FC2ブログ
 
■プロフィール

珈琲案内人りん

Author:珈琲案内人りん
珈琲豆屋の”案内人”やってます。
珈琲の味に限らず、珈琲の世界すべてが面白いので、
自分の中で、コーヒーにつながったことなど をつぶやいています。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

『猫のおしっこ」・・・?
先日、新聞で面白い(?)記事を見つけました。
ワインの、ソムリエが語っていたことです。

こんなお話しでした。


                   


『猫のおしっこ』

乾燥しかけた青草にちょっと焦げっぽさを合わせたような少しくせのある香りで、ソービニヨン・ブランというワインに感じます。
ワインの香りには、私たちにはなじみの薄い表現が数多くあります。なめし革、干し草、ぬれた犬の毛…。



ソムリエは、お客様においしく飲んでもらうのが仕事です。「猫のおしっこのような香りが印象的です」と言われて、そのワインを飲みたいと思う人は少ないでしょう。なので「柑橘類の皮とハーブを合わせたような爽快さに、カラメルっぽい芳ばしさが加わった香り」のように表現します。

・・・

香りは比喩でしか説明できないのです。ワインに「レモンのような香り」を感じても、レモンの成分が由来なのではありません。あくまで「レモンを思わせる香り」。想像力が問われます。

酒に携わるプロには、香りにある程度の共通表現があります。多くの場合、果実や花、スパイス、菓子などにたとえます。
・・・
そして、「いちごを思わせる華やかな香り」などと表現します。こうして整理すると、香りの記憶の引き出しを使えるようになります。「あの香りだ」とひらめくこともあるでしょう。でも万能ではありません。
ソムリエを目指す人の答案を添削していると、参考モデルのコメントに収まらない香りを持つワインの場合、解答の表現が乏しくなるように思います。自力で見出すのは難しいのです。

そこで役立つのは、他の人のコメントです。うまく言葉にならない香りも、ぱっと閃いてイメージを共有しやすくなるからです。
それに、これだけ日本のワインがおいしくなったのだから、私たち独自の表現があってもいいかもしれません。


                

・・・ううん。うんうん。


コーヒーに携わっている私は、『味や香りを言葉で表現するのは すごく難しいなあ』と ずっと思っていました。
コーヒーにも、”珈琲ソムリエ”がいます。
そう。ワインって、コーヒーと似たところがありますよね。
ワインにかかわらず、『利き酒』などがある日本酒もそうです。

多くの人に通じる表現って、どういう表現だろう。
先入観を与えず、かつ飲んだ時に納得できる ような。

コーヒーもワインのように、ある程度決まった香りの表現方法があります。
ナッツ、チョコレート、ベリー系、柑橘系、花。そんなものに例えた言葉たちです。皆さんもよく目にすることがあるでしょう。

・・・でも。

そう表現されたら、ほとんどの人は、たいてい「そういう味」と思ってしまうんですね、
そうしてそういう味を期待して口に含んで、「ええ?いちごの味なんて、しないじゃないか」とおっしゃる。
その人の頭の中は、『いちご』に占領されているのでしょう。

食べ物や飲み物をいただく時、人は「味」や「香り」だけを求めているのではないのではない のではないでしょうか。
求めているのは、「幸せ感(食べて、飲んでよかったな)」だろうと思うのです。
味や香りだけではない。
コーヒー界の表現・表示を見ながら、“ううん・・・何か違う気がするな・・・”と。どう表現したらいいかな・・・と。

色々 考えて 考えて、私はあの豆紹介POPを、作成しています





テーマ:つぶやき - ジャンル:日記

りんのひとりごと | 23:48:23 | トラックバック(0) | コメント(7)