FC2ブログ
 
■プロフィール

珈琲案内人りん

Author:珈琲案内人りん
珈琲豆屋の”案内人”やってます。
珈琲の味に限らず、珈琲の世界すべてが面白いので、
自分の中で、コーヒーにつながったことなど をつぶやいています。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

マラウィ・チノンゴ フィリ ルア
マラウィ湖って、琵琶湖の約46倍くらいの大きさなんですってね。
国自体が北海道と九州を合わせたぐらいの大きさなのに・・・
5分の一が湖の国、なんだ・・・。
   マラウィ、湖

  1964年の独立以来、内戦や他国との対立戦争がないそうです。
  アフリカとしては珍しい。”The Warm Heart of Africa”と言われるのだとか。
  マラウィ湖の権利をめぐって、タンザニアとの対立は多少あるそうですが。

・・・そう。というわけで、マラウィはキリマンジャロで有名なタンザニアに隣接する位置にある国なのです。
内陸国だし、どこにあるの?と思ってしまう国ですよね。そんなところにあるのでした。
・・・ということは?
力のある味、と 想像できますね。


  今月、NONAKAでは この”マラウィ”の豆を月替り限定で紹介しています。
  前にも2回ほどマラウィの豆を出したことがあるのですが、
  あまり皆さん ピンと来ない様子でした。
  どうもその特徴が頭でも感覚的にも分かりにくかったようです。
  ・・・ごめんなさい。

今回は、前にも紹介した マラウィの”チノンゴ村”の豆なのですが、
前とは”コーヒー豆の品種”が異なるものを 特別に用意しました。


『ゲイシャ』種、です。

  たぶん皆さん”コーヒー豆の『ゲイシャ種』”という概念が 分かりにくいのだろうと思います。
  前に”マラウィ・チノンゴ、芸者、又吉”・・なんてテーマで書いたページがあるのですが、
  そこに一通り、ゲイシャについてご説明してありますが、
  次回にまた ご説明しましょう。



・・・というわけで、
今月の『マラウィ・チノンゴ フィリルア』は、ゲイシャ種です。
  ”チノンゴ” は、村の名前。
  ”フィリルア” は、この豆の いわば”ブランド名”です。
  現地の言葉”トゥンプカ語”で、『山の花』という意味。
  この豆は なんとなく花の香りのような風味がある、と、名付けられました。

    豆の形も、飲んでみての味の輪郭も、
    しっかりとアフリカの豆の良さを持ちながら、
    鼻へ、全身へ広がる風味は 
    嫌味なく上品で、さりげなく華やかな、
    甘みをまとった 苦みと酸味です!


                   


マラウィでは、コーヒー豆は 主に北部と南部 で栽培されています、
  南部は、プランタイヤ周辺
  北部は、タンザニア国境に近い山脈地域
 南部は大自作農家で、紅茶の栽培地でもあります。
 北部は小自作農家ばかりです。
 ・・・が、北部の方が高品質なものがそろっています。
 

        『農園』と呼ばれるようなものはなく、
        本当に農家が”んしょ んしょ💦”と頑張って世話する畑で
        栽培しているのですって、
        ですから『農協』、そしてその上に『生産者組合』が
        しっかりとあるのだそうです。
         
       マラウィ女性が活躍
                 写真はお借りしました。

チノンゴは、『ミスク農協』に加盟しています。
そして、ミスク農協は、『ムズズコーヒー生産者組合』に属しています。
ムズズcityは北部マラウィの中心地。

    いくつかある生産者組合の中でも ムズズ生産者組合は成長が著しい組合。
    生産しているコーヒーの50%近くはスペシャリティコーヒーだという、すごい集団(?)です。

    このムズズ生産者組合は、5つの農協で構成されていて、…なんだか発音しにくい名前ですが
    『ミスク』、 『東南ンジンバ』、 『ポカ』、 『東ンチシ』、 『北ピピヤ』 の、5農協。
    チノンゴはこの中の 『ミスク』農協に加盟しているわけですが、
    ミスク農協はこの中で、たった一農協で50%強の生産量を占めています。
      小さな農家が力を合わせれば、大きな素晴らしいものになる ってことですね。
      それってつまり、一つの大きな良悪まじったものでなく、
      厳選されたものの集まり なわけですから!


ムズズ組合はその成長・パワー・質の良さのレベルアップの順調な波に乗っています。
そして、
なかなか 世界のコーヒー生産地が栽培しない 希少な『ゲイシャ種』の栽培を手掛けるのです!
中南米のゲイシャとはまた異なる、素晴らしいまろやかさのコーヒー豆を
楽しませてくれるようになりました!


                   



長い説明になりましたが、風味のイメージはできましたか?

前述したように、少し『ゲイシャ』というものの概念が
コーヒー関係者でない方には分かりにくいかもしれません。
ので、
次のページを使って、ざっとご説明できれば、と思っています。
・・・ちょっと、待ってて下さいね。




                           


テーマ:コーヒー - ジャンル:グルメ

この珈琲、どんなコーヒー? | 14:30:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
グァテマラ・ウィツマティグ農園 ハニー
  ”グァテマラ”は、このところNONAKAで 急激にファンが増えています。
  落ち着いていて 重みがあって、 キレイ過ぎなくてある程度”味のあそび”があるところが、
  好まれるのかもしれません。



以前に申し上げたように、グァテマラという国は コーヒー栽培環境も 質の追求に関しても
頼りがいのある国で、
強調文国内には 8地域、それぞれ個性を持ったコーヒー栽培の地があります。
これは、グァテマラ国内の7万5000以上のコーヒー生産者を代表する組織である
『アナカフェ』(グァテマラ全国コーヒー協会) が認めた地域です。

グァテマラ主な栽培地
  



今回紹介のグァテマラは、ウエウエテナンゴ地域の中でも高度が高い高い地にある農園、
ウィッツマティグ農園のもの。
しかも、ハニー製法(コーヒーの実を洗う段階である程度実を残し、そのまま乾燥)

  なんと、2005年度の The Exceptional Cup (グァテマラのいわば”グルメコーヒー”を選ぶ大会)で優勝した、
  まろやかな高品質豆!






  ウエウエテナンゴの、クチュマタン。
  この町では、男性のファッションがかわいらしい

     ストライプのパンツファッション!
          赤いストライプのパンツ!



ウエウエテナンゴ地域は、上図 8地域の中で最も高地にある地域です。
ウィッツマティグ農園は、その、ウエウエテナンゴの中でも 高い地域にあります。
高度は、1500m前後。
コーヒー農園は南側に面していて水はけがいいそうです。土はさらさら。



   こんな断崖絶壁を登り登ったところに ウィッツマティグ農園ができたのは…
   1957年の5月のこと、だそうです。


   ホルヘルイス アルトゥヴェア レオラ さんが、
   デモクラシア山脈の”チチナバビレッジ”にある”オックスベ”というところの農場を購入。
   その時に、”Huitz Matig"(大きな丘)と名付けました。
   ウエウエテナンゴ地域の最初のコーヒー生産者の一人である”オリビオチャベス”さんの専門知識を得て、始まりました。
   没後は、ずっとずっと、子どもたちが後を継ぎ、
    4世代続いているそうです。




ウィッツマティグ農園も 代々家族経営。
豆の精製処理に使う水も、農園内のきれいな湧き水を使うほど。
機械に頼らず、人間の手で 大事に丁寧に栽培しています。
(今、この農園の主は 現在は基本的にはグァテマラシティにいて、 
農園のマネージメントは他の人が担っています。)

    ・・・本当にフレッシュな、ハッとするような風味です。




   こんなに高品質で素敵なコーヒー豆なのに、
   どうやらここのご主人は頑なな人。

  前記の名誉、2005年の優勝の後、
  いっさいコンテストに出さなくなりました。
  そして、自分たちの栽培する豆たちの価値を本当に分かってくれる相手だけに
  出荷する
ようになったそうです。


ふふ。いいですね(笑)
珈琲豆の焙煎販売という業務に関わる私も、ご主人のお気持ちが分かるような気がします。



          




グァテマラと言えば、落ち着いた苦み、風格を表す渋みが安心のコーヒーという感じですが、
このウィッツマティグは ハニー製法(上記参照)なだけあって、
見事にフレッシュな 美しく優しい酸味を楽しませてくれます。
苦み・渋味というよりは 甘くやさしいフルーツ感いっぱい、という風味です。
完全に冷めたら これまた透明でたまらなく美味しい、びっくり!



次回はもう、ウィツマティグ農園のものは入らないかもしれません、
ぜひ一度、お味見下さいね。


 
                           










テーマ:コーヒー - ジャンル:グルメ

この珈琲、どんなコーヒー? | 19:00:06 | トラックバック(0) | コメント(0)
ブルンジ、アフリカコーヒーの新人
 遅くなりましたが、今月の月替りコーヒーのご紹介です。
 ブルンジ・カヤンザ。


ブルンジ って、アフリカの内陸の、小さな小さな国です。
北海道の3分の1くらい・・・四国の1.5倍くらいの大きさの国です。
アフリカ大陸が大きいから、すっごく小さく見えます。
   
    ブルンジ地図
     
こんなところにある国ですが、全然暑くない。
サバンナもありません。
平均気温は18℃くらい。
国自体がだいたい標高1500m以上で、山がちの国なのです。
ルワンダ とともに、『アフリカの中の気候的・環境的な国』と言われています。

 コーヒーの主な産地は、北部の高地 カヤンザ県
 ブルンジでは、高地は”リトルスイス”と喩えられます。


この国は こんなに小さいのに、人口がすごく多いのです。1000万人を超えています。
そして、主な輸出品が金とコーヒーであるために、
コーヒー農家が多い多い!
労働人口の90%は『山岳農業(コーヒー・茶・綿花など)』に従事しているらしい。
そのほとんどが小規模農家です。
その数 8万
でも貧しくて肥料を購入できないので、
虫取りまで手作業で 丁寧にコーヒー栽培をしています。


こんなにまで ほぼ国全体がコーヒーに関わっているのに、
タンザニアやルワンダの陰にかくれて 知られることがありませんでした。
しかし実は、1930年頃のベルギーの植民地だった時代から 既に、
ブルンジの人々は良質な生産方法を熟知していたようです。



  何度も言うように、コーヒーというのは 植物で、実がなった、
  その時点では果実であり、赤や黄色などの”実”です。果肉に包まれています。
  それを精製したものが 生豆であり、その形で私たちのところに入ってきます。

その、精製処理をするところ・・・精製所、『Washing Station』。
ブルンジの生産農家は、そうして丁寧に育て 収穫した豆を
Washing Stationに持ち込みます。
現在、ブルンジ内で 280ものWashing Stationがあるそうですよ(過去5年でwet millersが倍増したらしい)。

今回 当店でご紹介する豆は、カヤンザ県の中のkibingo(キビンゴ)というところにあるWashing Stationのもの。
そこだけでも、生産者3500名18集落の生産農家の豆を精製しています。


  実はこの地は、ナイル川の源泉として知られているところなのだそうです。 
  ナイル川のふもと
                  (画像はお借りしました)  


  ・・・恥ずかしながら初めて知ったのですが、ナイル川って『青ナイル』『白ナイル』があるんですってね。
  『青ナイル』はエチオピアのタナ湖が源泉地と言われていますが、『白ナイル』については諸説あるらしく、
  その中でも最も南にあるのが ブルンジ なのだそうです。


  こんな書籍まであるんだ。

  青ナイル!白ナイル!
       読んでみたい…   (画像はお借りしました)                       



                        




ブルンジのコーヒーが知られるようになったのは、
2012年がきっかけ。
この年に、世界的なコーヒー品評会 Cup of Excellence が ブルンジで開催されました。
アフリカ大陸では、第2番目の開催(第一番目は ルワンダ)。
その時、高品質スペシャリティコーヒーの生産国として注目され、
世界でも知名度が高まっていきました。

 その後、年間500万~700万本もの、主にブルボン種の苗木を新植し、古木の植え替えをしたり。 
 HoneyCoffeeの精製のために最新テクノロジーを導入したり。
 前述した、倍増したWet millers(水を使って果肉除去する装置)も、色々な認証団体(フェアトレード、レインフォレスト、オーガニッ  ク、カフェプラクティスなど)の
 認証団体の認証作業が進んでいるそうで、
 2022年までに 全施設の60%が準拠する予定なのだとか。

グングン成長し、アフリカ他国の有名どころ(タンザニアやケニアなど)に負けない、
良質なコーヒーの栽培地となりました。
近年は、15,000t~20,000tの生産量で安定しています。


   ただ、この国は小さいのに人口が特に多く、しかもコーヒー農家が多いので、
   コーヒー栽培等の農業開発が進んで嬉しい反面、
   そのために、湖に土壌が流れてしまって。
   アフリカで2番目に大きい”タンガニーカ湖”が、水質汚染のリスクにさらされている、という問題もあるそうです。
   …なぜ、コーヒーの栽培地って、こういうところなんだろう…
   コーヒー業界で買い付ける方の人間は、心しなければいけないなあ と思います。



                       



 ブルンジのコーヒー。
 とてもきれいな味です。アフリカの、新しい、新しいきれいさ。です。
 アフリカならではの力強い酸味とはちょっと違う、フレッシュで人懐っこいさわやかさが、
 ほんのりやさしい甘みの上に、乗っかっている感じ。

   コーヒーの実を丁寧に選別
            (画像はお借りしました)



  ぜひ、味わってみていただきたいです



                           


 


テーマ:コーヒー - ジャンル:グルメ

この珈琲、どんなコーヒー? | 20:20:22 | トラックバック(0) | コメント(0)
マラウィ ムズズ農協 ウシンギニ農園
7月6日は、マラウィの独立記念日!
なので、
今月の月替りコーヒーは、マラウィのコーヒーです・


北海道+九州、くらいの大きさの国、マラウィ。
この国の20%は 湖。
”マラウィ湖”という、大きな大きな湖。
・・・滋賀県のようなイメージを抱いています。
内陸国だけど、これだけ大きな湖があれば、窮屈じゃないかもな、なんて。

今回、当店の月替りコーヒーとしてご紹介しているのは、
このマラウィ湖を見下ろす ムズズcityの北東、約50kmのところにある農場のものです。
農場にはコーヒーだけでなく、トマト・キャベツ・じゃがいもなども育ち、
221個ものはちみつ巣箱があったりします。
園芸や養蜂も兼ねている、のびのび頑張っている農場。
ウシンギニ農園』のコーヒー豆です。

マラウィ ウシンギニ農園 1

マラウィという国は、1907年~1964年までは イギリスの保護領でした。
その頃は、今のマラウィにあたる地域は”ニヤサランド”と呼ばれていました。
マラウィ湖は、又の名を”ニヤサ湖”と言うのだそうです。

ニヤサランド時代の初期は 綿花の栽培・輸出が主だったようです。
しかしその後、その輸出の増減が激しくなったため、茶の輸出への関心が高まりました。
それと同時にコーヒーの大部分は廃棄されてしまい、コーヒーの輸出額は74.8万ポンドから11.3万ポンドまで
落ち込みました。
そんなこともあって、2000年より前は コーヒー産業は政府が監督権を握っていて
コーヒーの品質も生産量も 向上できずにいたのです



   それが規制緩和の後、ぐんぐんグングン成長。
   一気に品質も生産量も上がってきました!


マラウィのコーヒー生産地は、北部と南部に分かれます。
北部は、タンザニアの国境に近い山脈地帯で、 小自作農家による生産。
南部は、プランタイア周辺(ここは茶の生産地でもあります)で、 大自作農家による生産です。

    マラウィウシンギニ農園4
a>


  その中で、特に近年 成長が大きく、生産量を拡大してきている地域が、北部の”ムズズ”。
  2011年に1万6000本を植樹したのち、この2019年~2020年までには60万本を!という目標で
  年に5~15万本ずつ拡大してきているのです。



そして。
今月ご紹介しているマラウィAAAは、このムズズ地域の豆
ムズズコーヒー協同組合の この『ウシンギニ農園』は、なんと希少なあの『ゲイシャ種』もしっかり栽培。
よって、今回のマラウィは、前回の『マラウィ チノンゴ』ではなく、
  実は、
  ウシンギニ農園の ゲイシャ種の AAAランクの豆、なのです!

・・・あまり『ゲイシャ』『ゲイシャ』と最初から言うと、皆さん一時騒ぎ立てられた『パナマゲイシャ』のイメージで
高いんでしょ、だから美味しいんでしょ、高いなら美味しいに決まってる…と思い込んでしまって、
この豆自体を素直に味わえないので、当店では『ゲイシャ種』であることを あまり前面に出さないようにしています(笑)
・・・だって 面白くないんだもん。



アフリカ産のコーヒーにしてはとても上品で、すーっと入ってきます。
香りも気高く、味も明るく、重すぎない、きれいな風味です。
根っこは やんちゃなのに、上品に生きてる、そんな味のコーヒー。

  マラウィAAA.
  どうか 先入観なしで、真っ白で味わってみて下さい。



                                 

    マラウィウシンギニ農園6




テーマ:コーヒー - ジャンル:グルメ

この珈琲、どんなコーヒー? | 19:45:00 | トラックバック(0) | コメント(1)
パナマ・ハートマン、注目のコーヒー!
パナマと言えば、『パナマ”芸者”』っていう 高~いコーヒーがあったよねー、
・・・なんていう人が多いのではないでしょうか。
そうね。高いですね。
それより何より、『芸者』ではなくて、”ゲイシャ種”という、コーヒーの木の種類、であることを
まず理解して下さいね。

            


パナマという国にコーヒーが到着したのは、19世紀の初め。
エチオピアやブラジルなどの、古くからのコーヒー生産地とは違って、
比較的歴史が浅い、新しい生産地です。
一番最初は、西高地の『ボケテ』の地に持ち込まれ、そこの微妙な微気候がコーヒー栽培に最適だということが発覚し、
栽培がはじまりました。
バル火山のおかげで高度が高く、大西洋から来る冷たい風雨が夜間の低温をもたらし、
最高の芳香を持った風味になるのです。



ハートマン農園は、1950年に ラティボール・ハートマン氏が 濃い森の木陰に創業しました。
現在は、その息子・娘5人兄弟が力を合わせて運営している 家族経営農園です。
彼・彼女らは、何よりも、先代が大事にしていた信念”持続可能な農業”を受け継ぎ、頑張っています。

   ハートマン農園のキャビン

  異常気象が続く地球。
  この先もずっとずっと美味しいコーヒーを栽培するにあたり、持続可能な農園であることは
  何よりも重要
なことです。
  環境に影響を受けコンピューター制御の施設でコーヒー栽培をするようになれば、
  どの国のどのコーヒーも特徴や味気のない、つまらないただの飲料になってしまうのですから。



このハートマン農園では、
 アラン氏がコーヒー加工工場の支配人、
 アレクサンダーが農場のフィールドマネージャー、
 アリスが管理マネージャー、
 ケリーは現在 農場の外で働く、
…と手分けして農園を守っています。
農園の土地全体を放牧地にすることなく、エコツーリズム活動に使用することで
農業の持続性プログラムと結合させているわけです。

ですから、この農園内には鳥だけで300種以上、そして他の野生動物も観察することができます。
スミソニアン博物館の研究員が住み込んで観察しているほど、素晴らしい環境を保つ農園なのです。

この農園内で、コーヒーツアー ・ コーヒー教育コースの他、
ハイキング・トレッキングツアー、バードウォッチングツアーなども並行して行っています。

   ハートマン農園バードウォッチングツアー


…行ってみたいですね。
日本って、こういう 環境活動が非常に遅れている国だと思うので。
しっかりと未来の地球環境を意識して生きている土地に訪れて、目を覚まさなければいけないのかもしれません。

  因みに、
  コーヒー教育ツアーでは、
    〇コーヒー植物学
    〇土壌管理
    〇品質管理
    〇マイクロロット収穫
    〇カッピング     …etc
      が学べるそう。

     ハートマン農園カッピング風景  ハートマン農園 コーヒー教育ツアーのカッピング風景



コーヒーツアーには『ゲイシャコーヒーツアー』や『品質管理ツアー』 などがあり、それぞれ
 パナマゲイシャの歴史、産地、木のメンテナンス などの説明を受けながらゲイシャ農園・加工場などを回ったり、
 加工・管理・焙煎などの作業を実際に見て回り、カッピングなどをしたり、
・・・というプログラムが組み込まれているようです。


            



そんな素晴らしい志のコーヒー生産農園のコーヒーの味と言えば、

  やわらかく、尖った刺激が全く無く、
  素晴らしくフレッシュで華やか
  ”酸味”と言ってもすっぱ~い!なんていうものではなく、心地よく健康的なさわやかさ。
  ふわっと漂う自然な香りに、当店のお客様は思わず「何、これ!」とびっくりなさるのです。

焙煎士も私も、思ってもいなかったお客様の嬉しそうな反応に、
とまどっているくらい。

・・・当初仕入れた生豆が足りなくなり、急遽 再び仕入れに入っています。


ぜひ、味わってごらんになりませんか。
ぜひ!


                                 







テーマ:コーヒー - ジャンル:グルメ

この珈琲、どんなコーヒー? | 22:50:00 | トラックバック(0) | コメント(2)
次のページ