FC2ブログ
 
■プロフィール

珈琲案内人りん

Author:珈琲案内人りん
珈琲豆屋の”案内人”やってます。
珈琲の味に限らず、珈琲の世界すべてが面白いので、
自分の中で、コーヒーにつながったことなど をつぶやいています。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

引き出しの彼
…で、前回 『贈りものの難しさ』を書いた時、
いちばん強く心にあったことは、”引き出し”ということでした。


”引き出し”。
人の中の、”引き出し”。



うちの店では、豆を購入して下さる方は、1種類だけ無料で試飲できるようになっています。
試飲してから買うものを選んでもいいし、
買うのを決めて、「いや実はこれもちょっと気になっているんだけど。」というのを試飲してもいい。


飲むコーヒーを選ぶ時、
その人の性格がちょっとだけ反映したりして、おもしろい。


そして飲みながら、ちょこっと話をします。
お客様と会話をすることが、毎日の私の学びです。
いろんな人がいらっしゃいます。
とてもとてもたくさんのことを、教えていただきます。

そんな日々の中、、、。


                  



そのお客様は、最初は、逆でした。
出会いは、こちらが客でした(今もお世話になっていますが)。
創業前、お店の保険の関係でお世話になることになり、
その後、次第にうちの珈琲を好きになって下さったのでした。

彼は、30代の男性です。
  「気に入っているチョコレートケーキがあって。
  その店でケーキと珈琲を楽しみながら、本を読むのが好きです」
…そんなふうに彼が話していたことを、はっきり憶えています。
静かな落ち着いた人なんだなー。と、思いました。
 

ところが、です。


お客様として珈琲を買いにくる彼は、意外にのびのびとしていて

    ”サルサ(ダンス)”をはじめたとかで…えらく姿勢がよくなって、
    
    髪型も 「…ん?」 みたいになったり、
    
    メールの着信音が、間の抜けた『~ピーンぽーーん~』だったり、

    ・・・と思ったら この前は社会学者さんを連れて来た。
    あるドキュメンタリー映画を観て、意見を交わしてみよう。という企画を広めるのに協力している と言う。
    なんとなく私に、この企画内容とリンクするものを感じていたとか。


「あなたは、なにをやっている人だか、わかんない。」
私は彼にそう言ったことがあります。
でも、何だろう。とっても魅力あふれる人なのです。
一緒になったお客様とのやりとりも、とても気持ちよく、上手。 びっくりします。


それで気づきました。
彼は、”引き出し”をたくさん持っているのだ、と。


そして、”引き出し”は、必ずしも中身が入っている必要はないのだ、と。


彼は、とにかく”引き出し”をたくさん持っていて、
人や事柄と関わる時に、さっ!と引き出しを開けるのです。
そして、
『既に引き出しに入っていることを出す』 のではなく、
相手に、そこに 『中身を入れてもらって』 いる。
引き出しの数が多いから、みんな、彼に向かって話をするんだな。

無意識なのだろうけど、
すごい才能だなあ、と、つくづく。


これは私にとって、とても大きな 学び でした。
素敵なお客様に、感謝です。


            

それでそれでそれで、

その彼がハマってしまっている珈琲が、こちらです。

…納得
                    ↓ 
        IMG_0591.jpg





テーマ:つぶやき - ジャンル:日記

珈琲の周りの「?」や出来事 | 22:12:56 | トラックバック(0) | コメント(2)