■プロフィール

珈琲案内人りん

Author:珈琲案内人りん
珈琲豆屋の”案内人”やってます。
珈琲の味に限らず、珈琲の世界すべてが面白いので、
自分の中で、コーヒーにつながったことなど をつぶやいています。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

不思議がいっぱいのモカ その2
      モカ・イルガチェフ!
さて。
前回に引き続き、モカの不思議 についてです。
3つ目の疑問を考えましょう。

〇モカの この味って、酸味だったの?

「酸味が苦手です。よく飲む好きなコーヒーは、モカです。」
とおっしゃる方のなんと多いことか!
つまり、どういう風味を”酸味”と呼ぶのか よく分からないまま、
『酸味は苦手』と思っているのですね。

  酸味にもいろいろな酸味があるのですよ。
  一つじゃないんですよ。
  分かりにくいですね。
  コーヒーの酸味って、一体何がいいというの?


                 


      そこで、こんなのどうでしょう?

      コーヒーの風味を人間に置き換えると、

        苦味=真面目さ
        渋味=気難しさ
        酸味=ユーモア
に当てはまると思うのです。


想像できるでしょうか。
例えば、

  苦味=真面目さ?


真面目にもいろいろありますね。
どんな真面目さが好きで、どんな真面目さは苦手ですか?
  
  深く誠実な人。

  尖っているほど細かい真面目さん。

  柔らかく真面目で信じられる人。

  頭の固い、変なところに真面目な人…。

「いつも真剣さのない”不真面目”な人は嫌だな、と思うけれど、
尖っているほどの真面目は疲れるな」
などと、思うでしょう。
人によっては、とにかくどんな時も真面目な人がいい!とか、
真面目な人はおもしろみがないから、付き合いたくない!なんてこともあるでしょう。


コーヒーの苦味は、『真面目さ』に当てはまるように思うのです。
  
  深くしっとり続く苦み。
 
  ピーンと強い苦み。
  
  包むようなまろやかな苦み。
  
  ガツンと殴るような苦み。

上記の、『真面目さ』に当てはめてみて下さい。
何となく分かる感じがしませんか?


・・・と、そんな感じで”酸味”をとらえてみましょう。


”酸味”は 『ユーモア』 『ユニークさ』 に当てはまると思います。


  明るく清潔で健全なユーモア。
  
  ニヤリとするようなブラックなユーモア。

  下品で、聞いていられないようなユーモア。

  いわゆる「おやじギャグ」的な、相手が苦笑するようなユーモア。

  品があって慎ましいユーモア。

       ・・・などなど・・・。


これを酸味に言い換えてみましょうか。

  しゅわーっとした 爽やかな酸味。

  苦みの陰でいい味出して、味を深めている酸味。

  匂っただけでウエッとなりそうな、いわゆる『酸っぱさ』。

  『その地域の人には欠かせない昔からの料理』のような、
   合う人にだけ合う 不思議感覚的な酸味。

  柔らかく優しく、じゃまをしない酸味。



「酸味が苦手です」
と言われる方のほとんどが「苦手」としているのは、
時間がたって酸化した、不快な『酸っぱさ』です。
苦味と絡み合ってじゅわーんと、頬の下あたりを刺激する。
ウエッとなる…いやぁな感じ。
下品で、聞いていられないようなユーモアと同じですね。


                


では。
なぜ、モカの酸味は受け入れられるのか?の話でした。
この”モカ”というコーヒーが持っている”ユーモア”って、例えればどんな感じか、と言うと、

…上記のどれでもなく、 ”天然のユーモラスさ” です。


つまり、ユーモアをねらっていないのですね。
別におもしろいこと言ってないのに なんだかおもしろい人』って、いるでしょう?
そういうタイプのユーモアを醸し出しているのです。
存在しているだけで勝手にユーモラス。

だから、多くの人に さりげなく受け入れられるのですね。
嫌味がないでしょう?
そうなんですよ、・・・これが、 モカの酸味なんです。



             



こうやって置き換えて考えてみると、コーヒーももっとおもしろいものになります。

もっともっと 楽しめるコーヒーの幅が広がるかもしれません。

美味しいおいしくないだけでなく、
楽しいものとして。





テーマ:コーヒー - ジャンル:グルメ

この珈琲、どんなコーヒー? | 20:00:00 | トラックバック(0) | コメント(4)
不思議がいっぱいのモカ その1
今月の月替りコーヒーは、みなさん待ち焦がれていた ”モカ・イルガチェフ” です。
店には、通常も ”エチオピア・モカ・シダモ” と ”イエメン・モカ・マタリ” を置いてはいるのですが、
イルガチェフには魅入られているお客様は、これらの豆ではダメなのですね。

 何が違うのでしょう?
 同じ ”モカ” なのにね。

前のイルガチェフの記事でも書きましたが、
『イルガチェフ』というのは、シダモ地方の中にある地区の名前です。
つまりは、イルガチェフも ”エチオピア・モカ・シダモ” なのです。
(ただ、当店の場合はそれぞれ生豆の精製処理方法が異なるので
風味が違うのですが。)


                    
考えてみれば、『モカ』って不思議がいっぱいのコーヒーです。
例えば、
  〇モカって、つまり、どこの国の豆なのか?
  〇モカモカって言うけど、どれだけ種類があるのか?
  〇「酸味が苦手なんだけどモカは好き」。えっ?モカの この風味って、酸味だったの?
             ・
             ・
             ・

・・・では、一つづつ解決していきましょう。


          
                   



〇”モカ”はどこの国の豆か?

多くのコーヒー(ブラジル・グァテマラなど)は、国名がコーヒー名として知られています。
しかしこの”モカ”というのは国名ではありませんね

結論から言うと、昔から輸出していた”出荷港”の名前です。
そして、ここから出荷する豆は2つの国で生産されています。

  アラビアの方。”イエメン”と、
  アフリカの”エチオピア”です。

     イエメンとエチオピア、モカ港

イエメンとエチオピアは、紅海をはさんで向かい合っています。
当初はイエメンの山岳地帯で生産されていたものだけを輸出していましたが、
あまりに人気が出て需要が供給を上回るようになり、対岸のエチオピアでも生産するようになったのだとか。
エチオピアで栽培し、対岸に渡り、モカ港から輸出。
・・・というわけで、”モカ”はイエメンの豆とエチオピアの豆とがあります。

あ。ちなみに、現在はこの『モカ港』は使われていません。
モカ港閉港後は、南岸のアデンや西岸のホデイダから出荷されているようです。



次、行きましょう。
〇”モカ”にはどれだけ種類があるのか?

これは、モカに限ったことではないですね。
ブラジルでもコロンビアでも、今ではたくさん種類があって、わけが分からないと思います。
どの国にも いろんな産地、農園があって、その名前がくっついているだけです。
モカも同じ。
昔は”モカ”と言えば1種類だったのが、今は産地名がくっついて販売されていることが多いため 難しく感じるのだと思います。

ざっと紹介すると、
 イエメンのモカ ― マタリ、シャーキ、サナニ、ホデイダ など。
         生産量はマタリが一番少ないのですが、出回っているのはほとんど マタリ です。
         さらにマタリの中に、モカマタリNo.9、アール、マッカ、サナア、などがあります。

 エチオピアのモカ ― ハラー、カッファ、ジンマ、シダモ、リム など。
         さらにこの中に、生豆精製処理方法が『水洗式』のものと、『非水洗式』のものがあります。
         ”イルガチェフ”は、『シダモ』の中の『水洗式』です。




つまり、大きく括ると、
エチオピアのモカ と イエメンのモカ がある、ということですね。
そして、
そのそれぞれの中に、栽培する地域によって ”モカ・〇〇” という名称のものがある。
細かく言うと、その豆がどう精製処理されたかによって
『水洗式(ウォッシュ)』か『非水洗式(ナチュラル)』に分かれるのです。
ちなみに、イエメンにはウォッシュはありません。



                 



長くなりました。
次の疑問は面倒な説明になりそうなので、次回 分析しましょう。





                                  




テーマ:コーヒー - ジャンル:グルメ

この珈琲、どんなコーヒー? | 20:00:00 | トラックバック(0) | コメント(2)

FC2Ad