■プロフィール

珈琲案内人りん

Author:珈琲案内人りん
珈琲豆屋の”案内人”やってます。
珈琲の味に限らず、珈琲の世界すべてが面白いので、
自分の中で、コーヒーにつながったことなど をつぶやいています。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

抵抗を感じながら楽しむ、ということ
  「最近は、なかなか・・・マニュアル車に乗れなくて。
  レンタカーなんかも、オートマばっかりで。」

試飲をしていただきながらお話していると、
お客様が、ぽつり と おっしゃいました。

車がお好きなのだそうです。
と言っても、『メカをいじる』ことではなく、車に乗ることがお好きだ、と。


   「オートマ車は、どんな時も どんな道も、勝手にちょうどよく走ってくれるので、
    自分で動かしている感じがないんですよね。
    例えば、わざと低速にして体で抵抗を感じながら
     エンジン音を楽しみたい時なんかもあるわけです」



私はあまり車に興味がないので考えたこともなかったのですが、
そのお話には なるほど・・・と思いました。


写真、も、そうかもしれません。
今のカメラって、えっ?そんなことできるの?ってびっくりするほど多機能。
でも、「趣味は写真」とひと言で言っても その意味はいろいろあって、
オートフォーカスだとか、撮影後に編集可能とか、
そんなのつまらない!と思う人たちがいるのではないでしょうか。


  全体に、世の中そういう風に動いていますよね。
  キレイに整っているのだけれど、
  なんというか、ツルツル。
  便利な方に便利な方に、流れていきます。

      うちわよりもエアコン。
      ほうきよりも掃除機。
      鍬よりもトラクター。
      レコードよりもデジタルオーディオプレイヤー。
      包丁よりもフードカッター。
      手書き手紙よりも電子メール。
      辞書よりも検索。


なんだか、”車”というのが 
楽しむものではなくて ただの『移動のための道具』になってしまっている気がします

ちょっと寂しいものがありますね、と話しました。


                  



そう言えば私も、そういうところがあります。
「パンが好き」なのですが、
パンを作る時は、フードプロセッサーやホームベーカリーはとんでもなくて、
ゼッタイ手で捏ねます。
あの、生地のいきいきとした粘りや弾力を、感じたいので。
パンを仕上げること」が目的ではなくて、
パンを作ること」が目的、とでも言いましょうか。



   何もかもが 簡単・便利・早く・キレイ を追求している世の中。
   
   コーヒーを楽しむためにも、いつか、人は必要なくなるのでしょうか。
   コーヒーマシーンが部屋の片隅に置かれ、
   いつでも簡単に、適当な味のコーヒーが飲めるようになるのでしょう。
   焙煎も、コンピューター制御で、生豆を入れたら勝手に煎り上がるようになるのでしょう。
    ・・・オシャレでスマートな暮らしですね。



      ・・・オシャレでスマート・・・。
 
  


                 



   

   今の世の中で、みんな、
   『楽しみ』って、どこに見出しているのだろう。


   便利になることで、失ってしまうものがある。
   失ったものは、とんでもなく大きいのではないだろうか。


           コンピューター制御コーヒーマシン
           コンピューター制御コーヒーマシン   日経BPのホームページより






テーマ:つぶやき - ジャンル:日記

りんのひとりごと | 20:30:55 | トラックバック(0) | コメント(6)
わきまえる、リキちゃんも、コーヒーも
今年もお盆に、お坊さんに来ていただきました。
子供の頃は、お経の抑揚がメロディがついているように聞こえて、
可笑しくて、笑いをこらえるのに必死だったのですが、
今ではその時間は とても静かで落ち着くいい時間 と感じられるようになりました。


法要の後、お坊さんが面白いことをお話して下さいました。


                



そのお寺さんでは、犬を飼っています。
大きな秋田犬、リキちゃんです。
お墓参りに行くと、帰りに、私はいつもぐちゃぐちゃになってリキちゃんと遊びます。


そのリキちゃん。
ちゃんと、しっかり、番犬の役割もしています。
でも、黒い服を着た人に対しては、絶対吠えないのだそうです。
お寺さんの犬・・・。
黒は悲しみの色、と認識しているのですね。

もともと心優しい犬で、
猫やカラスなどが自分のエサを食べに来ても怒らず、見て見ぬふりをしているのだとか。
・・・さすが、仏の心ですね。


  リキちゃんはどうやって自分がお寺の犬だと認識したのだろう。
  秋田県から飛行機で愛媛県まで送られてきた子犬の頃は、
  そんなこと知りもしなかったのです。


     うちに来る人たちはなんか違う、
     ただ訪ねてきているのではないらしい、
     何か意味があって来ているようだ、
     ああ 自分はお寺の犬なんだ、
     悲しみの人に対して、それ以上 負の感情を起こさせてはいけないんだ、・・・


リキちゃんは、
人を観る目を養い、わきまえをもって、
”お寺の犬”という人生(?)を生きているのです。





  人間でもそれができない人、たくさん居るのにな。
  わきまえのない人。
  言っていいかいけないか、
  その相手によって、
  その内容によって、
  その場によって、
   ・・・ということを判断できない、
  もっとすごいのは、
わきまえなきゃいけない という考えのない人。

リキちゃんに、負けてる(笑)


      リキちゃん
                 リキちゃん。



                      



私はコーヒー豆屋なので、
自分の店のコーヒー豆たちがお客様に購入された後、
どんな風に自分を発揮しているか を気にしてしまいます。

一番気になるのは、コーヒーたちが場をわきまえているかどうか、ということ。

誰もが経験していると思うけれど、コーヒーの風味って、飲む状況によって感じ方が変化します。
  朝起きてすぐなのか。
  おやつの時なのか。
  食後か。
  一日が終わって、落ち着いて一杯なのか。
また、
  コーヒーだけを味わっているのか。
  何かの食べものと一緒に飲んでいるのか。
  
  仕事しながら?
  読書しながら?


コーヒーだけをゆっくり味わっている場合は、
コーヒーたちに しっかり自分を発揮してほしい。
でも、何かのそばにあるのなら、
その”何か”を邪魔しないように、出過ぎないように、
存在してほしい と思うのです。

 「美味しいんだけど、『俺が俺が』状態にならないでほしい」のです。



・・・そして、どうだろう、
人を観ているかな。
うちの店から巣立って行ったコーヒーたち、




ちゃんと心から淹れてくれる人には、美味しく応えてあげているでしょうか。
いいかげんに淹れる人には、
「そんなんじゃイヤだもん」と いい味を出さずに戒めてあげているでしょうか。
















テーマ:コーヒー - ジャンル:グルメ

りんのひとりごと | 19:00:00 | トラックバック(0) | コメント(3)
冷やしラーメンより あったかいラーメン
夏になると、いつも考え込んでしまいます。
あたたかいものよりも 冷たいものが欲しいと思うこの季節、
おでんやさんやお鍋料理のお店、悩むだろうなあと思います。
ラーメン店なら、冷麺や、いまどきなら「冷やしラーメン」などで乗り越えるのでしょうか。


コーヒーというのも、ホットドリンクなので 寒い季節の方が味わってもらいやすいのです。
ホットで召し上がる方は、ほとんどの方がコーヒーをコーヒーのまま味わって下さいますが、
アイスコーヒーというのは味よりも”冷たさ”や”のど越し”を求められがちです。



そして。
スターバックスに代表されるように、
アイスクリームや生クリーム、フレーバーシロップ、などで”アレンジコーヒー”に使われてしまうんですね。


             



近年、すごい勢いでカフェが増えています。
愛媛の、ある情報誌も最新号がカフェの特集でした。
OPENまたはリニューアルオープンのお店の特集です。


この、世の中の流れを、とても複雑な気持ちで見ています。
昔の喫茶店とは異なる業態。
 いつ行っても同じものがあって安心、なのではなく、
 いつ行っても変化していて飽きない、といった感じ。
きっと時代がそれを求めているのでしょう。
常に新しいもの、新しいもの。




  人間って、勝手です。
  飽きてしまう。
  飽きてしまう。
  あんなに好きで夢中になった時もあったのに。
  飽きてしまう。


情報が瞬く間に流れ込んでくるようになった現代、
少し前の情報にはもう、新鮮さはないのでしょう。

『あ、それ知ってる、だからもういい。次の新しいことが知りたい。』

・・・か・・・。


 カフェを経営している方々は大変だと思います。
 常に新しいものを考えていなければいけないし、
 素敵に見せるように アレンジのセンスが必要だから。



でも、どうなんだろう。
実はみんな、土台の好みは変わらないんですよね。
帰る家があるから、旅を楽しめるんだと思うのです。



 行ってきます、 でいろいろ楽しんで、
 ただいま、 と帰って来てもらえる、
 家のような珈琲店でありたい、と


基本的に変わらない好みや性質を、
しっかり受け止める、
そんな珈琲店でありたいな、



動揺せずに どっしりと構えていたい。



雑誌の表紙の 新しいカフェ続々OPEN!を眺めながら、
そんなことをしみじみ思うのでした。




テーマ:つぶやき - ジャンル:日記

りんのひとりごと | 19:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
読書は必要?
ある日の朝日新聞に、こんな投稿がありました。
21歳の大学生の投稿です。

  『”大学生の読書時間が減っている” という記事に、懸念や疑問の声が上がっている。
   しかし私は、読書は役には立つかもしれないが、読まなくても生きていくうえで問題はないと思う。
   それよりアルバイトや大学の勉強の方が必要と感じられる。
   読書は楽器やスポーツと同じように趣味の範囲であり、読んでも読まなくてもいいのではないか?』

・・・こんなような趣旨です。

           本を読む


これに対し、歌人の 穂村弘 さんが答えた記事が、後日掲載されました。
こんなような答えでした。



『確かに、楽器がなくてもスポーツがなくても、そして読書がなくても生きてゆくことはできる。
 その意味では趣味の範囲と云えそうです。
 
 でも、それだから読書はしなくてもいいのではないか、と問われると、賛成することには不安と躊躇いを覚えます、
 読書という行為は、ことばと密接に関わっているからです。


 読書 は趣味の範囲であっても、ことば はそうとは言い切れません。
 ことばは コミュニケーションに必要なだけではありません。
 誰にも会わず一言も話さない日でも、私たちは心の中で無意識に言葉を使っています。
 それなくして生きることはできない、と思えるほどに。


 私たちが一つの共通の世界に生きているというのは実は錯覚で、
 本当は一人一人の内なる世界像を生きているに過ぎないんじゃないか。そして、
 言葉はそのことに深く関わっているらしい。
 人間は 言葉の介在無しに 世界そのものを直に生きることはできないんじゃないか?


   エスカレーターで足音高い女性の歩き方にイライラしていたら、或る時知人に
   「サンダルの構造上ああなっちゃう、カスタネットガールという種族なんです」と教えられ、
   その後はそういう人たちに会っても「あ、カスタネットガール」とむしろ面白く感じるようになりました。
   ひとつの言葉を知ったことによって、私の世界像が変化したのです。
 

 このように、必ずしも読書という行為だけが内なる言葉を養うわけではない。
 でも、本が言葉の、すなわち”他者の世界像”の塊であることもまた確かです。
 私が読書に特別な意味を見出したくなるのはそのためではないか、と考えました。』


                      



この穂村さんの記事を読んだ時、心がすごく充たされました。


 私たちは心の中で無意識に言葉を使っています、それなくして生きることはできない、と思えるほどに。


・・・そうなんですよね・・・。




外界からの刺激を受け取った時、簡単にことばに置き換えられるものと簡単ではないものとがあるように思います。
たとえば、よく言われるのですが、”味”を言葉で表現するのは難しい。
コーヒーもそうです。どんな味?って言葉にするのは簡単ではない。

でも、本当は皆さん感じ取っているのです。言葉に置き換えられないだけです。
明確に置き換えなくていいと思うんです。
「なんとなくこんな感じ」でいいと思います。
でも、何かの言葉に置き換えてみると楽しみは広がります。



   私は、読書をするとき 必要になるのは、想像力ではないか?と思っています。
   言葉を受け取り、その状況を心の中で想像したり映像化したりする、
   その豊かさによって、人によって読書というものの深みが異なるのでは?
   まず、受け取る力がなくてはいけないのかもしれません。
   読書は、受け取る力、想像する力 を豊かにしてくれる。
   受けとった言葉をイメージに置き換えたり、イメージしたものをことばに置き換えたり という、
   その訓練をしてくれる。
   ・・・のではないかな、と思うのです。



ああ。そして、
こころにことばが浮かばなかったら、苦しい。
イメージだけが、概念だけがふくらんで、胸を掻きむしりたくなります。
概念と言葉が結びついていない赤ちゃんの頃、
私はどうやって生きていたのだろう、
ことばという便利なものを知ってしまった今では、
・・・もうあの頃にもどることなんて、できない。







テーマ:つぶやき - ジャンル:日記

りんのひとりごと | 20:00:00 | トラックバック(0) | コメント(4)
そうなんですか?
先日、お客様に言われた ひとこと。



   「女子でランチしたことない人、初めて見たぁー!」



   ・・・。ふーん・・・。



          ランチってこんなのかい?
           
  
         


   








テーマ:つぶやき - ジャンル:日記

りんのひとりごと | 19:00:00 | トラックバック(0) | コメント(4)
次のページ

FC2Ad