■プロフィール

珈琲案内人りん

Author:珈琲案内人りん
珈琲豆屋の”案内人”やってます。
珈琲の味に限らず、珈琲の世界すべてが面白いので、
自分の中で、コーヒーにつながったことなど をつぶやいています。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

珈琲、お米、ほっこり温泉~エルサルバドル(温泉珈琲)
エルサルバドルという国には、20以上の火山があるそうです。
火山大国なのですね。
(ちなみに日本には世界の活火山の7%、108もあるそうなのですが。)
北部の方にある ”サンタ・アナ火山” や ”イサルコ火山” が有名です。

サンタ・アナ火山
       サンタ・アナ火山



イサルコ火山
      イサルコ火山


コーヒーはほぼ、火山の山腹で栽培されています。



                 



2月の月替りコーヒーは、そのエルサルバドルの・・・
面白いコーヒーです。
コーヒーの実からコーヒー生豆をとり出す『精製処理』の過程で、温泉水を使用しているのです!

火山の山腹、肥沃な土地で育ち、収穫されたコーヒー。
コーヒーの精製方法のひとつ・・・コーヒーの実を、水に浸けてやわらかくし 取り除く のが”水洗式処理”ですが、

このコーヒーは ”温泉水を冷ましたもの” に浸けて洗って、処理しているのだとか。

火山が多いため、天然温泉や間欠泉がたくさんあり、
その水を利用するのですね。
環境に優しい方法です




   温泉水はミネラルが豊富。
   そのミネラル成分が、コーヒー生豆の成分に働きかけて、
   苦味や酸味をまろやかにしてくれるのだそうです。
   確かにこの”温泉珈琲”、
   当店に常時置いてある サワっとしたエルサルバドルと違って、
   まるっと トロッと している感じがします。


                 



コーヒー豆の精製に温泉水使うなんて、へぇぇ…と思っていたら、
同じ日本の中で似たようなこと(意味は全然違うけど)が行われているのを知りました!


      湯田川温泉、種籾の芽出し


    お米づくり!
    種籾を、温泉水に浸けているのです。
    これは 山形鶴岡 の 湯田川温泉。
    種籾を温泉水に浸けることで、バラツキのない芽出しができるのだとか?!
         ➟庄内日報より





            





・・・。ところで、温泉珈琲。
温泉成分の何がどう作用してこうなるのだろう、と気になります。
一説には、ミネラル成分のうち”臭化カリウム”が
コーヒーに甘味を加える
のだとか。


  でも、・・・もともと臭化カリウム自体は 苦味のもとなのです。
  薬などに使用される成分らしいのです。
  水に溶かすと、濃ければ苦味、薄ければ甘味を感じるものらしい。
  ・・・ミネラル中の臭化カリウムは微量のものだから、甘く感じるのかな。


  それとも、種籾を温泉水に浸けて発芽させるように、
  コーヒー生豆も温泉水に浸けることで目が覚め、
  発芽しよう!と栄養分が濃くなったり、
  酵素が活性化して糖類を分解したりして、
  ・・・それが甘く感じるのかな。


理屈が分からないので、『臭化カリウム説』の真偽は私には分かりません。
でも、日本でも似たような作業が行われていることが嬉しい。
お米とコーヒー生豆の、ほっこり温泉。


とろん、と まろやかです。
温泉でほわんとなった エルサルバドル、

心からあたためてくれると思いますよ。



                 焙煎珈房NONAKA



                                  

関連記事


テーマ:コーヒー - ジャンル:グルメ

この珈琲、どんなコーヒー? | 19:30:00 | トラックバック(0) | コメント(4)
コメント
???
りんさんのブログだから
心配ないと思って
最後に出てきたバナーをクリックしたら
松山のお店に飛んだんですけど
こちらがりんさんのお店なのでしょうか???
ブログスタート時から読んでいるわけではないので
変なコメントしてたらすみません。
サイドバーにリンクも貼られてますね。
お友達のお店???
2017-01-31 火 11:38:01 | URL | 水咲 [編集]
水咲さん
水咲さんこんばんは。
そうですよ、”焙煎珈房NONAKA"は、私が勤めているお店です。
コーヒー豆屋なんですよ。
人の好いおじさんと2人で、細々とやっています。
ご安心くださいね、変なサイトじゃないですよ(^^)
2017-02-02 木 19:54:26 | URL | 珈琲案内人りん [編集]
こんばんわ。

こちらでは(雪室珈琲)が売られています。
何だか、、、真逆の事しているようですが、(まろやか)になるそうですよ。
2017-02-02 木 22:06:38 | URL | アイハート [編集]
アイハートさん
アイハートさん、コメントありがとうございます。
初めて知りました!雪室珈琲!
なるほど、焙煎豆の劣化を防ぎますよね。新潟の自然エネルギー利用、素晴らしいですね。
この”温泉珈琲”は、雪室珈琲と違って、生豆の状態で温泉水を利用するのですって。
はて?じゃ、”温泉+雪室”にしたら、どうなんでしょう???
2017-02-03 金 17:29:05 | URL | 珈琲案内人りん [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する