FC2ブログ
 
■プロフィール

珈琲案内人りん

Author:珈琲案内人りん
珈琲豆屋の”案内人”やってます。
珈琲の味に限らず、珈琲の世界すべてが面白いので、
自分の中で、コーヒーにつながったことなど をつぶやいています。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

珈琲屋の、秋。
秋の一日は、とっても短い。



毎日いちにち、珈琲豆屋に居ます、
朝の珈琲店、お昼の珈琲店、夕方の珈琲店、夜の珈琲店。
…それぞれ、雰囲気が異なります。


              


先日、近所の上品なご婦人が珈琲豆を買いに来られました。
家にご病気の方がいらっしゃるので、あまり自由な時間のない方です。
でも、

  「珈琲、少し召し上がっていかれませんか」
  「…そうね、じゃあ、・・・いただこうかしら」


夕方でした、
お店には西の日差しが入ってきます。
その日は雲がまだらにあって、ちょっと不思議な夕焼けでした。

お疲れのご婦人は、「ああ、美味しい、」とホッと息を吐いて、

ゆっくり一杯召し上がる間に、日が落ちました。




その翌日。
ご婦人がパタパタ…と小走りにご来店、
「昨日、できたの、恥ずかしいけど、こんなの、
と言って、一片の紙を私の手に。

あきゆうひ

「今月の句会に出そうと思ってるの」、って。



              


珈琲豆屋で、こんな交流をさせていただいています。
幸せに、思います。


関連記事


テーマ:つぶやき - ジャンル:日記

りんのひとりごと | 23:21:27 | トラックバック(0) | コメント(5)
コメント
こんにちは
こんな、ひとときの素敵な交流が
あるのですね。

こんな俳句ができたらいいなあ。情景が浮かびますね。

りんさん、お互いに、身体を守りつつ、働きましょうね。
2015-10-22 木 14:23:59 | URL | 森須もりん [編集]
もりんさん
もりんさん、こんばんは。
私ね、涙が出そうだったの、そのくらい、
嬉しかったの。
看病の日々の中で、ひとときでも、
こんな句が浮かぶような気持ちになって下さったんだなあ、
うちの店でコーヒーを飲みながら。って、思って。
それを書いて、見せに来て下さるなんて、!

珈琲の味は、気分によって、美味しくも不味くもなりますね。

もりんさんも、日々いろいろな交流があるでしょ、きっと。
そう。身体、守りましょうね。
2015-10-22 木 20:34:53 | URL | 珈琲案内人りん [編集]
こんばんは

真剣勝負のりんさんのコーヒーは効き目抜群で、
何かを呼び起こしたんですね。
歌を作る余裕は介護の時に勇気に変わりそうですね。

2015-10-22 木 21:26:14 | URL | hippopon [編集]
hippoponさん
hippoponさん、こんばんは。
ね、歌を詠む 、句を詠む 、
本当に素敵なこころだと思いませんか。
その日その時の感覚が、情景が、
”五七五(七七)”に凝縮。
たくさんの会話を交わさなくても、この句をいただいたことで、
このご婦人といっぱい深いお話をしたような気持になりました。

実は私、この日の前後はひどい口内炎。
お店でもほとんど喋れなくて…
それなのにね。。。



2015-10-23 金 23:18:25 | URL | 珈琲案内人りん [編集]
口内炎にはケナログ。
そしてビタミン、特にA,B.
そして、多分、ぐっすり眠ってください。

ご存知かもしれないけど。
2015-10-24 土 17:05:13 | URL | hippopon [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad