■プロフィール

珈琲案内人りん

Author:珈琲案内人りん
珈琲豆屋の”案内人”やってます。
珈琲の味に限らず、珈琲の世界すべてが面白いので、
自分の中で、コーヒーにつながったことなど をつぶやいています。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

不思議がいっぱいのモカ その2
      モカ・イルガチェフ!
さて。
前回に引き続き、モカの不思議 についてです。
3つ目の疑問を考えましょう。

〇モカの この味って、酸味だったの?

「酸味が苦手です。よく飲む好きなコーヒーは、モカです。」
とおっしゃる方のなんと多いことか!
つまり、どういう風味を”酸味”と呼ぶのか よく分からないまま、
『酸味は苦手』と思っているのですね。

  酸味にもいろいろな酸味があるのですよ。
  一つじゃないんですよ。
  分かりにくいですね。
  コーヒーの酸味って、一体何がいいというの?


                 


      そこで、こんなのどうでしょう?

      コーヒーの風味を人間に置き換えると、

        苦味=真面目さ
        渋味=気難しさ
        酸味=ユーモア
に当てはまると思うのです。


想像できるでしょうか。
例えば、

  苦味=真面目さ?


真面目にもいろいろありますね。
どんな真面目さが好きで、どんな真面目さは苦手ですか?
  
  深く誠実な人。

  尖っているほど細かい真面目さん。

  柔らかく真面目で信じられる人。

  頭の固い、変なところに真面目な人…。

「いつも真剣さのない”不真面目”な人は嫌だな、と思うけれど、
尖っているほどの真面目は疲れるな」
などと、思うでしょう。
人によっては、とにかくどんな時も真面目な人がいい!とか、
真面目な人はおもしろみがないから、付き合いたくない!なんてこともあるでしょう。


コーヒーの苦味は、『真面目さ』に当てはまるように思うのです。
  
  深くしっとり続く苦み。
 
  ピーンと強い苦み。
  
  包むようなまろやかな苦み。
  
  ガツンと殴るような苦み。

上記の、『真面目さ』に当てはめてみて下さい。
何となく分かる感じがしませんか?


・・・と、そんな感じで”酸味”をとらえてみましょう。


”酸味”は 『ユーモア』 『ユニークさ』 に当てはまると思います。


  明るく清潔で健全なユーモア。
  
  ニヤリとするようなブラックなユーモア。

  下品で、聞いていられないようなユーモア。

  いわゆる「おやじギャグ」的な、相手が苦笑するようなユーモア。

  品があって慎ましいユーモア。

       ・・・などなど・・・。


これを酸味に言い換えてみましょうか。

  しゅわーっとした 爽やかな酸味。

  苦みの陰でいい味出して、味を深めている酸味。

  匂っただけでウエッとなりそうな、いわゆる『酸っぱさ』。

  『その地域の人には欠かせない昔からの料理』のような、
   合う人にだけ合う 不思議感覚的な酸味。

  柔らかく優しく、じゃまをしない酸味。



「酸味が苦手です」
と言われる方のほとんどが「苦手」としているのは、
時間がたって酸化した、不快な『酸っぱさ』です。
苦味と絡み合ってじゅわーんと、頬の下あたりを刺激する。
ウエッとなる…いやぁな感じ。
下品で、聞いていられないようなユーモアと同じですね。


                


では。
なぜ、モカの酸味は受け入れられるのか?の話でした。
この”モカ”というコーヒーが持っている”ユーモア”って、例えればどんな感じか、と言うと、

…上記のどれでもなく、 ”天然のユーモラスさ” です。


つまり、ユーモアをねらっていないのですね。
別におもしろいこと言ってないのに なんだかおもしろい人』って、いるでしょう?
そういうタイプのユーモアを醸し出しているのです。
存在しているだけで勝手にユーモラス。

だから、多くの人に さりげなく受け入れられるのですね。
嫌味がないでしょう?
そうなんですよ、・・・これが、 モカの酸味なんです。



             



こうやって置き換えて考えてみると、コーヒーももっとおもしろいものになります。

もっともっと 楽しめるコーヒーの幅が広がるかもしれません。

美味しいおいしくないだけでなく、
楽しいものとして。





テーマ:コーヒー - ジャンル:グルメ

この珈琲、どんなコーヒー? | 20:00:00 | トラックバック(0) | コメント(2)
不思議がいっぱいのモカ その1
今月の月替りコーヒーは、みなさん待ち焦がれていた ”モカ・イルガチェフ” です。
店には、通常も ”エチオピア・モカ・シダモ” と ”イエメン・モカ・マタリ” を置いてはいるのですが、
イルガチェフには魅入られているお客様は、これらの豆ではダメなのですね。

 何が違うのでしょう?
 同じ ”モカ” なのにね。

前のイルガチェフの記事でも書きましたが、
『イルガチェフ』というのは、シダモ地方の中にある地区の名前です。
つまりは、イルガチェフも ”エチオピア・モカ・シダモ” なのです。
(ただ、当店の場合はそれぞれ生豆の精製処理方法が異なるので
風味が違うのですが。)


                    
考えてみれば、『モカ』って不思議がいっぱいのコーヒーです。
例えば、
  〇モカって、つまり、どこの国の豆なのか?
  〇モカモカって言うけど、どれだけ種類があるのか?
  〇「酸味が苦手なんだけどモカは好き」。えっ?モカの この風味って、酸味だったの?
             ・
             ・
             ・

・・・では、一つづつ解決していきましょう。


          
                   



〇”モカ”はどこの国の豆か?

多くのコーヒー(ブラジル・グァテマラなど)は、国名がコーヒー名として知られています。
しかしこの”モカ”というのは国名ではありませんね

結論から言うと、昔から輸出していた”出荷港”の名前です。
そして、ここから出荷する豆は2つの国で生産されています。

  アラビアの方。”イエメン”と、
  アフリカの”エチオピア”です。

     イエメンとエチオピア、モカ港

イエメンとエチオピアは、紅海をはさんで向かい合っています。
当初はイエメンの山岳地帯で生産されていたものだけを輸出していましたが、
あまりに人気が出て需要が供給を上回るようになり、対岸のエチオピアでも生産するようになったのだとか。
エチオピアで栽培し、対岸に渡り、モカ港から輸出。
・・・というわけで、”モカ”はイエメンの豆とエチオピアの豆とがあります。

あ。ちなみに、現在はこの『モカ港』は使われていません。
モカ港閉港後は、南岸のアデンや西岸のホデイダから出荷されているようです。



次、行きましょう。
〇”モカ”にはどれだけ種類があるのか?

これは、モカに限ったことではないですね。
ブラジルでもコロンビアでも、今ではたくさん種類があって、わけが分からないと思います。
どの国にも いろんな産地、農園があって、その名前がくっついているだけです。
モカも同じ。
昔は”モカ”と言えば1種類だったのが、今は産地名がくっついて販売されていることが多いため 難しく感じるのだと思います。

ざっと紹介すると、
 イエメンのモカ ― マタリ、シャーキ、サナニ、ホデイダ など。
         生産量はマタリが一番少ないのですが、出回っているのはほとんど マタリ です。
         さらにマタリの中に、モカマタリNo.9、アール、マッカ、サナア、などがあります。

 エチオピアのモカ ― ハラー、カッファ、ジンマ、シダモ、リム など。
         さらにこの中に、生豆精製処理方法が『水洗式』のものと、『非水洗式』のものがあります。
         ”イルガチェフ”は、『シダモ』の中の『水洗式』です。




つまり、大きく括ると、
エチオピアのモカ と イエメンのモカ がある、ということですね。
そして、
そのそれぞれの中に、栽培する地域によって ”モカ・〇〇” という名称のものがある。
細かく言うと、その豆がどう精製処理されたかによって
『水洗式(ウォッシュ)』か『非水洗式(ナチュラル)』に分かれるのです。
ちなみに、イエメンにはウォッシュはありません。



                 



長くなりました。
次の疑問は面倒な説明になりそうなので、次回 分析しましょう。





                                  




テーマ:コーヒー - ジャンル:グルメ

この珈琲、どんなコーヒー? | 20:00:00 | トラックバック(0) | コメント(2)
ただのハガキじゃないんだ
  「費用対効果を考えろ。
  来ないと分かっているお客様には、ダイレクトメールを送るな。」

・・・以前勤めていた会社での毎年のイベントの準備中、
上司からそんなふうに言われました。

そうなのかなあ。
何か違う気がするなあ。
と、いつもその指示をしっくり受け止められずにいました。

・・・ちがうんだよ。


                 


コーヒーが美味しく感じられる季節になりました。
10月1日は、コーヒーの日、なんです。
小さなイベントをしました。
昨年好評だったので、今年もやったのは、
月替りコーヒーの中で アンコールの声の多かったもの(または、強かったもの)、を
『リクエストコーヒー』として5~6種類勢ぞろいさせる、ということでした。
とてもにぎやかにコーヒーが並びました。

コーヒーの日

毎月の”月替りコーヒー”を必ず買って行かれるお客様も、
いつもは ”自分のお気に入り”ばかり買って行かれるお客様も、

みんな、せっかくだから と リクエストコーヒーをチョイス。
飲みくらべてみて、どうだったかな。
楽しんで下さっているかな。
・・・イベントが終わった静けさの中で、考えています。




『イベント』と呼ばれるものは、毎年この時期に一度だけ、やっています。
よく、どこかのお菓子屋さんとコラボレーションしたり、
地域のイベントに出店したり、するところが多いのですが、

うちの店はそういうことはせず、

この位置で、自分の店のこの場所で、じっくり構えています。

まだ出会っていないたくさんの人々に知っていただくことも大切なのですが、
ふたりぼっちでやっている私たちにとっては、
これまでに来て下さっているお客様に感謝したい気持ち の方が
ずっとずっと大きいのです。
だからイベントだからって 宣伝も出すことなく、
これまでのお客様にだけご案内のハガキをお送りして お知らせしています。


                 


イベントが終わって見直しをしていると、お客様方の顔が目に浮かびます。

  あの人は やっぱり急いで来て下さったな。
  あの人 来られなかったな。忙しいのかな。
  あの人、久しぶりによく来て下さったな。
  あの人は、分かっていたけどやっぱりいらっしゃらなかったな。


案内状を握りしめて来て下さる方。
敢えて このイベント期間を避けようと、おいでにならない方。
どちらのお客様のことを思っても、
ありがたくて大好きで、涙が出そうになります。



本当は、多くのお客様は、
くじ引きがあろうがなかろうが どうでもよく、
リクエストコーヒーとして販売される豆が 好みに合おうが合わなかろうが、
どっちだって構わないのだろうと思うのです。

でも、でも、なんだか、
お客様の声が、空気が、
伝わってくるんです。


    「案内状が来た、あの小さなコーヒー専門店から!」
    「あのお店、自分のことおぼえていてくれているんだ!」

       応援してあげなくちゃ!


・・・と。


                     



案内状は、ばらまくものではありません。
  ―あなたは うちの店にとって 大切な、特別なお客様です。
    本当にいつもありがとうございます。―

そんな気持ちを乗せてお送りしているのです。


おいでにならないと分かっているお客様にも、
お送りするのです。
ちゃんと、意味が、あるのです。


嗜好品の専門店であり、
しかも、スーパーや百貨店とは違う、小さな店。



うちの店が送る案内状は、

大事な人たちへの気持ちをしたためた、 お手紙 なんですよ。








テーマ:つぶやき - ジャンル:日記

珈琲の周りの「?」や出来事 | 20:00:00 | トラックバック(0) | コメント(4)
抵抗を感じながら楽しむ、ということ
  「最近は、なかなか・・・マニュアル車に乗れなくて。
  レンタカーなんかも、オートマばっかりで。」

試飲をしていただきながらお話していると、
お客様が、ぽつり と おっしゃいました。

車がお好きなのだそうです。
と言っても、『メカをいじる』ことではなく、車に乗ることがお好きだ、と。


   「オートマ車は、どんな時も どんな道も、勝手にちょうどよく走ってくれるので、
    自分で動かしている感じがないんですよね。
    例えば、わざと低速にして体で抵抗を感じながら
     エンジン音を楽しみたい時なんかもあるわけです」



私はあまり車に興味がないので考えたこともなかったのですが、
そのお話には なるほど・・・と思いました。


写真、も、そうかもしれません。
今のカメラって、えっ?そんなことできるの?ってびっくりするほど多機能。
でも、「趣味は写真」とひと言で言っても その意味はいろいろあって、
オートフォーカスだとか、撮影後に編集可能とか、
そんなのつまらない!と思う人たちがいるのではないでしょうか。


  全体に、世の中そういう風に動いていますよね。
  キレイに整っているのだけれど、
  なんというか、ツルツル。
  便利な方に便利な方に、流れていきます。

      うちわよりもエアコン。
      ほうきよりも掃除機。
      鍬よりもトラクター。
      レコードよりもデジタルオーディオプレイヤー。
      包丁よりもフードカッター。
      手書き手紙よりも電子メール。
      辞書よりも検索。


なんだか、”車”というのが 
楽しむものではなくて ただの『移動のための道具』になってしまっている気がします

ちょっと寂しいものがありますね、と話しました。


                  



そう言えば私も、そういうところがあります。
「パンが好き」なのですが、
パンを作る時は、フードプロセッサーやホームベーカリーはとんでもなくて、
ゼッタイ手で捏ねます。
あの、生地のいきいきとした粘りや弾力を、感じたいので。
パンを仕上げること」が目的ではなくて、
パンを作ること」が目的、とでも言いましょうか。



   何もかもが 簡単・便利・早く・キレイ を追求している世の中。
   
   コーヒーを楽しむためにも、いつか、人は必要なくなるのでしょうか。
   コーヒーマシーンが部屋の片隅に置かれ、
   いつでも簡単に、適当な味のコーヒーが飲めるようになるのでしょう。
   焙煎も、コンピューター制御で、生豆を入れたら勝手に煎り上がるようになるのでしょう。
    ・・・オシャレでスマートな暮らしですね。



      ・・・オシャレでスマート・・・。
 
  


                 



   

   今の世の中で、みんな、
   『楽しみ』って、どこに見出しているのだろう。


   便利になることで、失ってしまうものがある。
   失ったものは、とんでもなく大きいのではないだろうか。


           コンピューター制御コーヒーマシン
           コンピューター制御コーヒーマシン   日経BPのホームページより






テーマ:つぶやき - ジャンル:日記

りんのひとりごと | 20:30:55 | トラックバック(0) | コメント(6)
「風味って、これのことかぁ!」ニカラグア・エル・ボスケ
再登場、ニカラグアの、エル・ボスケ農園 ブルボン種100% です。

前回紹介した時は、店のPOPに、『飲みやすくない!』と書きました。
いろいろな風味が豊かにあるのですが、それぞれのベクトルがへっちょを向いていて、
まとまりがなくて…。???な味だったのです。
正直に『飲みやすくない』なんて書いたら、案の定、人気ありませんでした。


リベンジです。


今回はいい味にまとまっています。


ニカラグアは、中米の国。
ホンジュラスとコスタリカに挟まれた国。
ニカラグア地図


エル・ボスケ農園は、サンタ マウラという大農園の中央に位置する小規模農園です。
場所で言うと、ニカラグアの北部。ホンジュラスとの国境あたり。
サン フェルナンド市にあります。
この サン フェルナンド市の1万人の住民のうち 大半がコーヒー農家なのだそうです。
サンタマウラ農園は100年以上の歴史ある農園で、
伝統的な品種も、また近年は他の産地から持ち込まれた品種も栽培する、
多品種栽培農園です。


 ニカラグアという国でのコーヒー栽培は、他の中米生産国と少し違うのです。
 内戦時の混乱期、90年代の産地の新植・手入れの時、様々な品種のコーヒーをバラバラ植えたので、
 それが今でも残っていて、区画をしっかり分けて特定の品種を栽培していないところがあるのです。

 そんな中、このエル・ボスケ農園は100%ブルボン種を栽培している貴重な農園です。


農園といってもとても野性的な環境。
マツオークなどの野生の森林もあって、
コーヒーは バナナカカオの木々の間に密集している、という感じ。

 この豆”エル ボスケ”を口に含んだ時、「珈琲を飲んでいる」感覚とはちがう、
 不思議で複雑な味?香り?がする気がするのは、
 そういう環境だと知ってしまったからでしょうか…、
 ”ボスケ”とは、””という意味なのです、
    そうだ、そうです、これは、『森の味』なのです。



                  



本当は、珈琲って、どの豆もこのような香り・味を持っています。
ただ、その中のどんな特徴が強いかによって個性が出ます。
(悲しいことに、焙煎のしかたでその特徴を殺してしまっているものもあるかもしれません。)
この不思議で複雑な、ことばにするのが難しい感じ が、
いわゆる 『風味』 と呼ばれるもの
です。


    コーヒーを選ぶ時、よく言われるのが、
    「香ばしい香り・味のものを下さい」
    ということ。
    でも、どこのお店でもたいてい、コーヒーには説明書きがついているのですが、
    ”香ばしい”とはかけ離れた言葉が、ズラズラ並んでいる。

    「フルーティな」
    「ナッツのような」
    「チョコレートのような」
    ・・・そんなことが書かれているかもしれません、
    でもそしてきっと、
    それに魅かれて買って飲んでみて、
    ???チョコレートの味しないし・・・なんて思っているのではないでしょうか。



”香ばしさ”は、焙煎によって生まれる風味なので、
どのコーヒーも香ばしさは持っているはず、(…古くなければ)。
なので、
最近、珈琲店の商品の説明書きに書かれているのは、
それぞれの豆自体が持っている特徴なんですね。

  「 そんなこと言われても、
   コーヒー = 苦味と香ばしい香り なんだもの、
   フルーツとか言われても結びつかないもの。。。 」

そりゃそうです。
あれらは、コーヒー業界の人たちがコーヒーの評価をするのに使っている言葉であって、
一般の人々が馴染める表現ではないのですから。
分からなくっていいんです。


以前、”風味の難しさ”という記事を書きました、
その中で 『フレーバーホイール』 というものを紹介しました。
あれです。あの、訳分からない円盤に、この「フルーティな」・・・類いの言葉が
ズラズラと並んでいるのです。
『フレーバーホイール』とは、つまり、『”風味”をことばで表現する時の語彙表』なのです。


                


『風味』。
・・・って、いったい何なんでしょう。
非常に簡単に言うと、

    風味とは、味と香りをひっくるめたもの。です。




風味とは
                            <日本うま味調味料協会さんのページより>

フルーツの爽やかな香り。
ナッツの香ばしい香り。
チョコレートのコク甘い香り。
これらの香りを感じながら飲む、その時の感じが『風味』なのですね。

多くの人が、コーヒーの『味』に、すべてを求めようとしているようです
   チョコレートの味しないし。
   フルーツの味しないし。
・・・ちがうちがう。
香りを含めた味!それがコーヒーの楽しみが広がるポイントなのです。


            



さて、この”エル・ボスケ”
このコーヒーは、有無を言わさず香りと味が一緒に飛び込んできます。
あるお客様がおっしゃっていました、
  「なんだか 鼻で飲んでる感じー」


         そうそう、それが『風味』です!


この”エル・ボスケ”を味わったら、
「これが風味ってやつかぁ、、、」
と気付く方が多いと思いますよ





                                  





テーマ:コーヒー - ジャンル:グルメ

この珈琲、どんなコーヒー? | 20:00:00 | トラックバック(0) | コメント(2)
次のページ

FC2Ad