FC2ブログ
 
■プロフィール

珈琲案内人りん

Author:珈琲案内人りん
珈琲豆屋の”案内人”やってます。
珈琲の味に限らず、珈琲の世界すべてが面白いので、
自分の中で、コーヒーにつながったことなど をつぶやいています。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

コーヒーの日に、思う
10月1日はコーヒーの日。
コーヒーブームが来てからは だいぶ世の中に知れわたってきました。

『特別なことをする』よりも、落ち着いた店でありたいので、
うちの店は イベント出店もしない、広告とも グルメ番組取材とも距離を置く、
という感じなのですが、
この10月1日だけは「まあ、ちょっと何か しようかぁ」と重い腰を上げます。

今年も、これまでの月替りコーヒーの中で リクエストの多かったものを、
数種類並べて販売しました。
そして、おもちゃのガラポンで景品付きクジ引き。
10/1~10/8まで、そんなことをしました。
毎年、そんな感じです。

      コーヒーの日イベントハガキ
        コーヒーの日のイベントハガキ


      珈琲パスポート券!
         珈琲パスポート券が当たる!



こういう企画って、善し悪しです。
様々なタイプのお客様がいらっしゃるわけですから、やはり様々な反応を感じます。

   年に1回か2回しか出さないコーヒーを販売するわけですから、
     『あのコーヒーは絶対欲しい!』
   というお客様もいらっしゃるし、
     『前回当たらなかったけど、今回はくじ引きでコーヒーパスポートが当たるかもしれない!』
   というお客様も。
   かと思えば、
    この企画中は人が多いから行きたくない、
    焙煎士や私とゆっくり話ができないから行かない、

   というお客様もいらっしゃるのです。


すべての人に喜んでいただける企画なんて、ありえないなあ。



               


人間にとってのコーヒーというものの『存在の意味』を、考えてしまいます。

     飲みもののうちのひとつ。
     食事とともにあるもの。
     おやつとともにあるもの。
     仕事の合間にあるもの。
     ひと休みとしての一杯。
     気分転換。
     人と語らう時のちょっとした添えもの。
     ひとりの時間のやすらぎ。
     嗜好品。
     文化。


こんなに色々な存在意味があって。
ただの飲みものなのか、こだわりの一種なのか、
飲みものとしてではなく 大きな意味を持つものなのか…
それぞれの人にとって、コーヒーがどんな存在としてとらえられているか。
それによって うちのような店をどう利用するか、が変わるのだな、と。

   安ければいいのか、
   美味しければいいのか、
   余裕を求めているのか、
   空間を求めているのか。



                 


こういうイベントは本当に苦手だけれど、
こうして一気にうちの店のお客様とお会いする時、
心が張り裂けそうになるくらい 色々なことを思い、
何だかわからない何かに感謝してしまいます。


そして、

こんなに大きな意味を持つ コーヒーというものの、
豆 ひと粒一粒を、
大事にする心を忘れずに 店をやっていこう、と、思うのです。









テーマ:つぶやき - ジャンル:ブログ

珈琲の周りの「?」や出来事 | 22:00:00 | トラックバック(0) | コメント(5)

FC2Ad