が挟まっていて、
    表面に 鮎 の顔、尾ひれの焼きがついているだけの、
    初夏に少しだけ出まわる、シンプルな和菓子です。
    (今回は求肥と一緒に少しだけ 餡 も挟みました。)


コーヒーゼリーの記事で書いた、私のおばあちゃん。
祖母は、この”鮎”が好きでした。
と言っても、亡くなった後で母から聞いたので、祖母から直接好きという言葉を聞いたわけではありません。
…祖母は、このお菓子のどこが好きだったんだろう。
今会うことができるなら、訊いてみたかったな、と思います。


今、和菓子の中で この”鮎菓子”が好き、という人は
そう多くはないでしょう。


  枇杷も好きでした。
  すいかも好きでした。
  まくわうりも好きだったそうです。
  祖母の好きだったものは、旬が短いものが多かったように思います。


それだけ昔は、季節の移り変わりを大事にし、
その時期だけのものを楽しみ、愛でたのでしょう。
今のように、年中いろいろなイベントがなかった時代、
季節が移り変わるその自然現象自体が
心をささやかに動かす小さな楽しみだったのかもしれません。



          


おばさんだから、と言えばそれまでなのですが、
私は今の時代の時間の流れに着いていっていません。
ひとつひとつの事柄に頭や心が向きあう時間が長すぎて、
次に来ることに移ることができずにいます。

新聞すらもその日に読み切れず、
いつも1ヶ月くらい遅れてじっくりじっくり読んでいるのです。
テレビも雑誌も、ましてインターネット上の話題など、
とてもじゃないけど…頭がパニック。

  みんな、すごいなあ。
  どうやってひとつひとつの事柄を理解し、自分の中で処理しているんだろう。
  そんなにも、そんなにもたくさんの大事なことが、世の中にあるんだろうか。



     なんていうか、私は、こうして、
     季節を感じる和菓子をちょこっと作ったり、
     散歩に出たら 田んぼの稲がいつの間にか穂をつけていたり、
     どこかから風鈴の音が聴こえてきたり、
     ・・・そういうことの方が ずっと大事だな。



過敏すぎてちょっと面倒な病気を抱えてしまっているのだけれど、
もし 祖母の時代に生きていたら、私は病気にならずイキイキしていたのかもしれない、
なんてことを思うお盆休み、でした。



          



季節がもしなかったら、
どんなにつまらない、苦しい日々になることでしょう。
短い短い春や秋、
最高気温52℃、突然の豪雨、
世界中でとんでもない自然の暴走がおきています。
テクノロジーだけでは人間は豊かになれない、
自然あっての生物なのだと自覚して生活しなければ、





   ・・・ああ。
   またこうやって 一つのことを考えるのに
   時間かかってます・・・。




関連記事


テーマ:つぶやき - ジャンル:日記

りんのひとりごと | 21:00:00 | トラックバック(0) | コメント(7)
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2018-08-21 火 18:23:53 | | [編集]
鍵コメさん
鍵コメさん、忙しくお疲れなのにコメントありがとうございます。
ああ。
鍵コメさんに、作った”鮎”を送って食べてもらいたかったな、
少しでもお疲れがとれるかもしれないのに…!
2018-08-22 水 21:28:43 | URL | 珈琲案内人 りん [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2018-08-30 木 07:20:51 | | [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2018-08-31 金 07:02:44 | | [編集]
この記事を読んだ日に
偶然、同じマンションの人から鮎菓子をいただきました。
こちらはお店のもので中は求肥のみ。
求肥自体は好きだけど、ちょっと物足りなくて
あんこも少し入ってたらもっと美味しいだろうな、って。

鮎菓子を手作りするなんてすごいね!

本当に今は情報が多すぎですね。
私も新聞は読みきれないだろうな・・・と取ってません。
ついつい携帯でネットニュースを見てしまって
そればかりに時間を取られています。
2018-09-04 火 12:22:45 | URL | ジョニー [編集]
ジョニーさん
ジョニー、いつも見てくれてありがとう。すごく嬉しいです。
鮎菓子って、初夏のお菓子なのよね。でも、祖母が本当に好きだったみたいなので、今年はお盆のお供えに作ってみたの。
春先に、あんこを自分で上手に炊いてみたくて、はまっていたんだ。
その時、炊いたあんこでどら焼きを作ってみたら とても上手くできたので、いつか鮎菓子も作ってみようと決めてたの。
…孤独な私の、週に1度だけの、何かを作って1人楽しむ日、なのです。

大学時代は授業もそっちのけで大学の図書館に入りびたり、
自分で知りたいことを調べまくる充実感がありました。
今は、何でも検索で膨大な情報が入るので、自分から求める必要がなくなっています。
私の年代にはそれは便利とは思えず、逆に栄養不足に感じられてならないのです。
これからの世の中、人間の質は大きく変わっていってしまうのかもしれないね。

私はジョニーと過ごせたあの時代が、とてもとても素敵な宝物になっています。ありがとう、ジョニー。

2018-09-04 火 22:53:51 | URL | 珈琲案内人 りん [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2018-09-06 木 07:46:37 | | [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad