FC2ブログ
 
■プロフィール

珈琲案内人りん

Author:珈琲案内人りん
珈琲豆屋の”案内人”やってます。
珈琲の味に限らず、珈琲の世界すべてが面白いので、
自分の中で、コーヒーにつながったことなど をつぶやいています。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

香り と 味
「香りがなかったら、僕、コーヒーって飲んでなかったかもしれない」
と、お客さんがおっしゃいました。



・・・そうです、”香り”
コーヒーの何がイイ って、やっぱり”香り”です。
コーヒーの味を決める、大きなポイント。


                  



ところで、
”香り”という知覚。人間が感じるものには、2種類あるのをご存じでしょうか。

ひとつは、鼻の外(鼻先)で知覚する香り。
もうひとつは、鼻の中(喉から鼻に抜けるとき)で知覚する香り。
の 2種類です。

   鼻先の香りを鼻先香(はなさきか)

   喉から鼻に抜ける香りを口中香

   と言います。



 舌のことは、ご存じの方も多いと思います。
 舌味、下のの方で味、…などと言いますね。
 でも、実は、
 知覚として反応するところはそうであっても、
 味として認識するには、舌だけ では足りないのです。



   舌からの うまみの信号 と、 香りの信号 が合流して初めて、
   味として認識できるようになっているのですって。
  人間の身体って複雑によくできてますね。



なるほど、なぁ。


カゼをひいたりして鼻がつまると、味がわからない。
香りが認識できないからです。
なぜでしょう?
それは、
    鼻がつまると、鼻腔内の圧力のせいで、
    『鼻先香』 だけでなく、 『口中香』 も”臭いを脳に伝える神経”に届かないから!
せっかく 2通りの ”香り知覚機能” を備えているのに、
どちらの香りの知覚も頼れないのです!
そりゃ、カゼをひいたらコーヒーの味がわからないのも当然。。。

            


鼻先香と口中香


                      


加工食品に貼られている品質表示シールの、原材料のところをみると、
ほとんどのものに『香料』が使われているのがわかります。
それも、味をしっかり強調するためなのでしょうね。
無果汁でも”いちごのかき氷”が作れてしまうわけです。

そういえば近年、生活雑貨にも 異様に匂いつきのものが増えました。
洗濯洗剤、シャンプー、文房具まで。
気持ちが悪くなるくらいのものも。

日本人は本当は『口中香』の方に敏感で、
外国の方は『鼻先香』の方に敏感(だから香水を使う人が多いのね。)
と言われていましたが、
日本人もどんどん繊細さを失ってきているのかもしれません。



耳鼻咽喉、大事にしましょう。
 食べもの飲みものが美味しくなくなると、
 人生の楽しみは途端に少なくなるぞ!
コーヒーは、特に。コーヒーは、特に!
つまらなくなっちゃうよ!



  珈琲、珈琲、
  コーヒー味、…?
     ・・・おおっと!気をつけなければ!










関連記事


テーマ:コーヒー - ジャンル:グルメ

珈琲の周りの「?」や出来事 | 19:31:53 | トラックバック(0) | コメント(3)
コメント
ワインもコーヒーも、ですから香水はしてゆけません。
春の香りだけでも、マリアージュ??ですか?
2016-02-08 月 19:21:06 | URL | hippopon [編集]
hippoponさん
hippoponさん、こんばんは。
そうですね、お酒もそうです。
利き酒。香り、大事ですよね。

人間の臭覚って、すごい。
匂いに記憶が結びついていることが、よく、あります。
2016-02-15 月 20:13:12 | URL | 珈琲案内人りん [編集]
美味しいものは口中香みたいですね。
私、すごく好きです、
2016-02-19 金 03:23:09 | URL | hippopon [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad