FC2ブログ
 
■プロフィール

珈琲案内人りん

Author:珈琲案内人りん
珈琲豆屋の”案内人”やってます。
珈琲の味に限らず、珈琲の世界すべてが面白いので、
自分の中で、コーヒーにつながったことなど をつぶやいています。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

イルガチェフとセレモニー
こんなチャーミングなコーヒーが、あるんです。

  高級な『大納言小豆』のような風貌。

  鼻が乾く感じのしない、しっとりとした『果実酒』のかおり。

  含んで少ししてから ぱぁっ!と広がる豊かな風味。
  …のどの奥で、花が咲く



エチオピア・イルガチェフ。
”イルガチェフェ” という方が多いかな。
(”イルガチョフ”ではありません。ロシアっぽくなっちゃいますよ。)

           


NONAKAでは、通常販売品として ”エチオピア・モカ・シダモ” という豆を置いています。
それとどう違うのかと言えば、

まず、「モカ」と名の付くコーヒーについて。

一般に、コーヒーの味をことばで表現すると、「苦い」ですね。


   モカって名の付くコーヒーは、
   コーヒーの中でも独特な風味を持っています。
   「クセ」という表現に近い、いわば異端な味、香り。
   それがあるから、「モカ以外は好きじゃない」なんていうほど溺愛されたりするのです。
   逆に、苦手な人もはっきりします。

   その風味は、もともとの豆の特性でもありますが、
   実を摘み取ってから後の 処理の方法 によって強調されるんです。


語弊があるかもしれませんが簡単に言うと、
  摘み取ったらとにかく 水を使わず乾かしまくる
  完熟も未熟もごちゃまぜ形も大きさもバラバラ

完璧な人ってスキがなくておもしろくないでしょう?
モカは、完璧どころか”困っちゃう人”ばかりが集まって ああじゃないこうじゃない…になっている状態、と言いますか。
ひと口飲んだ時、スタンダードな苦みの珈琲に慣れている人は、
…うっわ~…という印象を持つと思います。



では、
この”モカ・イルガチェフ”と”モカ・シダモ”は、どんなふうに違うのか。と言いますと、


  イルガチェフも、シダモです。

   アフリカ エチオピアの南部に”シダモ地方”があり、その中にイルガチェフ地区”があります。
  つまり、日本で言うと、
  ”九州地方 長崎県 ” みたいなもの。


   シダモ地方のだいたいは、前述した『乾かしまくり』処理をします。
   しかし、。

   シダモ地方のイルガチェフというこの高地、水が豊かにあるのです
   だから贅沢に水を使って、洗って分別して乾かして…と丁寧に処理されるのです。
   他のモカの豆と比べると、まあ同じモカとは思えないほど 粒がそろってきれいです。
   口に含んでみても、うっわ~…になりません。
   ん?…あ、ふわぁと広がるね!美味しいねこれ!と受け入れやすい個性にみがかれています。




           



ところで、
コーヒーの発祥地は、エチオピア とか イエメン とか言われています。
(エチオピアの西部に、”Kaffa(カファ)”という地方があり、これが”コーヒー”の語源と言われているんですって。)
そして、
多くのコーヒー生産国がコーヒーを輸出用としている中、
エチオピアは国内でもかなり飲むのだそうです。
コーヒーに染まった国ですね!


コーヒーは、エチオピアにとって、神聖なものなのでしょう。

こんな儀式があります。
  ↓
3.jpg 7.jpg
Ethiopia Bet より  コーヒーセレモニーのようす


  ”コーヒーセレモニー”。
  日本で言う、”茶道”。
  エチオピアでは、『Kariomon (カリオモン) 』と言います。
「コーヒーを飲む」ということに、精神的なものや教養などを含ませた、文化的習慣。
結婚前の女性が身につけるべき作法として、一家の娘にあたる人が行う、とありました。


すごいです。


    豆を洗って、
    七輪木炭で煎って、
    杵と臼でくだいて、
    お湯で煮出して、
    その場を清めて、
    コーヒーを濃し淹れる。
     
   …おお、焙煎、ドリップ!…
    
    1杯目は 大地に感謝して注ぎ、
    2杯目は お砂糖・塩などを入れ、
    3杯目は バターや香辛料などを入れて、飲むのだそうです。



           



そういう儀式のことを知ると…、



  この”イルガチェフ”は、まだ、
  この歴史になじんでないように思えますね、クリーン過ぎて。
   コンクリートの都会 のような。
   田舎の土や草の匂い がしなくってね。
  どちらかというと、エチオピア・シダモや、エチオピア・ハラーの方が、
  古くからの文化的なものを感じます。
  ・・・個人の感想ですが💦


ま、でも、
モカはおもしろいぞ。
先入観、思い込みで「モカって酸味でしょ」と避けてきた人も、


まずはこのきれいなイルガチェフを、モカへの入り口に!
はまったら抜けられないモカの世界へ(自己責任で)!



                        


                                 
関連記事


テーマ:コーヒー - ジャンル:グルメ

ストレートコーヒー | 21:24:35 | トラックバック(0) | コメント(5)
コメント
こんばんは
耳学問にしないようにしなくちゃ、、、
2015-04-20 月 20:33:11 | URL | hippopon [編集]
hippoponさん
いつもありがとうございます。

このコーヒーセレモニーのことを知って、
hippoponさんのことを思いました。
・・・ああ、やはり、コーヒーもお茶もつながるところがあったんだな、と。
嬉しくなりました。
私は茶道のことはよく知らないけれども、
こうしてコーヒーも『お作法』と考えると、
お茶の世界が少し近くなった気がしました。

なんでもそうですが、
キレイ 、と、 深い 、
ううん…重み…
何がよいか、は、わからないなあ。
2015-04-20 月 21:09:07 | URL | 珈琲案内人りん [編集]
こんにちは
りんさん、興味深い記事ですねえ。

楽しませていただきまーす。
2015-04-25 土 13:00:36 | URL | 森須もりん [編集]
もりんさん
もりんさん、見に来て下さったんですか!
ありがとうございます。

コーヒーの中には、人間世界が見えるんですよ。
縮図です。
…と言っても、
コーヒー世界も広いから、珈琲たちは私たち人間を観て、
「人間の中には、コーヒーが見えるんだよ」なんて
言ってるかもしれないけど(笑)
2015-04-26 日 21:47:57 | URL | 珈琲案内人りん [編集]
こんにちは!
りんさん、
コーヒー世界も広いのですね。
いいことをききました。

私は連休に、娘一家の旅に同行することになりました。
孫の世話係り。
旅先でもコーヒーを楽しんできます。
2015-04-30 木 18:26:33 | URL | 森須もりん [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad