FC2ブログ
 
■プロフィール

珈琲案内人りん

Author:珈琲案内人りん
珈琲豆屋の”案内人”やってます。
珈琲の味に限らず、珈琲の世界すべてが面白いので、
自分の中で、コーヒーにつながったことなど をつぶやいています。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

透明人間パプアニューギニア
「コメントに困るコーヒー第一位」の パプアニューギニアです。
今回もみなさんやはり、困っていらっしゃいます(笑)

今月の月替りコーヒー。
”パプアニューギニア プローサ農園 パラダイスプレミアム”。
Paradise Premiun。プローサ農園の方が、極楽鳥の楽園をイメージして名付けたそうです、
飲んでみると確かに、天を浮遊しているような感覚に陥ります。


今回は、パプアニューギニアでもマウントハーゲンではありません。
山を挟んで東側の、ゴロカ地域のコーヒーです。
…が、印象としては、そんなに大きな差はありません。
やはりいちばん前に出てくるものは、”さりげなさ”。
本当に、透明人間 のような珈琲です。

香りは、言い表せません。
よく、ナッツとかフルーツ系とか言われますが、そんなこと思いません
いろんな香りがほんのりいっしょくたになっていて、
分けることができない複雑な、複雑な、複雑な香り。

口に含んでみてもそのは、
こんなにも『無我』でやさしく添ってくる珈琲ってないんじゃないでしょうか。
ふーーーっと入ってきて、
ふーーーっと消えていくのです。


  飲んだ後で思うと、
    …ハッ…夢…?!



こんな柔らかい味のコーヒーが栽培されるところって、どんなにか穏やかな地域だろうと思うのですが、
いやどうしてどうして。
なかなか激しいようです。
「年間降水量が十分」どころか、一年中道路が泥で埋もれているほどなのだって!
栽培にはいいけれど、収穫がタイヘン。
一応、ドライなシーズン(8~11月)にコーヒーの実を収穫、
トラックで一気に運ぶ。
運ぶ…って感じじゃないな、写真を見たところでは。
トラックが泥道にズルズル埋まり、男の人が何人かがかりで
トラックを前からロープで引っ張っているらしいです!
なんか、泥まみれも平気、たいしたことない、んですね。

  papua2.jpg
            鈴木まもるさんの探検写真より


ゴロカって、闘争の際、泥のおかげで助かった という歴史があるらしい。
ゴロカと言えば、『マッドマン』。

たくさんの部族で構成されているというパプアニューギニア。
その中に、”マッドマン”という泥人間部族(?)がいるとか。
マッドマンを含め、7~80部族、いるそうです。
・・・あ。その複雑さが、
この国のコーヒーの味や香りの 複雑でつかみかねる性格に反映しているのかなあ。



なんせ味わいは、マウントハーゲンと同様に、不思議ちゃんです。
この味を知らなければ、”抵抗のない”コーヒーのトップはブラジルなのですが、
この風味を知ってしまうと・・・。



       



何でもそうなのですが、
表面だけ撫でると、へええ。。。で通り過ぎてしまいますね。
でも、このコーヒー、どんなの?と考えた時、
プローサ農園、ゴロカ地域、パプアニューギニア、ドロドロ道路…って繋がっていって、
そうしたら、
不思議な味わいは不思議なままに、
…なんだかそれでも、その味わいが深くなった気がするのです。



映画や小説にも、「…なにが言いたかったんだろう…」と悩むものがあります。
後は 観る人、読む人が 自分で想像して下さい、というもの。
珈琲も嗜好品だから、本当はそうなんです。
このコーヒーなんて、特にそういう感じですよ。

とらえようのない不思議をたっぷり、自分なりに、
あそんでほしい。と思います




        ちなみに、私なりにあそんだ その広がりの中で、一番気に入ったのは、これ
         ニューギニア東部山岳州の州旗
             ゴロカやマウントハーゲンがある、ニューギニア東部の山岳州の州旗




                                             









関連記事


テーマ:コーヒー - ジャンル:グルメ

ストレートコーヒー | 21:00:33 | トラックバック(0) | コメント(7)
コメント
此処に調査に入った人類学者の書いたもの読んだことあったのですが。
かなり未開なかんじでした。
何かあり難いおまめのようなきがします。
2015-09-11 金 01:53:47 | URL | hippopon [編集]
コーヒー
面白いですねえ。

りんさんのブログのおかげです。

今回、紹介のコーヒー、飲んでみたいです。
りんさんの説明がいいですねえ。
あまり存在感を主張しない優しいコーヒーなのですね。

ああ、珍しい。
2015-09-11 金 08:22:57 | URL | 森須もりん [編集]
hippoponさん
hippoponさん、
なんだか極楽鳥のイメージが強すぎて、
”すごく美しい園”なんて想像してしまいそうなものですが、
まだ未開の地も多いようですね。
本当に。部族がたくさん。
日本の”なまはげ”などは甘っちょろい気がしてしまいました。
文化のちがい は、大きい・・・。
現地の人が飲むのは、ほとんどインスタントコーヒーなのですって。
申し訳ない💦

2015-09-11 金 20:14:17 | URL | 珈琲案内人りん [編集]
もりんさん
ね!おもしろいですねえ。
コーヒーに、こんなにも性格があるとは。
何となくなんですけど、
もりんさんは、どちらかというと紅茶等なのではないですか?

実は私、あまりたくさんコーヒーを飲みません。
珈琲というものが、好きなんです。
もりんさんも、もし飲まなくても、豆を眺めているだけでも
おもしろいですよ、きっと。たぶん。ゼッタイ。
2015-09-11 金 20:20:34 | URL | 珈琲案内人りん [編集]
こんにちは
私は、緑茶を一番、よく飲みます。

次がコーヒーです。
今は、朝、コーヒーとヨーグルトで仕事に行ってます。

でも紅茶を意外に、いただくので、それも楽しんでいます。
りんさん、コーヒーと豆、楽しみます。
教えてくださいね。

2015-09-12 土 15:54:47 | URL | 森須もりん [編集]
昨夜は、
横浜で用事の後東京で映画、
先ずは甘いもの。そして珈琲カリタ式で、、ゆっくり、カップあっためて、、。
おいしかったぁ!!

あんまり疲れると、こういうのがよくて、
それから夕ご飯作りました。

薬のみながらからだまわしてたので、
今も、くたびれてて、アップルパイに 珈琲が欲しいです。ww
2015-09-13 日 14:02:29 | URL | hippopon [編集]
こんんちは!
りんさーん、おげんきですかー

お互いに、柔らかい発想で、いきましょうね。
2015-09-17 木 14:03:44 | URL | 森須もりん [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad