FC2ブログ
 
■プロフィール

珈琲案内人りん

Author:珈琲案内人りん
珈琲豆屋の”案内人”やってます。
珈琲の味に限らず、珈琲の世界すべてが面白いので、
自分の中で、コーヒーにつながったことなど をつぶやいています。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

珈琲”まめ”のオリンピック
1週間ほど前の店休日に、
神戸まで、コーヒーのカッピング研修に行ってきました!

カッピング、つまり、テイスティング。お酒で言うと、利き酒。
好き嫌いではなく、珈琲豆の味を、客観的に評価します。

               

珈琲豆には、品質規格があります。
よく、コーヒー名に”No.1”とか”AA”とか、ついているの、見かけませんか。
あれです。あれが、珈琲豆のいわば『成績表の数字』です。
しかし!それは、その国の中で、 の成績。

A国で1番!でも、B国の1番と同レベルとは限らない。
  A国では、”大きいほど良い”
  B国は”栽培した山の標高が高いほど良い”
  C国は”悪い豆が少ないほど良い”
…なんて、評価基準がまったく違ったりするのです。


こんなに珈琲豆の品質が上がっている今日、それでは世界に羽ばたけません。
それぞれの国の それぞれの地域・農園の、個性豊かな風味が評価されなければ!


世界中の人に認めてもらうには、 世界共通の判断基準 が必要です。
  「私はA校で1番です」
  「僕はB校で1番です」
  「私はC校で1番です」
   ってそんなこと自分で言われても だし。

いや、評価は周りがするんですよ、

というわけで、
コーヒーには国際的な香味評価の基準があります。
条件を同じにしないと、正しい審査ができません、
今回行ってきたのは、その手順、方法の研修会。でした。

近畿から四国、九州、20人弱の人が参加していました。
みんな、珈琲に関わっている人たち。
ベテランさんも、初心者さんも。

テストした豆は、
グァテマラ、エチオピア、ケニア。

  グァテマラのウエウエテナンゴ、アティトラン、アンティグア。
  エチオピアのグジ、イルガチェフェ、サンイルガ。
  ケニアのマサイ、ジャングル農園。

みんなで んーー?おっ!え~?わからん?
とか言いながら、香ったり、吸い込んだり。

IMG_0722.jpgIMG_0724.jpg

  なんだか、寒気がするほどの充実感でした。


短い時間でした、
珈琲豆の産地視察の報告も含めて3時間くらいです。
でも、最高でした。
この1回の研修で、評価法が身についたわけではありません、
正直なところ、もやもやしています。


ただ、

こういうところに参加すると、必ず何か、得るものがあります。
お店をしている人たちは皆、それぞれの考えをもってそれぞれのやり方で運営しています。
会ったことがない”同志”と一緒に勉強すると、
その『研修の受け方』に、その人・そのお店 それぞれが 出ているのです。
聴く姿勢、質問内容や発言、
おもしろいほど、出ています。

そして、それを受けて、自分が、自分のお店のあり方が、見えるのです。
…だから、とてもいい経験になりました。行って、よかった。


         


ところで、
カッピング練習中、あるコーヒーを口に含んだ時思わず
「あっはははっ!」と笑ってしまいました。

珈琲の個性って、どれも魅力があり過ぎる。

あまりにお茶目なのです、
『この豆、ゼッタイふざけてる!』
なんて、配られた用紙に感想を書いたりしてました。
…いや私は真面目に書いているのですけど、でも、



   …間違っても私は、審査員にはなれないな、
   この豆たちに”点数”をつけることなんて、いやだ、できないや



                        ">


関連記事


テーマ:コーヒー - ジャンル:グルメ

珈琲の周りの「?」や出来事 | 21:37:06 | トラックバック(0) | コメント(4)
コメント
こんいちは
進歩的な一日でしたね。
こういう事って尾を引いて刺激を受けていいですよね。

2015-09-04 金 14:14:03 | URL | hippopon [編集]
おもしろそうですね
なんて、書くと
真剣な皆様に、申し訳ないけれど
それぞれの世界には、私の知らないことが
あって、
こうやって読ませてもらって発見できます。

笑ったという個性あるコーヒーってどんなんだろう。
2015-09-04 金 17:40:18 | URL | 森須もりん [編集]
hippoponさん
hipppoponさん。こんばんは。

進歩、したかどうか、でも、進歩的ではありましたi-228
みなさんそれぞれ自分の店を思っているのだなあ。
同じ業界でも、こんなに醸し出す空気が異なるんだ、と、

井の中の蛙にならないように、しなくちゃ。ですね。
2015-09-04 金 20:40:47 | URL | 珈琲案内人りん [編集]
もりんさん
風の郵便屋さん(^^)こんばんは。
興味を持って下さって嬉しいです。ありがとうございます。

珈琲も他の仕事も、仕事じゃないことも、
私は繋がっていると思うんです。
だからよく、珈琲を、
音楽や色、人間世界、そういうものに例えて案内するの。
もりんさんが風を運ぶように、
私もみんなの”コーヒーへの固定観念”に、
新しい風を吹き込みたいな、と思うんです。


2015-09-04 金 20:53:49 | URL | 珈琲案内人りん [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad