■プロフィール

珈琲案内人りん

Author:珈琲案内人りん
珈琲豆屋の”案内人”やってます。
珈琲の味に限らず、珈琲の世界すべてが面白いので、
自分の中で、コーヒーにつながったことなど をつぶやいています。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

ただのハガキじゃないんだ
  「費用対効果を考えろ。
  来ないと分かっているお客様には、ダイレクトメールを送るな。」

・・・以前勤めていた会社での毎年のイベントの準備中、
上司からそんなふうに言われました。

そうなのかなあ。
何か違う気がするなあ。
と、いつもその指示をしっくり受け止められずにいました。

・・・ちがうんだよ。


                 


コーヒーが美味しく感じられる季節になりました。
10月1日は、コーヒーの日、なんです。
小さなイベントをしました。
昨年好評だったので、今年もやったのは、
月替りコーヒーの中で アンコールの声の多かったもの(または、強かったもの)、を
『リクエストコーヒー』として5~6種類勢ぞろいさせる、ということでした。
とてもにぎやかにコーヒーが並びました。

コーヒーの日

毎月の”月替りコーヒー”を必ず買って行かれるお客様も、
いつもは ”自分のお気に入り”ばかり買って行かれるお客様も、

みんな、せっかくだから と リクエストコーヒーをチョイス。
飲みくらべてみて、どうだったかな。
楽しんで下さっているかな。
・・・イベントが終わった静けさの中で、考えています。




『イベント』と呼ばれるものは、毎年この時期に一度だけ、やっています。
よく、どこかのお菓子屋さんとコラボレーションしたり、
地域のイベントに出店したり、するところが多いのですが、

うちの店はそういうことはせず、

この位置で、自分の店のこの場所で、じっくり構えています。

まだ出会っていないたくさんの人々に知っていただくことも大切なのですが、
ふたりぼっちでやっている私たちにとっては、
これまでに来て下さっているお客様に感謝したい気持ち の方が
ずっとずっと大きいのです。
だからイベントだからって 宣伝も出すことなく、
これまでのお客様にだけご案内のハガキをお送りして お知らせしています。


                 


イベントが終わって見直しをしていると、お客様方の顔が目に浮かびます。

  あの人は やっぱり急いで来て下さったな。
  あの人 来られなかったな。忙しいのかな。
  あの人、久しぶりによく来て下さったな。
  あの人は、分かっていたけどやっぱりいらっしゃらなかったな。


案内状を握りしめて来て下さる方。
敢えて このイベント期間を避けようと、おいでにならない方。
どちらのお客様のことを思っても、
ありがたくて大好きで、涙が出そうになります。



本当は、多くのお客様は、
くじ引きがあろうがなかろうが どうでもよく、
リクエストコーヒーとして販売される豆が 好みに合おうが合わなかろうが、
どっちだって構わないのだろうと思うのです。

でも、でも、なんだか、
お客様の声が、空気が、
伝わってくるんです。


    「案内状が来た、あの小さなコーヒー専門店から!」
    「あのお店、自分のことおぼえていてくれているんだ!」

       応援してあげなくちゃ!


・・・と。


                     



案内状は、ばらまくものではありません。
  ―あなたは うちの店にとって 大切な、特別なお客様です。
    本当にいつもありがとうございます。―

そんな気持ちを乗せてお送りしているのです。


おいでにならないと分かっているお客様にも、
お送りするのです。
ちゃんと、意味が、あるのです。


嗜好品の専門店であり、
しかも、スーパーや百貨店とは違う、小さな店。



うちの店が送る案内状は、

大事な人たちへの気持ちをしたためた、 お手紙 なんですよ。








テーマ:つぶやき - ジャンル:日記

珈琲の周りの「?」や出来事 | 20:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
キラキラネーム
毎月ひとつだけ 月替りの限定コーヒーをご紹介しています。
4年間続けてみて、・・・

「やっぱり 華やかな名前のコーヒーの方が、売れるのぅ」
・・・と焙煎士が笑いました。



エーデルワイス』 『クレオパトラ』 『オレンジハニー』 『エメラルド』 『ダイヤモンド』。 

いや、華やかな名前だと 売れる、というわけではないんです。
どんな名前でも 月替りコーヒーは皆さん楽しみにして下さっていて、飲んで下さるのです。

でも、なんというか、飛びつきようが違う、というか。

華やかな名前だと、”わあっ!”って表情をなさいます。
”わあっ、美味しそう!”って。



翻って、

チノンゴ』 『エル・ボスケ』 『オメテペ』 『マサイ』。

こういう、???な名前のコーヒーを月替りコーヒーにすると、
”んんっ?”と片方の眉を上げるような表情をなさるのです。
”んんっ?・・・一体どんな味なのよ?”って。

どちらにしても とても興味を持って下さるので、嬉しいんですけどね。


          


以前「明日死んでしまうのなら、今日は何を食べる?」と訊いたら
「1日じゃ足りない、3日くらいないと困る!」と答えたお客様のことをこのブログで書きましたが、


この前はそのお客様と この 『コーヒーの名前について』 話しました。
「キラキラネームの方が、コーヒー売れるみたいなんですよ」
と言ったら、
こう答えられました。

「現地の人に、教えてあげなきゃいけないですね。
コーヒーは、華やかな名前つける方がよく売れるんですよ~、って。」



   キラキラネー・・・

         キラキラネーム?
                               マイナビニュース より




                              


コーヒーの生産地は、なぜか貧困国に多い。


コーヒーの小規模農家さんは こんなこと、思いもしないんだろうな、
”キラキラネーム”のコーヒーの方が売れるかもしれないぞ!
何ていう名前にして出荷しようか?!・・・なんて。


”んんっ?”name の方が、売っていて楽しいんですけど。





テーマ:コーヒー - ジャンル:グルメ

珈琲の周りの「?」や出来事 | 20:00:00 | トラックバック(0) | コメント(2)
そうきたか…。
今月の月替りコーヒーの”ガラパゴス”、
こんなPOPをぶらさげています。

ご夫婦の常連さんがいらして試飲したある日のこと。
・・・いつもこんな感じの楽しい方たちなんです、


     ガラパゴス紹介POP
      
       『あまりにもクリーンで澄んだ味に、 
       心が洗われるよう…。
       酸味は遠く、苦味はどこまでも透明です。
       農薬も化学肥料もない国で、
       優しく美しく育ちました。
       重くなくて飲みやすい、柔らかい珈琲。』


                 


奥さん「心洗われた?」
ご主人「…ん?」
    
「私、いつもアルコール消毒してるから洗わなくていいや」(お酒好き。)
「俺、そもそも 心汚れてないから これ以上キレイになりようがない」








テーマ:つぶやき - ジャンル:日記

珈琲の周りの「?」や出来事 | 20:00:00 | トラックバック(0) | コメント(6)
好奇心で、コーヒーを。
   まるまる豆

相方の焙煎見学をしていたら、やきあがった豆の中にこんなのが↑あった。
まるまるっこい、コーヒーの実がそのまま焙けたもの。

これは、果皮の状態で焙けてしまったものです。
コーヒー豆と呼ばれる部分は、この中の中に入っているのです。

…で、割ってみた。出てくるかな。


   割ってみた

出てきました。
手前のピンボケがコーヒー豆です。
奥の右側が硬い皮(果皮)部分、奥の左側がそのまた内側にある内果皮パーチメント)。

コーヒー豆屋さんが豆を選っている姿を、見たことがある人、いるでしょう。
上の写真のものは、『コッコ』と呼ばれていて、欠点豆として はじかれてしまいます。

…コッコ。
ふふ。かわいい響き。
これは ポルトガル語です。「糞」という意味なんですけどね。

(この他にも、
未熟豆、発酵豆、虫食い、黒豆…など、コーヒーの味を悪くするものが混じっていることがあるので、
目で見て 手でひとつひとつはじいていくのです。)


コーヒーの味は、悪くなります。
でもこれらの豆を見つけるのは、私はキライじゃありません。
だってこのコッコだって、まるまるしてて可愛いし。
中がどうなっているのか、見てみたいですよね。

虫食いの豆を割ったら、虫が出てくるかな?と割ってみたら、
本当に出てきたこともありました。
あはは。出てきた。考えてみりゃ出てきて あたりまえ。


…なんて、楽しいじゃないですか。
せっかく珈琲に関わっているんだもの、コーヒーの味だけを追求するなんて勿体ない。
いろんな角度から珈琲を楽しみたいと思うのです。



ファッショナブルもプロフェッショナルもいいですが、
私はどうもそっちではないようです(笑)
五感で味わい尽くしたい。
疑問、好奇心を、コーヒーに。
その方が、挑戦心(!)で臨むよりも コーヒーが応えてくれるから、嬉しい。


                      


可愛さあまって・・・。
こんなコーヒー豆の判を作ってしまいました。
   ↓
    小さめのはんこ
    ちょっと大きいはんこ



うちの店のポイントカードに、突然登場するのです













テーマ:コーヒー - ジャンル:グルメ

珈琲の周りの「?」や出来事 | 19:57:26 | トラックバック(0) | コメント(4)
だんご三兄弟
みたらし団子を、つくりました。
ついて捏ねて、3個を串に刺して、
ちょっと焼いて、甘辛いたれ、みたらし。
  
   みたらしだんご。


以前、『だんご三兄弟』という歌が流行った時がありました。
お団子を焼きながら、ちょろっと歌いました。
   ♪だんご、だんご、…♪
    
   おだんご、焼く。


             


コーヒーはよくケーキやクッキーに供せられるけれども、和菓子にもよく合うと言われています。

そのことを、漠然と とらえていたけれど、
お団子を焼きながら、(歌いながら)、考えました。
 うーん。

和菓子の中でも、お餅ものはやっぱり、コーヒーよりお茶の方が合う気がする。
   お団子、おはぎ、大福、かしわもちなど。

粉ものは、コーヒーにも合う気がする。
   カステラ、おまんじゅう、どらやき。

羊羹は、どっちでも・・・。


そんなことないでしょうか?


             

ところで、


10月1日はコーヒーの日なので、当店でもちょっとしたイベントをしました。
それで1日~10日の間だけ、リクエストコーヒー を6種類、販売。
リクエストコーヒーとは、
毎月変わる月替りコーヒーの中で 「またあれが飲みたい!」 の声が大きいもの。
(大きいというのは、
リクエストの数が多かったタイプと、数はともかく強い強いリクエストがあったタイプと。)
なので、その間 ものすごくたくさんのコーヒー豆が並びました。
おおお(°_°)!!と ちょっと体を反らして眺めてしまいました。

       コーヒー豆がいっぱい


リクエストコーヒーの段は、家族のようでした。

  お母さん みたいな エメラルドマウンテン
  トラジャは おじいちゃん。
  ニカラグア・オメテペは おばあちゃん。
  (お父さんが、居ませんけど。)

 子どもたち。
   一番上のお兄ちゃんがケニア。しっかりもの。
   真ん中がニカラグア・エル・ボスケ。つかみどころなし。
   一番下が、パナマ・ハートマン。甘えんぼ。




お団子焼きながら、こんなことも考えたのです。
だんご、だんご♪ 三兄弟。
えへへ。
リクエストコーヒーの中で、
三兄弟ができていました\(^o^)/










テーマ:コーヒー - ジャンル:グルメ

珈琲の周りの「?」や出来事 | 20:00:42 | トラックバック(0) | コメント(2)
次のページ

FC2Ad