FC2ブログ
 
■プロフィール

珈琲案内人りん

Author:珈琲案内人りん
珈琲豆屋の”案内人”やってます。
珈琲の味に限らず、珈琲の世界すべてが面白いので、
自分の中で、コーヒーにつながったことなど をつぶやいています。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

声にのせて
紙芝居をやってみたい。
3年くらい前から、ずっと思い続けている。


       紙芝居1         
                      tabitoさんのページより

      今のように娯楽が溢れていない時代。
      みんな 2本の棒付きの水あめをもらって、
      それぞれ両手に持って練り合わせ、白くなってゆく飴をおもしろがっていた、と
      母からよく聴きました。

        水あめ


                  



市原悦子さんが、亡くなった。


そのニュースを聞いた時、自分でびっくりするほどショックを受けました。
・・・あのが、
好きだったんです。

  日本昔ばなし の魅力を、何倍にもして下さった気がするのです。




以前から、絵本の読み聞かせをしてみたい とは思っていて。
最近はカルチャーセンターなどで 朗読講座 というのは、よく見かけます。
朗読か・・・。
声高らかに、表現豊かに、そういうのじゃないのです、
私がやってみたいのは、
ドキュメンタリーのナレーションのような、邪魔にならずに気持ちのいい語り、なのです。


子供の頃、本読みは苦手でした。
読めるんだけど、緊張が激しかったので、
読み上げていても その文章の意味など理解できず、
完全な棒読み、でした。



それなのに、

やってみたいのです。




   声や語りで表現する、何か、を。







テーマ:つぶやき - ジャンル:日記

りんのひとりごと | 21:00:00 | トラックバック(0) | コメント(3)
今年もよろしくお願いいたします。
新しい年が始まりました。
おめでとうございます。
今年もどうぞ、よろしくお願いいたします。


昨年も、たくさんのお客様に当店のコーヒーを楽しんでいただきました。
何度も訪れて下さった人、1度きりだった人、
どちらにしても、NONAKAのコーヒーに関心を持っていただいたことを
ありがたく思います。
ありがとう、みなさん。


昨年は、私は完全に精神的に参ってしまいました。
加えて家庭の事情もあって お店にいる時間がちょっと短くなり、
その分 焙煎士がすごく頑張ってくれました。
2人だけでやっているお店、すごく迷惑をかけました。
お客様にも 「この前いなかったでしょ」って。
ごめんなさいね。
でも、
私が居ないことで 話下手な焙煎士が少しでもお客様とお話しできて、
みなさんと焙煎士との距離が縮まったことは 大きなプラスになったと思います。

『お客様と雑談をすること。』
おしゃべりではありません。
雑談です。お客様の日々の暮らし方、感じ方、趣向、
そういうことをたくさん聞きたい。
それらは必ず、コーヒーと繋がっているからです。

  人間って面白くて、
  その人の生き方って・・・繋がっているんですよね。

だから、
コーヒーについて感じ方が変わると、
もしかしたら 自分の生活の中でも感じ方が変わるかもしれないのです。
今まで酸味なんて嫌いで 苦味だけを求めていたのに、
あれ?こんな酸味もあるのか…もしかしたら面白いものかもしれないぞ…
などと コーヒーの世界が広がった時、
日々の暮らしの中でも「今まで見向きもしなかったけど」魅力的に感じ始めたり、
これまでいいと思っていたものがちょっと違うかも、と疑ってみたり。

『早く便利に』なってゆく世の中。
何でも検索すればすぐ答えが出て、分かったような気になってしまう最近の世の中。


  みんな、自分を生きられているでしょうか。


私は、コーヒーを売りたいのではないのです。

コーヒーを通じて、
何かを感じてほしいのです。


   そのきっかけになるような、
   そんなお店になれるように、

   今年もじっくり こじんまりと、
   焙煎珈房NONAKAをやっていこうと思います。


 どうか みなさんにとって、
 いい年になりますように。





テーマ:つぶやき - ジャンル:日記

りんのひとりごと | 21:40:00 | トラックバック(0) | コメント(5)