■プロフィール

珈琲案内人りん

Author:珈琲案内人りん
珈琲豆屋の”案内人”やってます。
珈琲の味に限らず、珈琲の世界すべてが面白いので、
自分の中で、コーヒーにつながったことなど をつぶやいています。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

ダイヤモンドマウンテン~生かし、生かされるのだ
2014年にスターバックスが1杯2000円で販売して一躍有名になった”ゲイシャ”。
あのコーヒーを生み出したパナマ エスメラルダ農園の一画より、
これまた良い豆が届きました。

”ダイヤモンドマウンテン”。

大きなコーヒー農園は、いくつかの農場で構成されています。
このダイヤモンドマウンテンはその中の1農場で栽培されました。
”ゲイシャ”種ではなく、”カトゥアイ”種です。
いえいえ しかし、ゲイシャに負けない輝きの味です!

酸味が特に素晴らしい豆。
透明ですーっとしていて、口中の香りは甘く甘く甘く…。
口当たりも滑らかで、
・・・ひと仕事終わった時のような気分。
  水彩絵の具でのびのびと背景を塗るような、
きれいなきれいな すわーっとした味です。


                  



このダイヤモンドマウンテンといい、ゲイシャといい、
この農園では なぜこんなに美しい澄んだ味の豆が栽培されるのでしょう?
エスメラルダ農園は、こんな感じです。↓

       エスメラルダ農園のようす

 農園というより、ジャングルみたいですね。
 それもそのはず。
 この農園は、”レインフォレストアライアンス”認証を受けているのです。
 自然環境が豊かなのもわかりますね。


   ・・・え?



 レインフォレストアライアンスって、なんでしょう?
      レインフォレスト認証マーク
   これがレインフォレスト認証マークです。
  どこかで見かけたことがあるかもしれませんね。
  コーヒーをはじめ、紅茶・チョコレート・バナナ・鉛筆などのパッケージに
  このマークがついていたりします。


  

  で、レインフォレストアライアンスとは?




ひと言で言うと、
生物の多様性を維持し、人々の持続可能な生活を確保する』ことを目指す活動 
です。
これの認証を受けるためには、いくつかの条件があります。
それを挙げてもあまり伝わらないので、まとめた この”ひと言”を、考えてみましょう。



  『生物の多様性』というのは、


  生き物たちの豊かな個性とつながり のことです。

  地球上の生命というのは、人も含まれるし、トラもパンダも、
  イネも、ムギも、
  大腸菌まで含まれます。
  どの生命も、ただ一種だけでは生きていけません。
  多くの生命は、他の生き物と関わりながらやっと生きているのです。
  しかも、その地球上のあらゆる生物は、人間のためだけに存在しているわけではありません。



     コーヒーを栽培するって、コーヒーを栽培すればいいわけではないのです。
     コーヒーを栽培するって、コーヒーだけで勝手に育ち できあがるわけではないのです。
  

  

   『持続可能な生活』というのは?


   最近、”サスティナブル”という言葉をよく耳にします。
   サスティナブルsustinableとは、
   特に環境破壊をせずに維持・生活できる生活 のことです。
   上記の”生物多様性の維持”と繋がっていますね。
  
   そう言えば、日本でも『ロハス』という言葉が広まってきています。
   ロハス(Lifestyle of Health and Sustinability)。
   ”健康的で環境にいい、持続可能なライフスタイル”。
   ・・・無理をせず続けていけることが大切です。


  地球温暖化が関心を呼び、世界中で取り組みが始まっています。
  2050年には、世界の人口が90億人になると言われていますが、その世界中の人々が
  地球の限りある資源を上手く循環させながら 生活の質を維持・向上させる社会を、実現しなければなりません。
  そのために今できることは何か。
  交通、建築材料、水、ゴミ、土地利用、エネルギー・・・
  様々な環境負荷を減らしていかなければいけないのです。


  貧困問題をなくす など、人権の保障ももちろん課題です。
  格差・貧困問題があると、生活の質は向上どころか維持もできません。
  だから、すべての人々の健康的な生活を確保し、福祉を推進する必要もあるのです。
 

    今だけ自分だけ充たされて わーい、なんてこと、ダメです。ダメ。
    この先もずっとずっと、生き物みんなが平等に快適に生きられるように、
    循環させなければいけません。
 

 
        コーヒーを栽培するって、コーヒーを栽培すればいいわけではないのです。
       コーヒーを栽培するって、コーヒーだけで勝手に育ち できあがるわけではないのです。

       自然環境の中で微生物等の力を借り、人の手を借り、できあがっているのです。
       これを絶やさせてはいけないのです。ずっとずっとこの先も、珈琲は世の人々のところに・・・。



                          



レインフォレストアライアンス認証を受けているということは、
これらの大きな視点でコーヒー栽培をしていることを証明するものです。

素晴らしい素晴らしいこと!の実践です。
素晴らしい素晴らしい認証です!


 

前述した”パナマゲイシャ”もそうですが、
”ダイヤモンドマウンテン”も、そんな農園の一画で栽培されました。
名前の輝かしさや知名度への興味からでも構いません、味わってみて下さい。



よかったら、『レインフォレストアライアンス認証』ということを、
心のどこかにポッとちらつかせてね





                                  









テーマ:コーヒー - ジャンル:グルメ

この珈琲、どんなコーヒー? | 00:00:00 | トラックバック(0) | コメント(5)
珈琲、お米、ほっこり温泉~エルサルバドル(温泉珈琲)
エルサルバドルという国には、20以上の火山があるそうです。
火山大国なのですね。
(ちなみに日本には世界の活火山の7%、108もあるそうなのですが。)
北部の方にある ”サンタ・アナ火山” や ”イサルコ火山” が有名です。

サンタ・アナ火山
       サンタ・アナ火山



イサルコ火山
      イサルコ火山


コーヒーはほぼ、火山の山腹で栽培されています。



                 



2月の月替りコーヒーは、そのエルサルバドルの・・・
面白いコーヒーです。
コーヒーの実からコーヒー生豆をとり出す『精製処理』の過程で、温泉水を使用しているのです!

火山の山腹、肥沃な土地で育ち、収穫されたコーヒー。
コーヒーの精製方法のひとつ・・・コーヒーの実を、水に浸けてやわらかくし 取り除く のが”水洗式処理”ですが、

このコーヒーは ”温泉水を冷ましたもの” に浸けて洗って、処理しているのだとか。

火山が多いため、天然温泉や間欠泉がたくさんあり、
その水を利用するのですね。
環境に優しい方法です




   温泉水はミネラルが豊富。
   そのミネラル成分が、コーヒー生豆の成分に働きかけて、
   苦味や酸味をまろやかにしてくれるのだそうです。
   確かにこの”温泉珈琲”、
   当店に常時置いてある サワっとしたエルサルバドルと違って、
   まるっと トロッと している感じがします。


                 



コーヒー豆の精製に温泉水使うなんて、へぇぇ…と思っていたら、
同じ日本の中で似たようなこと(意味は全然違うけど)が行われているのを知りました!


      湯田川温泉、種籾の芽出し


    お米づくり!
    種籾を、温泉水に浸けているのです。
    これは 山形鶴岡 の 湯田川温泉。
    種籾を温泉水に浸けることで、バラツキのない芽出しができるのだとか?!
         ➟庄内日報より





            





・・・。ところで、温泉珈琲。
温泉成分の何がどう作用してこうなるのだろう、と気になります。
一説には、ミネラル成分のうち”臭化カリウム”が
コーヒーに甘味を加える
のだとか。


  でも、・・・もともと臭化カリウム自体は 苦味のもとなのです。
  薬などに使用される成分らしいのです。
  水に溶かすと、濃ければ苦味、薄ければ甘味を感じるものらしい。
  ・・・ミネラル中の臭化カリウムは微量のものだから、甘く感じるのかな。


  それとも、種籾を温泉水に浸けて発芽させるように、
  コーヒー生豆も温泉水に浸けることで目が覚め、
  発芽しよう!と栄養分が濃くなったり、
  酵素が活性化して糖類を分解したりして、
  ・・・それが甘く感じるのかな。


理屈が分からないので、『臭化カリウム説』の真偽は私には分かりません。
でも、日本でも似たような作業が行われていることが嬉しい。
お米とコーヒー生豆の、ほっこり温泉。


とろん、と まろやかです。
温泉でほわんとなった エルサルバドル、

心からあたためてくれると思いますよ。



                 焙煎珈房NONAKA



                                  



テーマ:コーヒー - ジャンル:グルメ

この珈琲、どんなコーヒー? | 19:30:00 | トラックバック(0) | コメント(4)
世界遺産 ガラパゴス。の、コーヒー
「が ら ぱ ご す」という音の響きは、コーヒーの味を想像させます。
きっとガサついた、飲みにくいコーヒーなんだろうな、と。

ガラパゴス諸島のサンタクルス島の豆が12月の月替りコーヒーです。
生豆の袋には、イグアナの影が。

        ガラパゴス生豆の袋

しかしこれがきれいな味です。
透明です。
浄水器を通したみたいなんです。びっくりです。


                       



ガラパゴス諸島は、エクアドル国に属していますが、海にぽつんと隔絶されています。

ガラパゴス諸島


  ”ガラパゴス”とは、”ゾウガメたちの島”という意味なんだそうです。


隔絶されているために、この島々の生物はここで生きるために独自の進化をしてきました。
陸続きでなかったので、空を飛べるか泳げるか、どちらかの生物以外はこの島々にたどり着けなかったとか。
鳥類や爬虫類の一部。
足だけ青い鳥、イグアナやゾウガメなど、珍しい生物が生きています。
なるほど ”ゾウガメたちの島”です。

アオアシカツオドリ アオアシカツオドリ
Wikipediaより


        アメリカグンカンドリ アメリカグンカンドリ
        Wikipediaより



ガラパゴスウミイグアナ ガラパゴスウミイグアナ
アニマルオタネットより



        ガラパゴスゾウガメ ガラパゴスゾウガメ
        4travel.jpより



島のすべてが、世界遺産(自然遺産)に登録されています。
こういう珍しい島ですから、何よりも自然を大事にしますよね。
農薬 や 化学肥料 の持ち込みは、法律で禁止されているんだとか。

   ちなみに日本における自然遺産は4ヶ所。

   知床、白神山地、屋久島、小笠原諸島。

   小笠原諸島は、『東洋のガラパゴス』と言われています。
   日本の自然遺産の地を思うと、ガラパゴス諸島がどれほど美しい島か 想像できますね。


                


ガラパゴス諸島の中で、サンタクルス島は東の方にあります。
そこで生育したコーヒーです、
もちろん 無農薬 有機栽培 ですね。
このクリーンな味は、キレイな空気を表しているのでしょうか。

オーガニック…無農薬有機 は、近年注目されていますね。
皆さん安全・安心を求めて購入なさるのでしょうか、
オーガニックでもそうでなくても、味の違いはほとんど分かりません。
・・・ということは、
オーガニックものは、化学薬品の力を借りずに ストイックに生きながら、
すごく一生懸命パワーを発しているのだな、と思うのです。


そして、それを支える人々の大きなパワーも、感じるのです!


12月。
こんなきれいな澄んだ味のコーヒーで 一年のザワザワを浄化して、
こんな力強いパワーを秘めたコーヒーで充電して、
新年に向かいませんか。。。





テーマ:コーヒー - ジャンル:グルメ

この珈琲、どんなコーヒー? | 20:21:27 | トラックバック(0) | コメント(5)
ジンバブエ クレイクバレー農園、果たしてどう飲むか?
ジャカランタ

何の花でしょう?
世界三大花木のひとつ、ジャカランタ という花です。
日本にとっての 桜 的な存在なのだそう。

9~10月にかけて、この花が、ジンバブエという国を飾るのですって。
(実はこの愛媛松山でも 見られるところがあるらしいんですけど。)
へぇ…アフリカの桜、って、イメージが…


                        


ジンバブエは、最貧国。
…そんな噂をよく聞くのですが、実際はそんなことないようです。
(栄養障害のある人と、栄養過多で肥満の人と、両方がいるらしい。)
コーヒーを飲む習慣もないようで、
多くの人が紅茶にたっぷり砂糖を入れて飲んでいます。

・・・ジンバブエのコーヒー…
あんまり聞かないな、果して美味しいのか?と思っちゃいますよね。
もともとはアフリカトップの生産を誇っていたらしいのですが、
国情が悪化して、生産崩壊してしまったのです。
今では、ジンバブエのコーヒー農家は僅か。



  でもこのコーヒー。飲んでみると面白いんです。
  面白いんです!
  アフリカなので もっとたくましく、酸味もキューっと来るのかと思いきや、
  意外に『存在感!』という感じがないのです。
  💦いえ、ユニークな味であることは間違いないのですが、
  主張のしかたが、他のコーヒーたちと違って、
  えらく 飄々と しているんですね。

  ジャカランタ といい、コーヒー といい、
  ジンバブエ、びっくりさせてくれます。




                       




昔、コーヒーというのは、現代のように洗練されていなくて、
「コーヒー」とか「ホット」とか言うと 濃いーいコーヒーが出てきました。
昔のコーヒーは美味かった」とか言うけれど、
本当のところは、昔 国外から入ってくるコーヒー豆たちの中には品質が良くないものも多くあり、
真っ黒に近い焙煎をすることでごまかしていたところもあるくらいです。
そして昔は 薄い色のコーヒーは「アメリカン」なんて言われていたけれど、
今、浅煎りのコーヒーを堂々と販売できるところは、
豆の質が良く、焙煎士の技術が高いことの証明
です。




   それでも、
   『珈琲を飲む』ということ自体が重要なことでした。
   そのコーヒーが”良か”ろうが”悪か”ろうが、珈琲の存在が意味を持ってた
   今では冷静に”美味しいコーヒーとは”なんて考えたりなんかしますが、
   昔はそんなことはどうでもよくて、
   あの苦味が新鮮で、オトナで…
   珈琲は一部の人々にとって、カッコよくて夢中になってしまうものだったのでしょう。


   それでいいのです。
   今の時代、日本には本当にいいコーヒー生豆が入ってくるようになりました。
   缶コーヒー業界も『100%アラビカ種使用!』なんてことを記していますね。
   そりゃそうでしょ。
   『ロブスタ種』が多かった昔と違って、
   今では日本に入ってくる豆の多くは『アラビカ種』になっています。



                 それでも、

 

        ロブスタが悪くてアラビカがいい、なんて、誰が決めた?



   昔のコーヒーの味が好き、ならそれでいいのです。
   
   味と品種は関係ありません(質の悪さは関係します。)。
   
   美味しいか美味しくないかは、自分の味覚が決めるのです。

   人が決めることではない。評判に乗っからなくたっていい。



                       



この”ジンバブエ クレイクバレー”。
濃くも重くもない、品質もいい、
でもある意味、”昔のコーヒー”です。
決してキレイな味ではないのです、だけど、印象が異様に強い


  最初から「好き」とは思わなかった、けど、
  最初飲んで何となく忘れられず、
  次回また飲みなおして、
  なんかいつの間にかなんとなく好きになってた…
  …っていう感じになる人、多いかも。



どこがいいのか、説明はできない。
でも、心に残ってしまうコーヒーです。
当店で試飲する皆さん、みんな、ことばにできていません(笑)
挑戦しがいがありますよ




                                  







テーマ:コーヒー - ジャンル:グルメ

この珈琲、どんなコーヒー? | 21:03:29 | トラックバック(0) | コメント(2)
エルサルバドル ハニー~コーヒーの基礎知識
さて、素直な味でお馴染みの エルサルバドル です。

通常、NONAKAに置いてあるサルバドルは、もう少し深煎りです。
少しすっきり苦味で、シンプル優しく感じます。

今回月替りに登場した”エルサルバドル ハニー ミディアムロースト”。
なんと長い名前がついています。
この、エルサルバドルハニー、通常のよりも 少しだけ浅煎り(ミディアムロースト)。
それできれーーーいな甘酸っぱさを楽しめます。
冷めてくるとなんだか甘みが出てくるのです。



さてこの長い名前の中で、今回注目するのは、『ハニー』という語です。
正式には、『ハニープロセス』です。
コーヒーの実を摘み取った後、中の種子(コーヒー豆)を取り出すまでの
精製方法
が、ちょっと珍しい『ハニープロセス』と呼ばれる方法なのです。


     分かります?


コーヒーというのは、もともと ”コーヒーノキ” という植物です。
コーヒーノキ でできる実が、コーヒーの実 です。
摘み取ってもそのままでは焙煎できません
サクランボみたいなものなので、実をこそげ取らなければ コーヒーの生豆 は出てこないわけです。


      コーヒーチェリー構造
                            apexさんのHPより

     
(コーヒーの実って、甘いんですよ!)

で、
そのこそげ取る方法が、ざっくり大きく分けると、2種類あります。

    
    一つは 実を水槽で水に浸けて、ふやけさせて洗い落とし、
        その後 乾燥させて脱穀、という方法(水洗式)。
    一つは 実のまま乾燥させてしまって、脱穀する方法(非水洗式)。

     とってもとっても簡単に図にすると、このようになります。
             ↓
     コーヒー精製法
        水洗式          非水洗式




だいたいこの2種類なのですが、
なんでも長所・短所がありますね、問題は色々あります。
そして何より、
この処理方法は 味 に大きく影響します。
   
   水洗式は ― キレイで澄んだ味で、でも、ちょっと個性が薄い。
   非水洗式は ― 力強く個性が出て、でも、ちょっと雑。




このハニープロセス という方法は、この2つの中間の方法と言えます。
 
 上の、コーヒーチェリーの構造の図を見ながら、想像してみてください。

   『ハニープロセス』(=パルプトナチュラル 又は 半水洗式、とも言う)の工程では、
    貯水槽に浸けません
    そのまま果肉除去に入ります。
    ですが、その時、果肉の内側 で 種の外側 の、 
    ミューシレージと呼ばれるペクチン層は残して、ヌルヌル状態にします。
    ヌルヌル状態を洗い流さず、そのまま乾燥させるのです。
    それから、脱穀。


よく言うでしょ。
果物も野菜も、実と皮の間が一番おいしいんだ、とか、栄養が含まれている、とか。
それです。
その重要な部分をしっかり残して、乾燥に入るのです。

すると、その部分に含まれる美味しい成分はしっかり吸収され
脱穀された豆は、素晴らしい風味になるのです。


  はい、もう一度おさらい
 
 
 水洗式―せっかくのおいしい部分を水で洗い流してしまうので、
       キレイな味だけどキレイすぎておもしろくない。
 非水洗式―実のまま乾燥させるとちょっとクセが強くなりすぎることも。  
        雑な仕上がりになる。


 そこで注目されているのが、この 半水洗式(=ハニー)なのです。



                  


コーヒーにも流行があります。
にが~い”真っ黒の水”みたいなのがおいしいとされていた昔。
アメリカンコーヒーの時代。
シアトルあたりじゃ「カフェ・ラ・テ」とか、エスプレッソやカプチーノ、の時代。
そしてカフェブーム、『スペシャリティコーヒー』、
『コーヒー男子』だかなんだか?

少し前まで、水洗式のクリーンな味がよしとされていたのですが、
あまりにキレイすぎて、少しつまらなくなってきた
そこでまた、非水洗式のガジャガジャした味が「ユニークじゃないか!」と
見直されてきた
のです。
そんな訳で、完全に水洗いしてしまわない半水洗式の
ハニープロセス(=パルプドナチュラル)も注目され始めました。
 

それに加えて。
 

水洗式は、精製度が高く、豆の価値も高まるのですが、
大量の廃液が出るので、環境にはあまりよくありません。
特に、環境王国のコスタリカでは、もっとエコな精製法をしよう!と、
地球に優しいこの半水洗(=ハニー)を行うことが多いそうですよ。



                  



そんなこんなの”エルサルバドル ハニー ミディアムロースト”。
この甘みやいい感じの酸味を出すには、
焙煎がちょっと変わると×××!
ベストな瞬間をとらえたコーヒー、


     お試し下さいね。





                                  





テーマ:コーヒー - ジャンル:グルメ

ストレートコーヒー | 19:18:07 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad