FC2ブログ
 
■プロフィール

珈琲案内人りん

Author:珈琲案内人りん
珈琲豆屋の”案内人”やってます。
珈琲の味に限らず、珈琲の世界すべてが面白いので、
自分の中で、コーヒーにつながったことなど をつぶやいています。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

抵抗を感じながら楽しむ、ということ
  「最近は、なかなか・・・マニュアル車に乗れなくて。
  レンタカーなんかも、オートマばっかりで。」

試飲をしていただきながらお話していると、
お客様が、ぽつり と おっしゃいました。

車がお好きなのだそうです。
と言っても、『メカをいじる』ことではなく、車に乗ることがお好きだ、と。


   「オートマ車は、どんな時も どんな道も、勝手にちょうどよく走ってくれるので、
    自分で動かしている感じがないんですよね。
    例えば、わざと低速にして体で抵抗を感じながら
     エンジン音を楽しみたい時なんかもあるわけです」



私はあまり車に興味がないので考えたこともなかったのですが、
そのお話には なるほど・・・と思いました。


写真、も、そうかもしれません。
今のカメラって、えっ?そんなことできるの?ってびっくりするほど多機能。
でも、「趣味は写真」とひと言で言っても その意味はいろいろあって、
オートフォーカスだとか、撮影後に編集可能とか、
そんなのつまらない!と思う人たちがいるのではないでしょうか。


  全体に、世の中そういう風に動いていますよね。
  キレイに整っているのだけれど、
  なんというか、ツルツル。
  便利な方に便利な方に、流れていきます。

      うちわよりもエアコン。
      ほうきよりも掃除機。
      鍬よりもトラクター。
      レコードよりもデジタルオーディオプレイヤー。
      包丁よりもフードカッター。
      手書き手紙よりも電子メール。
      辞書よりも検索。


なんだか、”車”というのが 
楽しむものではなくて ただの『移動のための道具』になってしまっている気がします

ちょっと寂しいものがありますね、と話しました。


                  



そう言えば私も、そういうところがあります。
「パンが好き」なのですが、
パンを作る時は、フードプロセッサーやホームベーカリーはとんでもなくて、
ゼッタイ手で捏ねます。
あの、生地のいきいきとした粘りや弾力を、感じたいので。
パンを仕上げること」が目的ではなくて、
パンを作ること」が目的、とでも言いましょうか。



   何もかもが 簡単・便利・早く・キレイ を追求している世の中。
   
   コーヒーを楽しむためにも、いつか、人は必要なくなるのでしょうか。
   コーヒーマシーンが部屋の片隅に置かれ、
   いつでも簡単に、適当な味のコーヒーが飲めるようになるのでしょう。
   焙煎も、コンピューター制御で、生豆を入れたら勝手に煎り上がるようになるのでしょう。
    ・・・オシャレでスマートな暮らしですね。



      ・・・オシャレでスマート・・・。
 
  


                 



   

   今の世の中で、みんな、
   『楽しみ』って、どこに見出しているのだろう。


   便利になることで、失ってしまうものがある。
   失ったものは、とんでもなく大きいのではないだろうか。


           コンピューター制御コーヒーマシン
           コンピューター制御コーヒーマシン   日経BPのホームページより




関連記事


テーマ:つぶやき - ジャンル:日記

りんのひとりごと | 20:30:55 | トラックバック(0) | コメント(6)
コメント
コーヒーが出来上がる過程を
会話をしながら楽しむのも贅沢な時間ですし
五感を通じて心をリセットする
大切な時間だと思います。

作り手の心や愛も感じられますし
淹れてくれるコーヒーは最高ですよ〜♪

そんな私は ドラマの「優しい時間」のコーヒーが飲みたくて
北海道迄行きました〜♪
満杯で入れなかったですけど〜笑)

2017-10-01 日 15:03:15 | URL | 優 [編集]
優さん
優さん、嬉しいお言葉、ありがとうございます。

流れる時間の感覚が変わってしまったのでしょうか、
人間は どんどん待つことができなくなっているように思います。
世の中に便利さがあふれるようになって、
これまでは時間のかかったことが、サッとできるようになった。
根気っていうものが必要なくなってしまうかもしれませんね。

ね。コーヒーを待つ時間。
・・・無駄な時間と思わないでほしいなあ。
優さんがおっしゃるように、心の”贅沢”と、とらえてほしいなあ。
2017-10-02 月 19:59:36 | URL | コーヒー案内人りん [編集]
耳を澄まして、目を見開いて、鼻孔も研ぎ澄ます時
今使っている珈琲豆焙煎機はジェネカフェ。
一応マイコン??で温度設定や焙煎時間の設定ぐらいはできます。
でも頼りになるのは、一爆ぜと二爆ぜのタイミングと、焼色でしょうか。
ほんの数秒で、味が変わるのが分かります。
爆ぜる音に耳を澄ませ、排気の匂いを嗅ぎ、豆の色付き具合を五感をフル稼働させ、余熱で焙煎が進む事まで予測しなければなりません。
焙煎した直後の味、そしてエージングが進むにつれて変化する豆の状態。
こんなアナログのお作法を続けるのも珈琲を飲む楽しみ。
手慣れたお店の御主人の味には、絶対敵わないけど、珈琲タイムの都度が毎回真剣勝負みたいで楽しい一時です。
2017-10-02 月 20:40:42 | URL | MK [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017-10-05 木 04:34:19 | | [編集]
MKさん
MKさん、こんばんは。
わかるわかる。コメント、嬉しいです、ありがとうございます。
”五感”なんですよね。コンピューターと違うところ。
・・・ん?いや?第六感、なのかな。
物理的には完璧かもしれないけれど、もうひとつ何か足りないもの。
それはアナログでしか補えないもの、なのではないかなと思います。
その違いに気付くか、気付かないか。
そして、それを補うことを面倒くさいと思うか、楽しいと思うか。
MKさんは音楽も聴いていらっしゃるから、さすが豊かでいらっしゃいますね!
2017-10-05 木 19:52:52 | URL | コーヒー案内人りん [編集]
鍵コメさん
鍵コメさん。いつもありがとうございます。
そうです、仕方ないのです。
高齢化も進んでいるし、必要があって便利なものが生まれているのでしょうから、素晴らしいことではあるんですよね。
便利さを否定する気はありません。

ただ、寂しいのです。
便利になるにつれて、人間は小さなことに楽しみを見いだせなくなっているような気がするのです。
ねえ、鍵コメさん。
うちわの風のやわらかさ、風情、ほうきの手ごたえ、鍬の手ごたえ、
手紙の文字の癖やかすれ、…
たまらなく愛おしく、楽しいと思いませんか。
便利になってしまった今では、そんなものは楽しくもなんともなくなってしまったのでしょう。

…寂しいのです。
2017-10-05 木 20:12:05 | URL | コーヒー案内人りん [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad