FC2ブログ
 
■プロフィール

珈琲案内人りん

Author:珈琲案内人りん
珈琲豆屋の”案内人”やってます。
珈琲の味に限らず、珈琲の世界すべてが面白いので、
自分の中で、コーヒーにつながったことなど をつぶやいています。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

麩、ふ、…ふっと思い出す、青い頃
お麩のおいしさを知ったのは、新潟に住んでいた時でした。
新潟(三条)に住んでいた頃があったのです(数年の間)。
愛媛という南の方に生まれ育った自分が、北の方で暮らすことがあるなんて、
考えてもみませんでした。

愛媛 というところは、お魚も果物も とても美味しいところです、
これ以上美味しいものがあるなんて、
これまた思ってもいませんでした。

ところが新潟って!
全く食環境のちがう地域に住んでみると、
そこにしかない美味しいものが、あるあるあるある!
お米・お酒はよく知られていますが、
私が忘れられないのは 車麩 と 菊の花 と 笹だんご
(でも美味しい みかん や 白身魚 は、なかった…。)

車麩。リング状のお麩。
野菜やお魚と一緒に煮たり。
グルテン感が美味しい♡
松山にはないのです。あっても薄いリングの、
小っちゃいものしか。

車麩
     これが”車麩”



                        




新潟三条に住んでいたころは、パン販売の仕事をしていました。
米どころでも、パンはあるの
でも、遅れてたな。パン文化は、愛媛松山くらい遅れてた。
そんな三条のパン屋で、製造の人と意気投合、
「開業しよう!」と計画したことがあります。

  それからずっと、私が松山に戻るまでずーっと、
  毎週同じ場所で『会議』を開いて計画を立てました。
  でも、相方がその場で話すのは、商品のことばかり。
    こんなサンドイッチはどうだろう、
    こんな調理パンはどうだろう…
  三条の店ではシンプルな食事パンはほとんど売れず、
  調理パンばかりが売れていたので、その内容ばかり考えていました。

  開業候補地を、探す。
  私は一人で通行量を調べたり、その近辺のスーパーの品ぞろえなどを観察したり、
  …あの、雪が降り積もる中、長靴を履いて、リサーチ。
  そして、開業方法の本などを読みこんで計画書をつくりこんでみたり・・・


今思うと、たまらなく恥ずかしい。
あんな程度の計画で、店ができるわけない。
実現しなくてよかった…。



今の、この、焙煎珈房NONAKAという店を始めるにあたっては、
本当にたくさんの方々がお力添え下さいました。
『創業塾』と名付けられたセミナーの出席をきっかけに、
いろんなスペシャリストや先輩と出会い、ご指導いただき、
あたためていた案を、2年ほどかけて細かく練って、
やっとやっと、開業。そして今、なんとか続けています。


  いい経験、勉強、に なったなあ…。





「好きなことを仕事にしていて、いいですね。」と、みんなに言われます。

     『好きなことを仕事にする』  
        ということは、
     『好きなことをする』  
        とは異なるのだけれどもね。




            甘くは、ないぜ。




でも、この運命、ありがたく思っています




                     



車麩に出会った頃から やはり好きになったのが、麩まんじゅう
毎年、夏になると、和菓子屋さんの店頭にこの文字を探してしまいます。

今年は、作ってみたいと思った。
自分で作ってみました。
こねが足りなくて、肌荒れの麩まんじゅうになった 笑

ツルツルなのを、もう一回、作ろうっと。

            麩まんじゅう、肌荒れ
            笹の葉が手に入らず、桜もちを作った時の残りの桜の葉っぱで隠した
 




           
関連記事


テーマ:つぶやき - ジャンル:日記

りんのひとりごと | 23:50:13 | トラックバック(0) | コメント(1)
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016-09-02 金 15:34:31 | | [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad