FC2ブログ
 
■プロフィール

珈琲案内人りん

Author:珈琲案内人りん
珈琲豆屋の”案内人”やってます。
珈琲の味に限らず、珈琲の世界すべてが面白いので、
自分の中で、コーヒーにつながったことなど をつぶやいています。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

コーヒー、あるエッセイ
珈琲が好きだ。
色、音、待っている時間、湯気・・・
『コーヒー』というコトバの音の響き。
『コーヒー』と聞くだけで、『珈琲』と文字で見るだけで、
珈琲がある空間の落ち着き、ゆったり時間 を想像する。



実は私、あまりコーヒーを飲みません。
ちょっと、で、いいんです。
でも、その”ちょっと”が、大事なんです。

・・・そして、
ある雑誌で、ステキなエッセイを見つけました。
その内容は、だいたい こんな、感じです。

                         

 『コーヒーは家では飲まない。』

 先日、鎌倉から東京に戻ろうとして駅の時刻表を見たら、湘南新宿ラインが到着するまでに25分くらい時間があった。 
コーヒーが一杯飲める。
 そうひらめいて、2本前の横須賀線に飛び乗り、隣の北鎌倉駅で降りた。・・・
改札口から30歩ほどの距離に小さな喫茶店があるのを思い出したのだ。・・・
唇に火傷をしないようにささっと飲み干し、店を出てまた30歩。すぐ「まもなく一番線に・・・まいります」というアナウンスが聞こえてきた。
もし北鎌倉の住人だったら、いつもこの喫茶店に寄ってコーヒーを飲むために、15分速く家を出るだろう。
長い文章の中の「、」や「。」みたいな存在の、申し分のない喫茶店だと思う。


ぼくは仲間うちではコーヒー好きな男で通っている。だけど時々、果たして自分は
本当にコーヒー好きなのだろうかという疑問がもくもくわいてくることがある。
そもそも、家ではコーヒーをまったく飲まない。事務所で淹れてもらったコーヒーも実は飲まないことが多い。
室内が良い匂いで満たされてきたとしても、出勤前に近所のコーヒースタンドに寄ってテイクアウトした紙コップ入りのアメリカーノを手放さないのだ。

カリフォルニア州の北のほうにある町に、よく泊まるモーテルがあって、
アメリカの安宿にしてはめずらしく部屋でコーヒーが飲めるようになっているのだが、一度もそれを試したことがない。
・・・モーテルの向かいにあるカフェまでコーヒーを飲みにいく。
並んでいる人がちらほらいて、
・・・どうやら先頭に立っていたのは、近所に住むなじみの客なのか、朝の挨拶から始まって世間話が続く。
後ろに行列している人たちが先を急いで咎めるような素振りを見せることもなく、
自分の番が来たら同じようにまた世間話を始める。
やがて客同士も何かをきっかけに話しだす。
こういう光景を眺めていると、コーヒーを提供するこのカフェが町の中で生き生きと機能していることがわかるし、
おいしいコーヒー以上の何かを自分がいま味わえているような気がしてくる。
それが楽しいからモーテルの部屋にあるコーヒーに手をつけず、通りの向かいまで
歩いて飲みにきたのだと納得もできるのだ。
 
 旅先のどの町でもそんな場所を探してしまう。
町のみんなから求められている役割をきちんと果たしているコーヒー店が見つかれば、それだけでよその土地が親密に感じられる。
味は二の次。
そう言ってしまうと大きな誤解を招くかもしれないけれど、町いちばんのコーヒーショップが、
一番おいしいコーヒーを出す店を意味する と、僕は必ずしも思わない。
とても居心地の悪い場所で飲む究極の一杯にありがたみは感じないし、逆に、
長いドライブの途中で寄ったガソリンスタンドのコーヒーが、
代金を払うと紙コップをくれてセルフサービスでポットから注ぐような作りおきだったとしても、
自分を労わってくれるとても有意義な飲み物になることもある。

もしコーヒー好きという言葉が、珈琲の酸味や苦味の繊細さが分かる人物を指すのなら、
やっぱりそれを名乗る資格はなさそうだ。
好きな店で飲むコーヒーを、何とはなしにおいしいと思うときが、
僕はいちばん幸せである。

                            (2011年、岡本 仁さんのエッセイ。一部省略)

                         


この時期になると、新商品として コーヒー味のものがいろいろ出はじめます。
コーヒーぜんざい、コーヒークリームのパン、〇〇アイス(クリーム)のコーヒー風味…

厳寒の冬よりも 酷暑の夏よりも、秋の今頃の方が
ずっと”コーヒーの素敵な存在感”を感じるのはなぜだろう。




テーマ:つぶやき - ジャンル:日記

りんのひとりごと | 20:07:30 | トラックバック(0) | コメント(0)
ゲイシャって、つまり???
”ゲイシャ”だから、すごいんだよ 高いんだよ 美味しいんだよ!
…みたいなこと 言われて、何となくその暗示にかけられている人も多いようなのですが、

では、ゲイシャって何?と問われると、困る方も多いのではないでしょうか。

コーヒーの品種
                     コーヒーの品種

とりあえず初めに、上図をよくご覧になってみて下さい。
ゲイシャ”という文字がどこにあるか、お分かりですか?

コーヒーというのは、植物です。
コーヒーノキ』に生る、果実の種です。

コーヒーを植物学的に見た時に、
他の樹々や草花と同じように、『品種』があるんですね。
ゲイシャ”というのは、コーヒーの品種のひとつなのです、
ゲイシャ種”ということです。



コーヒーというものを 植物学的に見てみましょう。

  アラビカ種ロブスタ種) の中の、
  在来種つまり原種高生産種)。


  在来種には ティピカ種・ブルボン種 などいくつかありますが、
  ”ゲイシャ種”もそのひとつ
  エチオピア原産の野生種です。
  エチオピアのカファ地域、ゲシャ地区の木が起源です。
  育てにくく、病気に弱く、収穫も難しいので、
  とても希少な豆 なのです。

1931年頃に エチオピア ゲシャ地区で発見され、
ケニア・タンザニア・マラウィ などに持ち込まれ、
コスタリカへ、
パナマへ。


    形は少し細長く、独特の香りがあり、高品質なのが特徴です。
    現在、パナマやマラウィで栽培が盛んに行われていますが、先述したように
    栽培は大変、なのに収穫量が少なく 儲けに繋がらないので
    世界中のコーヒー栽培地で なかなか手を付けません。

しかし、
パナマ産のゲイシャ種が 近年のオークションでブルーマウンテンを越える高値で
取引されたことから、他の中南米諸国でも栽培が始められているようです。



                         


と、いうわけで、
ゲイシャ って、
とっても貴重な存在の豆なんですね。

風味が強く、高品質。
価値は高いわけです。


…ただ、あの・・・。
相変わらずあまのじゃくですが。
だからと言って、「おすすめです!」とは言いません。

品質を追求する人もいるし、
「私はスタンダードな親しみやすいものが好き」という人もいるでしょう。
”ゲイシャ種”が価値を持つかどうかは、飲む人が決めればいい、と思っています。

でも、
コーヒーは植物なんだ、
こんな原型の木を守り続け、大事に育てるコーヒー農家がいるんだ、

そのことを、皆さんに知っておいていただきたいな、
と、思うのです




                           




テーマ:コーヒー - ジャンル:グルメ

珈琲の周りの「?」や出来事 | 21:14:37 | トラックバック(0) | コメント(0)
マラウィ・チノンゴ フィリ ルア
マラウィ湖って、琵琶湖の約46倍くらいの大きさなんですってね。
国自体が北海道と九州を合わせたぐらいの大きさなのに・・・
5分の一が湖の国、なんだ・・・。
   マラウィ、湖

  1964年の独立以来、内戦や他国との対立戦争がないそうです。
  アフリカとしては珍しい。”The Warm Heart of Africa”と言われるのだとか。
  マラウィ湖の権利をめぐって、タンザニアとの対立は多少あるそうですが。

・・・そう。というわけで、マラウィはキリマンジャロで有名なタンザニアに隣接する位置にある国なのです。
内陸国だし、どこにあるの?と思ってしまう国ですよね。そんなところにあるのでした。
・・・ということは?
力のある味、と 想像できますね。


  今月、NONAKAでは この”マラウィ”の豆を月替り限定で紹介しています。
  前にも2回ほどマラウィの豆を出したことがあるのですが、
  あまり皆さん ピンと来ない様子でした。
  どうもその特徴が頭でも感覚的にも分かりにくかったようです。
  ・・・ごめんなさい。

今回は、前にも紹介した マラウィの”チノンゴ村”の豆なのですが、
前とは”コーヒー豆の品種”が異なるものを 特別に用意しました。


『ゲイシャ』種、です。

  たぶん皆さん”コーヒー豆の『ゲイシャ種』”という概念が 分かりにくいのだろうと思います。
  前に”マラウィ・チノンゴ、芸者、又吉”・・なんてテーマで書いたページがあるのですが、
  そこに一通り、ゲイシャについてご説明してありますが、
  次回にまた ご説明しましょう。



・・・というわけで、
今月の『マラウィ・チノンゴ フィリルア』は、ゲイシャ種です。
  ”チノンゴ” は、村の名前。
  ”フィリルア” は、この豆の いわば”ブランド名”です。
  現地の言葉”トゥンプカ語”で、『山の花』という意味。
  この豆は なんとなく花の香りのような風味がある、と、名付けられました。

    豆の形も、飲んでみての味の輪郭も、
    しっかりとアフリカの豆の良さを持ちながら、
    鼻へ、全身へ広がる風味は 
    嫌味なく上品で、さりげなく華やかな、
    甘みをまとった 苦みと酸味です!


                   


マラウィでは、コーヒー豆は 主に北部と南部 で栽培されています、
  南部は、プランタイヤ周辺
  北部は、タンザニア国境に近い山脈地域
 南部は大自作農家で、紅茶の栽培地でもあります。
 北部は小自作農家ばかりです。
 ・・・が、北部の方が高品質なものがそろっています。
 

        『農園』と呼ばれるようなものはなく、
        本当に農家が”んしょ んしょ💦”と頑張って世話する畑で
        栽培しているのですって、
        ですから『農協』、そしてその上に『生産者組合』が
        しっかりとあるのだそうです。
         
       マラウィ女性が活躍
                 写真はお借りしました。

チノンゴは、『ミスク農協』に加盟しています。
そして、ミスク農協は、『ムズズコーヒー生産者組合』に属しています。
ムズズcityは北部マラウィの中心地。

    いくつかある生産者組合の中でも ムズズ生産者組合は成長が著しい組合。
    生産しているコーヒーの50%近くはスペシャリティコーヒーだという、すごい集団(?)です。

    このムズズ生産者組合は、5つの農協で構成されていて、…なんだか発音しにくい名前ですが
    『ミスク』、 『東南ンジンバ』、 『ポカ』、 『東ンチシ』、 『北ピピヤ』 の、5農協。
    チノンゴはこの中の 『ミスク』農協に加盟しているわけですが、
    ミスク農協はこの中で、たった一農協で50%強の生産量を占めています。
      小さな農家が力を合わせれば、大きな素晴らしいものになる ってことですね。
      それってつまり、一つの大きな良悪まじったものでなく、
      厳選されたものの集まり なわけですから!


ムズズ組合はその成長・パワー・質の良さのレベルアップの順調な波に乗っています。
そして、
なかなか 世界のコーヒー生産地が栽培しない 希少な『ゲイシャ種』の栽培を手掛けるのです!
中南米のゲイシャとはまた異なる、素晴らしいまろやかさのコーヒー豆を
楽しませてくれるようになりました!


                   



長い説明になりましたが、風味のイメージはできましたか?

前述したように、少し『ゲイシャ』というものの概念が
コーヒー関係者でない方には分かりにくいかもしれません。
ので、
次のページを使って、ざっとご説明できれば、と思っています。
・・・ちょっと、待ってて下さいね。




                           


テーマ:コーヒー - ジャンル:グルメ

この珈琲、どんなコーヒー? | 14:30:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
グァテマラ・ウィツマティグ農園 ハニー
  ”グァテマラ”は、このところNONAKAで 急激にファンが増えています。
  落ち着いていて 重みがあって、 キレイ過ぎなくてある程度”味のあそび”があるところが、
  好まれるのかもしれません。



以前に申し上げたように、グァテマラという国は コーヒー栽培環境も 質の追求に関しても
頼りがいのある国で、
強調文国内には 8地域、それぞれ個性を持ったコーヒー栽培の地があります。
これは、グァテマラ国内の7万5000以上のコーヒー生産者を代表する組織である
『アナカフェ』(グァテマラ全国コーヒー協会) が認めた地域です。

グァテマラ主な栽培地
  



今回紹介のグァテマラは、ウエウエテナンゴ地域の中でも高度が高い高い地にある農園、
ウィッツマティグ農園のもの。
しかも、ハニー製法(コーヒーの実を洗う段階である程度実を残し、そのまま乾燥)

  なんと、2005年度の The Exceptional Cup (グァテマラのいわば”グルメコーヒー”を選ぶ大会)で優勝した、
  まろやかな高品質豆!






  ウエウエテナンゴの、クチュマタン。
  この町では、男性のファッションがかわいらしい

     ストライプのパンツファッション!
          赤いストライプのパンツ!



ウエウエテナンゴ地域は、上図 8地域の中で最も高地にある地域です。
ウィッツマティグ農園は、その、ウエウエテナンゴの中でも 高い地域にあります。
高度は、1500m前後。
コーヒー農園は南側に面していて水はけがいいそうです。土はさらさら。



   こんな断崖絶壁を登り登ったところに ウィッツマティグ農園ができたのは…
   1957年の5月のこと、だそうです。


   ホルヘルイス アルトゥヴェア レオラ さんが、
   デモクラシア山脈の”チチナバビレッジ”にある”オックスベ”というところの農場を購入。
   その時に、”Huitz Matig"(大きな丘)と名付けました。
   ウエウエテナンゴ地域の最初のコーヒー生産者の一人である”オリビオチャベス”さんの専門知識を得て、始まりました。
   没後は、ずっとずっと、子どもたちが後を継ぎ、
    4世代続いているそうです。




ウィッツマティグ農園も 代々家族経営。
豆の精製処理に使う水も、農園内のきれいな湧き水を使うほど。
機械に頼らず、人間の手で 大事に丁寧に栽培しています。
(今、この農園の主は 現在は基本的にはグァテマラシティにいて、 
農園のマネージメントは他の人が担っています。)

    ・・・本当にフレッシュな、ハッとするような風味です。




   こんなに高品質で素敵なコーヒー豆なのに、
   どうやらここのご主人は頑なな人。

  前記の名誉、2005年の優勝の後、
  いっさいコンテストに出さなくなりました。
  そして、自分たちの栽培する豆たちの価値を本当に分かってくれる相手だけに
  出荷する
ようになったそうです。


ふふ。いいですね(笑)
珈琲豆の焙煎販売という業務に関わる私も、ご主人のお気持ちが分かるような気がします。



          




グァテマラと言えば、落ち着いた苦み、風格を表す渋みが安心のコーヒーという感じですが、
このウィッツマティグは ハニー製法(上記参照)なだけあって、
見事にフレッシュな 美しく優しい酸味を楽しませてくれます。
苦み・渋味というよりは 甘くやさしいフルーツ感いっぱい、という風味です。
完全に冷めたら これまた透明でたまらなく美味しい、びっくり!



次回はもう、ウィツマティグ農園のものは入らないかもしれません、
ぜひ一度、お味見下さいね。


 
                           










テーマ:コーヒー - ジャンル:グルメ

この珈琲、どんなコーヒー? | 19:00:06 | トラックバック(0) | コメント(0)
・・・できた。。。
今朝、朝食に 玉ねぎのスライスを炒めたものを食べました。

すごく、すごく、おいしかったです。

・・・それだけの、こと、です。

        
       
 

『朝ごはん』というものを食べるのは、不思議な気持ちです。
30年くらい、ほとんどずっと、食べたことがありませんでした。

ブログを書けないようになったころから ”ちょっと遠くへ”行っちゃってたわけですが、
その期間に無理にでも朝ごはんを食べなければいけなくなり、

帰ってきてからも その習慣をなくさないようにしなければ、と
今、毎日、何かしら口に入れるようにしています。

帰ってきてからもしばらく、リハビリをしている間は
もっともっと強制的に、監視されるように『食べて』いました。
苦しくて苦しくて、
やっと逃げ出してきたところ。




  今朝は、何を食べたいかな。
  ああ、玉ねぎを炒めた、あの 甘さ。
  無性にあれが、食べたい。


     

            炒めただけ



          

私には厄介な病的な症状があり、
小さい時に患ってから 決まったことを決まったように(すべて自分自身で決めているのですが)しないと
壊れてしまう、
そんな生活を続けて生きてきました。

その時の気分で寝たり起きたり 食事したり、
そういう風に自然に過ごすことができないのです。

”遠くへ行った”のは、自分で決められない生活に思い切って飛び込む ということでした。
でも 今考えると、 
それは、自分で自然にできるようになる ということとは違って、
人が決めたことに従う、ということでした。

逃げ出してきた今、
『自分の自然にできる』に向けて、
必死で頑張っています。



     



WEB上も 雑誌も TVも、
食べるものを工夫して 美味しそうに見栄えよく作ってある方たちの 
輝くようなメニューの紹介でいっぱいです。




  私、。
 
  今朝、朝食に 玉ねぎのスライスを炒めたものを食べました。

  すごく、すごく、おいしかったです。

  
  ・・・それだけの、こと、です。

  それだけの、こと、です。

        よくできました





テーマ:つぶやき - ジャンル:ブログ

りんのひとりごと | 15:52:34 | トラックバック(0) | コメント(2)
次のページ