FC2ブログ
 
■プロフィール

珈琲案内人りん

Author:珈琲案内人りん
珈琲豆屋の”案内人”やってます。
珈琲の味に限らず、珈琲の世界すべてが面白いので、
自分の中で、コーヒーにつながったことなど をつぶやいています。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

叶っても、叶わなくても
7月7日。七夕。
今年も6月中旬くらいから いろいろなところに笹が飾られ、
みんなが書いた短冊がひらひらと揺れていました。
私は時間があるときは、その短冊をじっくり見ます。

  七夕が 好きです。
  …七夕、好きです。
  世の中にある”行事ごと”って、私はとても苦手で、馴染むことができないのだけれど。
  七夕だけは、なぜか好きなのです。


   ねがいごと短冊3


いろいろ個性豊かな”字”が、揺らめいています。
この子は 2歳くらいかな。
この子は 小学生かな。
この人は 高校生だな。
ああ、これは 大学生。
これは、 大人が書いてるな。

文字にも年齢はだいたい表れる。
そして、ねがいごとの内容にも。

    『おとうさん』
    『アイスがたべたい』
    『アンパンマンがきますように』
    『さかあがりが10かいできるようになりたい』
    『〇〇試験に合格しますように!』
    『彼女 大・大・大募集!!』
    『家族みんなが健康に暮らせますように』
    『災害のない世の中になりますように』


   ねがいごと短冊1

   ねがいごと短冊2


・・・みんなの、ねがいごと。


小さい頃ほど、小さく素直で 人間の基本的な欲求、
または実現しようがない果てしないレベルの夢世界、が書かれてる。
大人になるにつれて 複雑で具体的、
目的ははっきりしているのになかなか手に入らない幸せについての希望が書かれてる。


子どもの夢、未来は大きいんだな。と、あらためて思う。
みんな、「このねがいごとは、叶う!叶う!」と、信じている。
大人になると 背負うものが大きくなり、
”ひょっとしたら” 叶うかもしれない、でも叶わない現実がありうると納得したうえで、
それでもいい、もし叶わないとしても それに近い未来でありますように、と「願って」いる。


叶わない夢は、人生でたくさんたくさんある。
こんなはずじゃなかった、そう思うことが、たくさん。
子どもの頃は、叶わないという割合はすごく小さくて、
叶う!割合が大きいんだ。
   夢が、希望が、
   ねがいごとがある ということは、
   この先 生きていくんだ!という自信とエネルギーがある、っていうことなんだ。
   『生きたい』という、ことなんだ。


・・・私にも、そんな頃があったんだろうな。


みんなの短冊を読みながら、そんなことを考えるのです。


            



わ~っ!と騒ぐお祭りごとと違って、
七夕は、七夕だけは、好きなんです。

もう自分が予想する長さの人生も 半ばを過ぎてしまった私には、
欲しいものなど ありません。



でも、でも、そう、
願わくば、


珈琲の生産地の人々が 正しく評価されて、
少しでも豊かで幸せな生活を送れますように。

そしてそのおかげで、
世界の人たち ひとりひとりが少しでもゆっくりと、
おいしい珈琲を味わう時間を持つ生活が 続けられる未来でありますように。




テーマ:つぶやき - ジャンル:日記

りんのひとりごと | 21:00:00 | トラックバック(0) | コメント(4)

FC2Ad