■プロフィール

珈琲案内人りん

Author:珈琲案内人りん
珈琲豆屋の”案内人”やってます。
珈琲の味に限らず、珈琲の世界すべてが面白いので、
自分の中で、コーヒーにつながったことなど をつぶやいています。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

価値の表し方って、

「それほどのもの」。
「それだけのこと」。
「それなりのもの」。

何にでも価値がある。
それをどうやってはかるのか、っていうと、難しい。

“なんでも鑑定団”というTV番組があった。
ほとんど観たことがないくらいなんだけど、最近この番組のことをふと思い出しました。

価値あるものは、それなりの価格がついていないと、
そのものの尊厳が保たれない。って思う。

例えば自分が「もの」だったとして、売れるために、安さが売りのお店に置かれたとしたら
どんな気分だろうな。

そして、自分がすごく認めているものに安い値段がついていたら、
なんだそんなもんか。ってがっかりする。
その程度のものだったのか。
それを「いいもの」と思っている自分って人間も、その程度のものなんだな。
…ってさ。

価値あるものなのに安売りをしてしまうと、そのものの価値は下がってしまう。

自分が売る立場なら、そのものにふさわしい扱いをしてあげたい。と思う。

お客様第一は結構だけれども、
自分が取り扱っている「もの」に対する尊敬も愛情も帳消しにするようなお客様主義は、
その「もの」に言わせれば、
「何の権利があって私の価値を好き勝手に下げるんですか?!」だろう。

そのものにふさわしい扱い。
敬意と愛情。

りんのひとりごと | 00:49:00 | トラックバック(0) | コメント(0)