FC2ブログ
 
■プロフィール

珈琲案内人りん

Author:珈琲案内人りん
珈琲豆屋の”案内人”やってます。
珈琲の味に限らず、珈琲の世界すべてが面白いので、
自分の中で、コーヒーにつながったことなど をつぶやいています。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

モカ・イルガチェフ
Yirga Chefe。=”湿地とその草”。現地の言葉では、そういう意味です。
現地の人々は、『イルガチャフェ』と発音しているようです。
エチオピアはアフリカの国。なんとなく乾燥した地を想像してしまいますが、
この地域は南部のシダモ高地(約2000m)にあり、水が豊かにあるのです。
この豊かな水を使用して、水洗式の精製処理をするコーヒーを作っています。
その中の高級品が、
この『エチオピア・イルガチェフ(イルガチャフェ)』なのです。
急斜面の、森に覆われた丘陵地域で、地層が厚く 肥沃な黒土に恵まれています。

イルガチェフェ



他のコーヒー生産地では、実はあまりコーヒーを飲まない国が多いのをご存知ですか。
なぜか コーラ とか、ミロ とか、そういうものを好むのですね。
しかし、このエチオピアという国はそれらの国とちがって 歴史的にコーヒーを飲む習慣のある”消費国”でもあり
生産の約半分は国内で消費しています。
以前の記事で、エチオピアならではの『コーヒーセレモニー』=”Kariomon(カリオモン)”という作法があることを
ご紹介しました。
日本で言う、”茶道”のようなものです。
コーヒーを飲む という行為に、精神的な要素や教養などが含まれる 文化的な習慣です。
・・・とってもすてきなこと。


しかしコーヒーは、エチオピアにとって最大の輸出作物で、この国では『ブラックゴールド(黒い黄金)』と呼ばれているほどです。
つまり、重要な外資獲得源なので、最も品質の良い グレード1~5のコーヒーは
すべて輸出しなければならない、と 法律で決められているのです


  イルガチェフは、グレード1 または 2 がほとんど。


エチオピアから輸出されるコーヒー豆の90%は、
産地別・グレード別の分類のうち、10種類からなっています。

   全輸出量の 約6割 を占めるのは、
    ・レケンプティ グレード 5
    ・ジンマ グレード 5 
    ・シダモ グレード 2 。

  そして、10種類の中で最も価格が高いものは、
    ・イルガチェフェ グレード 2 と、
    ・シダモ グレード 3。

  輸出量は非常に少ないけれども、全種類の中で最も価格が高いものは、
    ・イルガチェフェ グレード 1 
    ・リム グレード 3
    ・一部のフェアトレードコーヒー

なのです。


イルガチェフェは、素晴らしくできの良いコーヒーなので、ほぼ輸出に回されるということです。
…自分たちでは、美味しいコーヒーの味を味わうことができないんですね。
申し訳ない気がします。


        


ところでもうひとつ。
エチオピアには、コーヒー生産方法が主として3種類あります。
  ひとつは 森林コーヒー
  そして、ガーデンコーヒー
  それから、プランテーションコーヒー

この3つです。

   エチオピア コーヒー生産方法別地図


  森林(または半森林)コーヒーとは、森林に自生するコーヒー。
  ガーデンコーヒー とは、 家屋の庭でバナナ・エンセーテやその他の果樹などをシェードツリーにして栽培するもの。
  プランテーションコーヒーとは、苗木を植えるところから 加工まで、 国営または民営で集中管理されているもの。

主にその3つです。

   イルガチェフは シダモ地方にあるので 『ガーデンコーヒー』

ガーデンコーヒーと言っても、その”ガーデン”の”でき方”もそれぞれ異なっていて、

  ・森林コーヒーの苗木を移植したもの
  ・研究所で開発された品種を植えてそうなったもの
  ・もともと森林内の、そこに生えていたコーヒーが先に在って、
    周りの森林が切られて人の方が後から住み始めたことでガーデンコーヒーになっているもの

があって、森林コーヒーやプランテーションコーヒーなどよりもシェードツリーが少なく、
果実の木やエンセーテ、その他の作物と間作されていることが多いようです。

そして、ガーデンコーヒーは小規模農家が多いのです。
小規模農家の畑は小さくて、0.5ha程度。
森林コーヒーなどと比べると、とても栽培管理が行き届いていて
生産性が高い
森林コーヒーは1haあたり50~150kg、半森林コーヒーは1haあたり100~200kgですが、
ガーデンコーヒーは1haあたり 400~500kgも栽培することができるのです。

 しかも、
  国営や民営で管理されているプランテーション栽培では、定期的に化学肥料が使用されているものが多いのですが、
  イルガチェフェのような小規模農家は、化学肥料や農薬を購入する十分な資金がないため、
  農業投入剤を使用していません。

  ですから、実はエチオピアコーヒーと言うのは約95%が有機栽培なんだそうです。
  しかし、有機認証には資金も必要なため、有機認証を取得できなくて”有機”と名乗れないだけで、

  とても、とっても いいコーヒーなんですね。

それでも 日本は 高品質の豆をきちんと高価格で買い取ります
そのため、エチオピアは日本との関係を重視してくれているのだとか。
 日本、素晴らしい!


          
 
          
いろいろ難しい話になってしまいましたが、
そんな訳で、イルガチェフは美味しいわけです。
やっぱり、人気があるのも納得です。


さあ、こんなことも少し頭において、
もう一度じっくりと この素晴らしい風味のイルガチェフを、
召し上がってみて下さい。


                                 






テーマ:コーヒー - ジャンル:グルメ

ストレートコーヒー | 22:30:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
なんか ちがう
         やめて!

  「入ってこないで」
  と、思う。


「そんなにいろいろ、私はいらないから、もう入ってこないで・・・」


             



  みっともないほどガリガリに痩せていて 元気に見えない私は、
  お店に立っているとお客様から「大丈夫?」と言われることがよくあります。
  常連さんの決まり言葉は、「最近どう?元気?」だったりするのです。


先日、こんなことがありました。


             


私はいつも、1人の部屋に帰宅すると音無しの生活です。
テレビもつけません。ラジオもつけません。
休みの日も、です。
音も映像もない空間で、いつも過ごしています。

新聞は大好きで、いつもじっくり読みます。
でも、自分では新聞をとっていません。
実家に帰った時、実家で読み終わった古い新聞をまとめて持ち帰り、
それをじっくりと『読み物』として、読むのです。
だから、いつも一か月以上前のものを読んでいます。

今現在、話題が何なのか、そんなに知りたいと思わないのです。
それよりも、今 自分が生きている中で、ちょっと気になったこと、についてだけ、
いろいろじっくり考えて、調べたり探したりするのです。
たくさんのことを ちょっとづつちょっとづつ へ~、ほ~、と知って、
「うん、で?次は?」と、次に移っていけないのです。


そんなふうに生きて 満足している私ですが、
何よりも、病的に見える(実際 長年患っている持病はあるのですが)ので 心配されます。


この前、いつも来店なさると長く滞在する 常連のお客様がいらっしゃいました。
とても魅力的で親切な、素敵な方です。
いつも私に、病的な性質を快方に向ける何かの情報を 提供して下さいます。
その時も、おっしゃいました。
 「ねえ、りんちゃんにお勧めしたいものがあるんだけど。」

私的なことで今疲れ切っている私は、ちょっと心に余裕がないので
「あ、ありがとう!…でも、ちょっといま、キツいんだー」
と、つとめて明るく言いました。
それでも、まだおっしゃるのです。
「え~・・・でも、とってもいいんだけど・・・それに、2ヶ月先なんだけど・・・」


  ・・・苦しくなりました。苦しい。今、それを言われること自体が辛い。
  心にも頭にも 何も、入れる場所が、ない。
  辛いんです。


私はたぶん、すごく困った顔で…ごめんなさい、を繰り返してしまいました。


・・・ああ・・・ダメだなあ・・・
せっかく親切に勧めて下さったのに・・・


             


   今の時代は、自分で考えなくても、そして自分が何も求めていない時でも、
   勝手に情報が入ってくる時代です。
   勧誘の電話がかかり、携帯にもPCにも日々溢れんばかりの案内が入ってくる。
   探す前から『あなたにおすすめの情報』が現れる。
   全然求めている”ツボ”が違っているのに、あれもこれも。
   それらの中から検索していくことで、簡単に何でも知ることができる。
   それでふーんと満足して、
   もっともっと、ってなるんだろう。


私はそれが全然面白いと思わない。
私はそれに、満たされないのです。
別に今、そんなの、知らせてくれなくていい。
知りたいときには、自分で探し求めていきたいのです
必要なときに、「どうやったら、どこに行ったら分かるかな」と、
そこから考えて、
まず 自分の欲しい情報をしっかり固めてから それを調べる方法をまた考えて、
訪ねたり本を探したりして、自分が求めるものに行き着きたいのです

   考えることはとても労力を必要とするけれど、
   それをひとつひとつこなしていくことで 得られるものは、
   タイミングも内容も とてもとても満足するものであり、
   ・・・自分で求めて探すと、その先ずっと自分の宝物になって、
   それが、私にとって”分かったこと”なのです。

私はそうやって、落ち着いて生きていきたい。
そう、落ち着いて、自分を生きていきたいのです。



             



ペーパードリップでコーヒーを淹れる時の失敗の一つとして、
”コーヒー豆がお湯に溺れてアップアップして、ドリッパーから下のサーバーに落ちていかない”
という現象があります。
それは、お湯を注ぐタイミングと その量が適切でないこと が原因です。
まだしっかり蒸らされていないのに 急いでお湯を注いだり、
その注ぐ量が多過ぎたり。
ドリッパーの中でいつまでも落ちずにいる液体は、必要以上に豆を浸らせることになり、
そこで、出したくない不味い成分まで沁みだしてしまう。

アップアップ…溺れるよォ…やめて…
次々 入れないで・・・ というコーヒーの声が、
私には聞こえます。




みなさんには、聴こえませんか?
・・・コーヒーの、声が。・・・






テーマ:つぶやき - ジャンル:日記

りんのひとりごと | 23:40:00 | トラックバック(0) | コメント(3)
コロンビア・ナリーニョEX ブエサコ
遅くなっちゃって…すみません…
今月の月替りコーヒーのご案内です。

長い名前です。難しいようですが、
”ナリーニョ”は地区の名前、”EX”はコーヒーの格付け(選別の規格。『エキセルソ』と読む)、”ブエサコ”は、ナリーニョ地区の中の都市の名前―つまりブエサコ市、
という意味です。

            

        
コロンビアでコーヒーを栽培している地域は、3地域に分かれます。
北部と、中部と、このナリーニョ県がある南部。
同じコロンビアですが、この地域によって風味が分かれるのです。

    コロンビアコーヒー栽培地域


  北部で代表的なのは、
  シエラネバダ・デ・サンタマルタ や、 ノルテ・デ・サンタンデール
  この辺りは標高も低く、900m~1300mです。
  そのため、気温も高め
  味は、強いものが多いのです。
  すごく重みがあって、酸味はまろやか。


  中部では、
  サンタンデール や、 アンティオキア トリマ、 ウィラ、 などが有名です。
  標高は、中くらい。1300m~1700mでしょうか。
  年間通じて雨量が多い地域です。
  この中部のコーヒーは、完璧なバランスのコーヒーが多いのです。
  重みも適度で、ほどよい酸味があって、飲みやすいものが揃っています。


さて、
今回ご紹介している”ナリーニョ県ブエサコ市”は、最後の南部にあります。
南部は、標高が高めで1800m~2300m!
気温が低いのです。
赤道に近いからと言って、コーヒーは気温が高いところでできるんでしょ?と思っている人が多いようですが、
そうではないんです。
暑くて雨量も十分にあって、でも標高の高い、つまり朝夕の気温の差があるところ
が、いいんです。
植物の果実はゆっくりじっくり糖分を蓄えて成長することで、
非常に香り高い、高品質のコーヒーができるのですよ。
ナリーニョの豆は、生豆に含まれるショ糖成分の多さが特徴で、
コーヒーの品質を左右する上質な酸味が、とても豊かなのです。

  だって、当店でも、「ブレンドでなくストレートコーヒーで、コクも適度にあるのがいい」という方に人気がある
  ”コロンビア・クレオパトラ”は、この南部地域のコーヒーなのです。
  クレオパトラは、”カウカ”というところで栽培される、高品質コーヒー。

ナリーニョ県は、ガレラス火山という火山のおかげで
火山灰質の土や カルシウム・マグネシウムなどを含んだ粘土質の土に恵まれています。
そして、精製過程でも、アンデス山系のきれいなきれいな水で処理することができるのです。
栽培・精製、両方とも完璧な環境なのですね。

しかも、この”ブエサコ市”は、北緯1度!赤道直下です。
赤道直下で、標高の高いところ。
昼間にしっかりと日の光を浴びて、夜はしっかりと気温が下がって
コーヒーの実はゆっくりじっくり糖分を蓄え、成長できます。
香りが高く、重すぎないコクのコーヒーが、できあがるのです。

    ガレラス火山噴火写真
ガレラス火山   2019年2月15日にも噴火したらしい



            



しかし、
(これはどの生産国でもそうなのですが)、
この近年の気候の変動は、農家の難題です。
コロンビアのコーヒー生産地域である山岳地帯と言うのは、嵐や気温の上昇など気候変動の影響を受けやすいのです。

これらの肥沃な山にある農園は、
土砂崩れ・浸食・洪水・干ばつや 害虫の侵略など、
この恐ろしい気候変動で 被害に悩みます。
2018年の調査では、農家の91%がコーヒーの花 及び 結実サイクルの変化を報告しているらしいのです。
75%は、害虫の増加に気付いているそうです(バデュー大学の研究)。
 ある農家は 干ばつの間に、雨水を集めるためのタンクを建て、
 ある農家は 農作物の多様化をはかり、バナナやアボガドなどを植えて
 コーヒー収穫に失敗するリスクに備え。
気候の変化は、農家にとって恐ろしい課題ですが、
最近は、同じコーヒー豆のなかでも 病害や災害に強い品種に替えていく、など
工夫しているようです。


            


ところで…
本当かウソか知りませんが、

本物のコーヒー愛好家かどうか?は、
コロンビアの ”ウィラ” と ”サンタンデール” を見分けられるかどうか?
・・・で分かる  とかいう話があるんですってね。

別に、そんなことどうでもいいと思うんですが。
皆さんは、自分の味覚を信じて
コロンビアの中でも 好きな感じの味を見つけて下さいね


 この ブエサコ のコーヒーは、見事にバランスのとれた、
 甘みも酸味も苦味もコクも、
 ぎゅーっと味が凝縮したコーヒーです。
 クレオパトラと飲みくらべてみるのもいいかもしれません。

気候変動の中頑張っている小規模農家のこのコーヒーを、
召し上がってみて下さい!


                                 




テーマ:コーヒー - ジャンル:グルメ

この珈琲、どんなコーヒー? | 22:00:00 | トラックバック(0) | コメント(1)
なぜか好きなんです
みんな、どんなお菓子が好きなのだろう。

今、世の中には本当にたくさんのお菓子があって、
その中でも日本のお菓子にはすごくすごくたくさんの種類があって、
その中から「これ好き!」というものを見つけるのは大変だと思うのだけれど、 

みなさんのブログを拝見していると、有名、人気、こだわりのお店のお菓子が多いのにびっくりします。

みんな、お宅でお茶を飲む時、いつもそういう立派なお菓子をめしあがっているんだろうか…            

     大好きなお菓子

私は、なぜかこのお菓子が好きなのです。
自分では2年くらい前まで全然気にしてなかった。
でも、スーパーなどに行くと、どうしてもこの”いちごジャムサンドクラッカー”がないかな、って
気になって見に行ってしまうのでした。

”いちごジャムサンドクッキー”じゃ、だめなんです。
”いちごジャムサンドクラッカー”でなきゃ。いけないのです。

あの、昔風のなんでもないぺちゃっとしたニキニキのジャム。
あのジャムが挟んであって、
そしてクラッカーがずれていたりとかして。
外側は甘いんじゃなくてちょっと塩気があるクラッカー”。なの。

・・・でも・・・
あんまり、なかなか売ってないの。この小さめのものが。
”いちごジャムサンドクッキー”とか、”リンゴジャムサンドクッキー”とかは、あったりするんだけど。

          

いちごジャムサンドクラッカー。
大好きなんです。
みんなみたいなリッチなお菓子は、
この歳でも独り者で小さなお店をぽつりとやっている、
小さな部屋で 男子学生みたいな殺風景な暮らしをしている私には、
夢のような話です。


それでも、美味しいコーヒーの焙煎販売店のコーヒーがあれば、
とっても贅沢な至福の時間です。
自分の店で好きな珈琲を買って、
このお菓子があれば、
もう最高です。


          


大好きなんです、いちごジャムサンドクラッカー。


みなさんは、どんなお菓子がお好きですか?




テーマ:つぶやき - ジャンル:日記

りんのひとりごと | 20:00:00 | トラックバック(0) | コメント(9)
エルサルバドルって、・・・
昔、コーヒーと言えば 『キリマン』 『ブラジル』 『モカ』 『ブルマン』くらいのものでした。
中米のコーヒーの名前が日本で知られるようになったのも、ここ十数年くらいでしょうか。
「エルサルバドルの・・・」と言っても「聞いたことあるな」と思う人も増えたことでしょう。
エルサルバドルのコーヒー。
とても素直で、余分なものがついていない シンプルなコーヒーです。
きれいな、国、なのかな。
コーヒーにとって、どんな国なのかな。


    エルサルバドル地図



あまり知られていませんが、実はこの国にとって コーヒーは大きな大きな存在のものです。
19世紀の歴代大統領は、ほぼ全員がコーヒー農園主だったらしいですよ.。
1950~1970年頃は、グァテマラ・ホンジュラス、そしてこの国 エルサルバドルが、
中米のリーダー3か国として有名だったのだそうです。
かなりのコーヒー大国だったんですね。

それなのに、
1980年からの内戦で、コーヒーにとって重要な過程である『コーヒーを精製する精製場』がめちゃくちゃに破壊
しかも、1981年には、コーヒーの輸出が国有化されてしまって、
伝統のブランドが喪失してしまったのです。

その上、この最近では 2012年にコーヒーの木の病気、”サビ病”で大被害を受け、
コーヒーの木の多くがダメになってしまいました。

・・・そんなこんなの悪いこと重ねで、
かつての有名国は名をひそめてしまったわけです。

お金と余裕のない小規模農園は、サビ病耐性がある品種に植え替えをすることがなかなかできません。
エルサルバドルのコーヒー生産者は、約77%が3,5ha以下の小規模農園です。
(栽培面積が70ha以上の大規模農園は、約2%弱にすぎません。)
小規模農園ではコーヒーを精製する機械を持っていないので、いろいろな所が持ち込む『コーヒーの精製場』へ持ち込むしか
方法がありません。
持ち込んだ時点でもう、その農園は農園単位で売ることができず
共同組合などに売り渡してしまうことになります。
そうすると完全にトレーサビリティが失われてしまいます
どんなに一生懸命、どんなに最大のお金をかけて栽培に励んでも、
コーヒー精製場は内戦以前のコーヒー全盛期に作られた大規模な精製場なので、
ちょぼちょぼ精製するのでは稼働率が低く、
稼働率を高めるために 質よりも量を求めるのです。
そうすると、どんなにいいものを作っても 無価値になってしまうのです。
「いいものを作ろう!」という気にもなれません。
最悪の悪循環。


                 
             

ところで、

ひと言でエルサルバドルと言っても、やはりコーヒー栽培は地域によって差があります。
主に、3地域。

エルサルバドルのコーヒー栽培地域


    Apaneca-Ilamatepec…西部。大きい。
    Alotepec-Metapan…東北部。ポチリポチリポチリと。
    Cacahuatique…東部。ポツっと。

この中で、一番生産量が多いのはApaneca-Ilamatepecです。
国内コーヒー生産量の約半分を、この地域で栽培しています。
大規模農園が多いようです。

よく知られているのは、サンタアナ、アウアチャパンなどでしょうか。
有名な”サンタテレッサ農園”も、この地域にあります。

Alotepec-Metapanは、コーヒー生産地としては比較的新しい地域です。
しかし、・・・小規模農園がほとんどなのです。
小規模農園の苦しみ。大変さ。は、上記に述べた通り。
そして、もうひとつ。
生産者が、商売能力を持っていないこと!
大規模の生産者は大学教育まで受けていて英語能力があり、しかも渡航する資金を持っています
ですから、消費国と接触し、マーケティングや宣伝ができるのです。
しかし小規模農園の生産者たちの中でそんな人は10人にも満たない。

みんなお金も学力もないのです、
宣伝ができないのです、
見つけてくれるのを、…口コミで広がるのをじっと待つことしかできないのです。

小規模農園に残された道は、何とかして
国際的なコーヒー品評会 COE(Cup of Excellent) に参加し、入賞すること
なのです。

でも、Alotepec-Metapan、頑張っています。
近年注目のエルサルバドルの豆は、この地域にある”チャラテナンゴ”。
2017年のエルサルバドルでのCOE入賞は、ほぼこの地域から生まれています!

Cacahuatiqueは、気の毒に 経済発展が最も遅れている地域です。
内戦の被害が大きかった地域で、国の支援も届きにくいのだそう。
この地域からのコーヒーの輸出は、ほとんどありません。


   ・・・こんなにも差があるのですね。
   こんなコーヒー事情を知って、すごく複雑な気持ちです。


本当は、消費国の珈琲店それぞれが きちんとコーヒー生産地へ行き、自分の目でコーヒーを選んで購入すればいいのです。
有名どころだけでなく、
色々な事情を勉強してから、 
色々な生産者を訪ね、
「いい」と思ったものを適正価格で購入すれば、こんな差は出ないのです。
そうすれば、生産者だって、消費国の反応をみて 自信をつけたり改良を考えたり、成長していけるのです。

何でもそうです。
ミシュランで三つ星だ、とか、モンドセレクション金賞!とか、言われていたって、
そんなもの関係なく美味しいものなど、世の中にたくさんかくれているはず。
探し出せないだけ。
情報に流されているだけ。
人の嗜好はそれぞれなのです。
価値観は、一人ひとり違うのです。
いいと思ったものが、いいのです。
そうじゃないですか?

コーヒーの買い付けも、品評会に頼っているようではいけないように思うのです。
購入する側がきちんと品定めをする、
そうすれば消費者も生産者もおのずと正しい関係になっていくはず。
・・・コーヒーを消費する国の代表として、
私たち焙煎販売業者はもっと自覚しなければいけないなあ、と思ったのです。

                 

それから、

エルサルバドルのコーヒーの役割は、味だけではありません。
エルサルバドルのコーヒー栽培は、日陰栽培です。
この国の森林のうち、85%はコーヒーの森になっていて、
このおかげで 北米⇔南米間の渡り鳥の中継地。
それに、雨による土壌の浸食を防いでくれる。

つまり、エルサルバドルのコーヒー栽培は 生態系の持続可能性に貢献しているわけです。




こんな風に、コーヒー豆一粒一粒、コーヒー一杯には、いろいろな背景があります。
こんなこと、コーヒー豆屋になるまで 考えもしませんでした。
今、こうして知って考えてみて、前よりも一段と、
コーヒーをたまらなく愛おしく思います。



                                 





テーマ:コーヒー - ジャンル:グルメ

珈琲の周りの「?」や出来事 | 19:50:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad