■プロフィール

珈琲案内人りん

Author:珈琲案内人りん
珈琲豆屋の”案内人”やってます。
珈琲の味に限らず、珈琲の世界すべてが面白いので、
自分の中で、コーヒーにつながったことなど をつぶやいています。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

頑張る農家さんたち~エルサルバドル(温泉珈琲)~
今年の冬は、厳しいですね。
ちょっと暖かくなって体が怠けた頃に寒波!なんてことばかり。
…ひどい。…でもこんな異常な気象、全て自分たち人間の侵した罪の見返りですよね。

寒いので、心だけでも暖かくなるように、

  今月のコーヒーは”温泉珈琲”(エルサルバドル)で。


     エルサルバドル(温泉珈琲)麻袋
       生豆を入荷しました。なんて鮮やかな麻袋!

  前回も悩みましたが、温泉水で処理することで なにか利点はあるんだろうか。
  調べてみると、大きな影響はあまりないようです。
  温泉水にしたからと言って、特に味が変わることはないみたい。

「温泉水で植物の栽培をする」
他に何か作っていないかなあ。


                       

   ・・・お。
   ・・・あった。


トマト。・・・へえ、甘くなるんですって。
福井のあわら温泉の源泉水で作っているようです。
トマトは通常糖度が8度以上なのに対し、このトマトはスイカ並み!10度ですって。

     温泉トマト「ゆのしずく」
          

        温泉トマト 「ゆのしずく」について←こちらのページをご覧ください
 
 
  源泉に含まれる塩分が作用するそうです。





そして、これもすごい!「おんせん野菜。」


        おんせん野菜!
         富山県砺波市庄川おんせん野菜
   
         砺波市移住定住応援サイトさんのHPより←こちらのページをご覧ください



前回の温泉エルサルバドルご紹介のページでは、お米を温泉水に浸ける ということに感動したのですが、
…ああ、
日本にもこんなことまで考えている努力家さんたちがいるんだなあ。


                      



温泉エルサルバドルは、甘味が強いとかそういうことはありません。
まろやかで柔らかい味です。
苦味も酸味も、実におだやか。
本当に、温泉に入った後のリラックスつるつる、という感じなのです。
「コーヒーの風味は好きなんだけど…強いコーヒーが苦手」な方におすすめです。
当店では、常時置いてある『エルサルバドル』と両方購入して較べてみる、という方が多いですね。
温泉エルサルバドルの方が、少しだけ焙煎を弱くしてあるので、
常時置いているエルサルバドルの方が 味の輪郭は すっきりはっきりしているかな。
逆に温泉エルサルバドルの方は、やんわりまるーくまとまっています。



                      

・・・もう少し探してみました。

 
なんと”灯台下暗し”!
こんな近くに、あったんです!

     温泉しいたけ

     温泉しいたけ!(株式会社ゆっしーちゃんのHPより)



愛媛県今治市なんて、隣の市じゃないですか!
びっくりです。


農家さんが元気に頑張っていると、心強いですね。
おかげさまで、私たちは新鮮で美味しいものをいただくことができます。


   コーヒー農家さん。
   日本の農家さん。
   
   ありがとう、頑張れ


                                  


関連記事


テーマ:コーヒー - ジャンル:グルメ

この珈琲、どんなコーヒー? | 19:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad